ポテトで異文化体験

異文化っておもしろい!!国が違えば食べものも違う!!アメリカとイギリスの違いをご紹介

カモコでーす(^▽^)o  

ブログサークルでお友達になっている、himawariさんの最新ブログを読んでいたら、ポテトの写真があったので、今回は「ポテト」をネタに”アメリカとイギリスの違い”について書いてみようと思いました(^o^)丿

 

スポンサーリンク

 

himawariさんの記事、

これぞ【アメリカのエンターテイメント!】と感じられるスポット紹介★

では、サンディエゴにあるピアノバーを、紹介されてます。

この記事に「フィッシュ&チップス」の写真が掲載されています♪

これ、イギリスの料理です。

 

フィッシュ&チップス

私がフィッシュ&チップスを初めて食べたのは、1997年に初めてニュージーランドへ行った時でした。

「FISH & CHIPS」と看板が掲げてあるお店で買えます。テイクアウト専門店です。
https://gyazo.com/9b9a4c778042b7d6b5abc2f452b20d32(写真は、DelsJourney.comよりお借りしました)

看板は「フィッシュ&チップス」ですが、”揚げ物専門店”という感じで、各種魚フライ、カキフライ、春巻きやハンバーガー(揚げ物じゃないけど、必ずハンバーガーがある)がオーダーできます。

フィッシュ&チップスは、その名の通り、白身魚のフライにポテトが添えられているだけの、シンプルなファストフードです。

himawariさんの紹介されているような、お洒落なバーやレストランで出されるものとは、ぜんぜん違います・・・魚は油ギドギド。そして、そんなに食えるか!というくらいの大量のポテト。油が滴り落ちるくらいなので、二重、三重の油紙に包んで出されます。うろ覚えですが、当時(1997年)400円もしなかったと思います。

https://gyazo.com/58e2c4a6861aee366be1722fc0b5e364(写真はPrice of fish and chips may rise as Iceland fishing strike hits UK supplyよりお借りしました)

現地の人でも、まずい、体に良くないジャンクフードと言ってました・・・(好きな人もたくさんいましたが)

でも、とにかく安いんですよ。お金のない時には、このジャンクフードで生き延びてました(;・∀・)

日本でも「フィッシュ&チップス」をメニューにしてるお店はありますから、食べたことがある人はいるでしょうけれど、イモが”チップス”と呼ばれていることに疑問を持った人は少ないでしょう。

スポンサーリンク

 

イギリス英語とアメリカ英語

ニュージーランドは、イギリス連邦王国のひとつなので、生活習慣や文化は、基本イギリスです。もちろん、英語もブリティッシュ・イングリッシュがベースです。

さて、ここからややこしい話です。

これ↓はなんですか?

 

 

 

日本人なら「ポテト」と答えるでしょう。

これは、アメリカでは「フレンチ・フライズ(French Fries)」

そして、イギリスでは「チップス(Chips)」です。

なぜアメリカで”フランス風フライ”と呼ばれるか、詳細は以下のサイトをご参照ください。

フレンチと呼ばれるからにはフランスと何か関係があるのでしょうか?これには色々な説がありますが、一つの通説としては第一次世界大戦中にフランス語圏のベルギー人がフレンチポテトを作っているのを見たアメリカ人兵が彼をフランス料理と勘違いしてFrench Friesと名付けたのではないかと言われています。

参考:フレンチフライポテトは本当にフランス生まれ?(前編)

では、これ↓は何ですか?

 

 

 

 

 

日本では「ポテトチップ

アメリカでは「チップス(Chips)」

イギリスでは「クリスプス(Crisps)」です。

例えば、アメリカ人がイギリス人に「お昼に何食べたい?」と聞いて、イギリス人が「チップス食べたいなー」と言ったら、アメリカ人はポテチを買ってくるのです。イギリス人は、フライドポテトが食べたかったのですが(^-^;

ちょっと脱線しますが、「スニーカー(sneakers)」は、イギリス英語では「トレーナー(trainers)」です。(映画好きなら「アボウト・ア・ボーイ」をチェック!)

イギリス英語の「ラグビー」は、アメリカでは「フットボール」と呼ばれ、「フットボール」は、イギリスでは「サッカー」の意味です。

・・・だんだん混乱してきましたね?(・∀・)フフフ。

※「ラグビーとアメフトはぜんっぜん違う!」とラグビーファンのNZ人が言ってました。実際違うみたいですが、カモコにはわかりません。

 

スポンサーリンク

 

フライドポテトの相方は?

そして、「フライドポテトに何をつけるか」にも、違いがあります。

ニュージーランド南島を旅していた時、旅の途中で色んな国の若者と出会いました。

ある時、宿(もちろんバックパッカー)でポテトの話になりました。

私が「French friesが食べたい」と言ったら、イギリス人Aさんが「ふっ、ここにはFrench friesなんて(アメリカの)ものはないわよ。Chipsならあるけど」と。

オランダ人のBくんが「アメリカ人って、チップスにケチャップつけるんだぜ!おぇっ!!」と大げさに言ってみせます。

イギリス人Aさんが、「日本では、チップスになにつけるの?」

私が「塩をふって食べる」というと、

オランダ人Bくんが「僕の国ではマヨネーズつける」と。

それを聞いたイギリス人Aさんが「マーヨーネーぇズーぅ!」と、これまた大げさに驚いてみせる(笑)

「じゃあイギリスでは?」

「まず酢をさっと降ってから塩。」とイギリス人。

「いろいろだねぇ。」と三人で笑うわたしたち。

これは、「パルプフィクション」の名シーンのひとつ、ビンセントとジュールスの会話にもあります!

“You know what they put on french fries in Holland, instead of ketchup?”

“What?”

“Mayonnaise.”

“Goddxxn.”
https://gyazo.com/5ec432c9f8909e33c99fa6ed76d73776
国が違えば文化も違う。常識だと思っていることが非常識に。

異文化体験は面白いです(^o^)丿

今回の記事にご協力いただいた、himawariさん、ありがとうございます!

himawariさんのブログ「アラフィフ私のまだまだ人生楽しみますブログ」もよろしく(^-^)

※アイキャッチ画像には、「HOW TO MAKE GENUINE ENGLISH BEER BATTERED FISH ‘N’ CHIPS」から写真をお借りしました。このサイトにはレシピもありますよ!イギリス料理を作ってみてはいかがでしょうか!

 

【オレンジ・モカ・フラペチーノ!】こちらの記事もどうぞ~

≪ニュージーランドの映画館≫
カモコです(^▽^)o  私は、ニュージーランドが大・大・大好きです(≧∇≦)1997~98年の1年間、ワーキングホリデーで滞在してから、すっかりニュージーランドの虜です...

天の川 ~テカポの想い出~
満点の星空。夜空に煌めく天の川。一度は自分の目で見てみたいと思いますよね。ニュージーランドのテカポ湖は、星空ウォッチングに最適です!!カモコです(^▽^)o私は、...

タイのおもしろいもの -食べ物編ー
カモコです(^▽^)o  みなさま、お仕事、家事、勉強、お疲れ様です!!今日は息抜きに、タイのおもしろいものをご紹介します。①あ りがとう下段の商品は、えびせんと似て...

タイの想い出 -コンビニー
最終更新日:2017年9月6日今回はタイでいつもお世話になった、コンビニをご紹介します(^O^)/カモコです(^▽^)oタイには、日本の「セブンイレブン」「ファミニマート」「...


 

ブログのランキングに参加してます。下のボタンを押していただけるとうれしいです(*^-^*)


海外ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村


海外映画ランキング

ブロトピ:ブログ更新しました!

ブロトピ:映画ブログ更新

公開日:2017/08/30
更新日: