【ハートビート】You want us to dance with you in a classical shindig?

クラシックとヒップホップの融合が既成概念を覆す!

Hello!!カモコです(^▽^)o

ハートビート】はタイで見た最後の映画となりました。映画館で予告を見た時から、テンポの良い音楽とダンスに魅かれましたが、映画を見て、ジョニーの演奏と、スイッチ・ステップスのダンスに釘付けになりました~

ルビーを演じたキーナン・カンパ、きれいな人ですね(*^▽^*) 彼女は、ロシアの名門バレエ団で活躍した、実力のあるバレエダンサー。ルビーの友人役の、ソノヤ・ミズノ(お父様が日本人で、イギリス育ち)も、バレエ・ダンサーだったそうで、女優/モデルとして注目されています。

ジョニーを演じた、ニコラス・ガリツィンは、マンガの中から現実の世界に出てきたかのような美男子。ふてくされた表情も、素直な笑顔も魅力的です!

それから、ヒップホップ・ダンスグループの、”スイッチ・ステップス”が、迫力のあるダンスを魅せます!ダンスを見るのが好きな私は、彼らに一番惹かれました(^O^)/

ストーリー

ルビーは、プロのクラシック・ダンサーになるため、奨学生として、マンハッタンの名門芸術学院に入学する。厳しい教授陣の授業についていけず、落ち込む時もあるが、ルームメイトのジャジーと意気投合し、二人で励ましあいながら、ダンスの練習に精を出す。

ジョニーは、ニューヨークの地下鉄構内で、バイオリンを演奏している。不法滞在中のジョニーは、パフォーマンスで稼いだ金で、グリーンカードを手に入れようとしていたが、詐欺のエージェントに有り金を全部だまし取られてしまう。

ある日、ヒップホップ・グループが地下鉄でダンスバトルを繰り広げる。ジョニーはダンスに合わせて、力強くバイオリンを演奏する。その演奏に聴き入っていたルビーは、ひったくりに狙われるが、ジョニーがルビーを助ける。しかし、その隙をついて、ジョニーのバイオリンが盗まれてしまう。

ジョニーは、持ち金もバイオリンも無くし、成績の上がらないルビーは、奨学生の資格をはく奪されそうになる。

状況を打破するため、ルビーは、「弦楽器&ダンス・コンクール」に出場することをジョニーに提案し、ジョニーと同じアパートで活動している、ヒップホップ・ダンスグループの”スイッチ・ステップス”に協力を求める。

スポンサーリンク


ストーリーは、少々ありきたりですが、テンポの良い展開、アップビートの音楽と、迫力あるダンスが映画を盛り上げます!

タキシードを着たジョニーとカイルの、バイオリン対決シーンは、タイタニックのレオとビリー・ゼインを思い出させましたよ。。

音楽とダンスが好きな人は必見です(*^▽^*)

原題:High Strung

監督:マイケル・ダミアン

キャスト:
 キーナン・カンパ
 ニコラス・ガリツィン
 ソノヤ・ミズノ
 他

ジャンル:ドラマ

上映時間:97分

スポンサーリンク

公開日:2017/02/19
更新日: