【キング・オブ・エジプト】You are not fit to be king

カモコです(^▽^)o

さて、アカデミー賞の前日に発表される「ゴールデン・ラズベリー賞」ですが、略して「ラジー賞」とも言われています。
最低な映画・演技”に贈られる賞ですから、受賞者にとっては不名誉ですよね。

名作、名演の中に”残念賞”ができてしまうのも、人として仕方のないことですし・・受賞者も候補者も、笑ってやり過ごして、次の成功に繋げて欲しいと思います(^-^;

キング・オブ・エジプト】は、2017年のラジー賞の、「最低作品賞」「最低監督賞」「最低男優賞」と他2部門の合計5部門にノミネートされてしまいました(;´・ω・)

結果はどうなるでしょうか。。。(もちろん、受賞しないに越したことはないのですが)


ストーリー

生命の神であるオシリス王は、人々から尊敬され、古代エジプトの街を、統治・繁栄させていたが、己の待遇に不満を抱く弟・砂漠の神セトに、民の前で殺されてしまう。目の前で父を殺された天空の神・ホルスは、セトに戦いを挑むが、神の力を持つ両目をえぐられ、追放されてしまう。

セトは暴君となり、民を奴隷として扱い、自分のための贅を極めた神殿を築かせる。

盗賊のベックは、ホルスならエジプトを再び平和で豊かな国にしてくれると信じ、恋人のザヤに、セトの宝物殿の設計図を盗ませる。ベックは、宝物殿に侵入し、罠をくぐり抜け、ホルスの両目を奪還することに成功するが、ザヤが殺されてしまう。

ベックは、盲目となり追放された、ホルスを探しに旅立つ・・・

残念ながら、映画の評判は良くないですね。。Rotten Tomatoesのトマトメーターが、たったの16%。。
映画の評論家からもボロボロに言われています(>_<)
(参考:https://www.rottentomatoes.com/m/gods_of_egypt

戦闘シーンは迫力があり、各キャラクターが魅力的で、そんなに悪い印象はなかったけどなあ。。。

ホルス役の俳優さんはかっこいいし、出てくる女性はみんな美人だし、神様たちがキラキラで、見てて楽しかったけどなあ。。。

全体的に真面目な展開(?)のなか、チャドウィック・ボーズマンがボケ役でGood(^_^)ノ

ジェラルド・バトラーが、かなぶん(カナブンじゃなくて、スカラベですが)の乗り物に乗って、ぶ~んと飛んで行くシーンは、笑っちゃいました(^-^)

私は、歴史もの、ファンタジーものに疎いので、マズイところがそこまで気にならなかったのかも。

良ければ見てください。結構楽しめますよ(^-^)

シュックラン!
↑↑↑アラビア語の「ありがとう」(^-^)


原題:Gods of Egypt

監督:アレックス・プロヤス

キャスト:
 ニコライ・コスター=ワルドー
 ジェラルド・バトラー
 ジェフリー・ラッシュ
 チャドウィック・ボーズマン
 ブレントン・スウェイツ
 他

ジャンル:ファンタジー、アクション

上映時間:127分

公開日:2017/02/08
更新日: