『ケイト・ウィンスレット』Kate Winslet

カモコです(^▽^)o

今回は、『アバター』の新作に出演決定と今話題の、 ケイト・ウィンスレット について書きます。

 

スポンサーリンク

 

ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)
本名:Kate Elizabeth Winslet
出身:イングランド・バークシャー州レディング
誕生日:1975年10月5日

Happy birthday to Kate Winslet! The Oscar-winner will next star in #MountainBetweenUs out in theaters this weekend.

Hollywood Reporterさん(@hollywoodreporter)がシェアした投稿 –

今月5日が誕生日だったんですね。おめでとうございます(*^-^*)

現在のご主人(3人目)は、ネッド・ロックンロール。結婚後に「名字を”ロックンロール”に変える?」と聞かれたケイトは「No(笑)」。実は、ネッド・ロックンロールの元々の名前は”Able Smith”なのですが、正式(法的)に”Ned Rocknroll”に変更したんだそうです。ネッドはちょっと変わった人ですが、ヴァージン・グループの創業者の甥で大富豪!!

さて、私が個人的に選んだ、ケイト出演映画7本をご紹介します(^_^)

 

タイタニック

Titanic(1997)

ケイトの代表作と言えば、やっぱり『タイタニック

https://gyazo.com/7b0512236fc4d84a6a637a569344a1cc

私の年代は船に乗るとこれ↑をやりたがる(;^ω^)

『ポセイドン・アドベンチャー』みたいな映画かと思いきや、タイタニック号沈没を背景に、ジャックとローズの身分違いの恋が美しく・悲しく描かれ、世界中の女性たちが目を潤ませて劇場を後にしました。

『タイタニック』が公開された時、私はワーホリでニュージーランドにいました。NZでも大ヒットで、連日映画館は満席でした!

ジェームズ・キャメロンは、大型船沈没という大惨事とラブロマンスをうまく融合させましたね!悪役、ビリー・ゼインもいい演技でした!

 

いつか晴れた日に

Sense and Sensibility(1995)

舞台は19世紀のイギリス。父を亡くしたダッシュウッド姉妹は、住んでいた屋敷を追われ,母親と幼い妹と共に、小さなコテージに移り住んだ。姉エリノアの心には、純朴な青年エドワードへの慕情が秘められていた。一方、妹マリアンヌは歳の離れたブランドン大佐に思いを寄せられていたが、当の本人はウィロビーに夢中で・・・。

Amazonビデオ いつか晴れた日に

https://gyazo.com/4e740dc04bfea9ceb020a2149e7fa0d4

ジェーン・オースティンの『分別と多感』が原作です。

ケイトはダッシュウッド家の次女・マリアンヌ役。家族思いの優しい女の子ですが、恋に恋するあまり、うわべだけの男に惹かれてしまいます。

この映画、配役がすごいです!長女・エリノア(エマ・トンプソン)と恋に落ちる男性は、ヒュー・グラント!次女・マリアンヌ(ケイト・ウィンスレット)に一目ぼれするのが、アラン・リックマン

https://gyazo.com/192b154c8a19aae2bbf558ec6fa37e70
アラン・リックマンが、スネイプ先生みたいな顔して、不器用に恋する姿がかわいいです(^_^)

 

ハムレット

Hamlet(1996)

デンマーク国王が急死し、国王の弟クローディアスが即位する。しかしある晩、王子ハムレットの前に国王の亡霊が現われ、すべてはクローディアスの陰謀だと告げる。復讐を誓ったハムレットは愛するオフィーリアにさえ心を閉ざしてしまう。

Amazonビデオ ハムレット

https://gyazo.com/bcd86c1a9a25b59b4b2de60d624caf77

『ダンケルク』のケネス・ブラナーが監督・主演した『ハムレット』は、4時間を超える超大作!!

ケイトは、ヒロインのオフィーリア役です。

キャスティングが豪華で、 ジュディ・デンチ、ジュリー・クリスティ、ジェラール・ドパルデュー、ロビン・ウィリアムス、ビリー・クリスタル、その上、リチャード・アッテンボロー、ジャック・レモンにチャールトン・ヘストン まで出てます!!

この映画も、ニュージーランドで見たんです。242分もあるんで、映画の中盤でインターバル(トイレ休憩)が入りました!

休憩中、隣の席に座ってた、ニュージーランド人のおじいちゃんが「(英語で見てて)何て言ってるか、わかる?」と話しかけてきました(笑)

「中世の言葉がたくさん出てくるから何て言ってるかわからないよ」と、おじいちゃん。確かに、英語は難しすぎたんですが、私は10代の頃からシェイクスピアの大ファン。

シェイクスピア作品の中でも大好きなのが「ハムレット」。何て言ってるかわかんなくても、ストーリーは完璧頭に入ってますよ(´0ノ`*)オーホッホッホ!!

「ハムレット」は、あらゆるドラマ(特に昼ドラ)の原点ですよ!面白いです!!

 

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

The Life of David Gale(2003)

雑誌記者ビッツィー(ケイト・ウインスレット)は、死刑囚デビッド・ゲイル(ケビン・スペイシー)に指名され、死刑執行直前の3日間、彼のインタビューを行うことになる。死刑制度反対派の大学教授だったデビッドは、レイプ事件で大学を追われた後、元同僚のコンスタンス(ローラ・リネイ)を殺害した罪で死刑を宣告されていた。面会所の金網越しに事件の経緯を聞いたビッツイーは、彼の無罪を確信するが・・・。

Amazonビデオ ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

https://gyazo.com/2d4726ef25cc228360a1d43e380169d9

ケビン・スペイシーローラ・リニーも出ていて、大好きな映画です(^_^)

https://gyazo.com/fec686ccbdbe09126898e8090776971c

ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)は、ジャーナリストとして必死に真実を追求しますが、事件は複雑で最後まで振り回されます。

二転三転するストーリーがハラハラさせます。最後は、いわゆる「 驚愕のラスト 」です。必見です!

スポンサーリンク

 

マウス・タウン ロディとリタの大冒険

Flushed Away(2006)

ロンドンの裕福な家族に飼われ優雅な生活を送るネズミのロディは、ある日トイレに落とされ、高級マンションの最上階から下水管に行き着いてしまう。そこには、これまでと違う全く新しい生活が待っていた。

Amazonビデオ マウス・タウン ロディとリタの大冒険
https://gyazo.com/f39884aedca4cf714f89946034dc735a

『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』で有名な、アードマンがドリームワークスと共同製作したCGアニメ。

ケイトはリタ役です。ロディ役はヒュー・ジャックマン

https://gyazo.com/59004328aebd7bf08af15edf57deb9d7

お金持ちのペットだったロディは、頼りない男の子ネズミ。勇敢で男勝りのリタに助けられながら危機を乗り越え、成長していきます。

アードマンお得意の、テンポの良いストーリー展開で、大人も楽しめるアニメです(^_^)

 

ホリデイ

The Holiday(2006)

ロサンゼルスで映画の予告編制作会社を経営するアマンダは恋人に浮気され、彼を家から追い出した。ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、元恋人に婚約発表をされて失意のどん底に。傷心の2人はインターネットの”ホーム・エクスチェンジ”というサイトに出会い、お互いの家を交換して相手の家具や車を自由に使えるという休暇を過ごすことにした。

Amazonビデオ ホリデイ

https://gyazo.com/18b39b472aea269aa2b3a6dc510d773e

ケイトもキャメロン・ディアスもとってもかわいい(^_^)

二人が家を交換した後の、アメリカ側のストーリーも、イギリス側のストーリーも、ほのぼのとしてていいですよね~

https://gyazo.com/2736bba500db6040cd78ea6aa520fab6
ジュード・ロウがいい男なのはいつものことですが、この映画ではジャック・ブラックが心優しい誠実なマイルズを演じています!この映画のジャックはホントに素敵です!

クリスマスシーズンに最適な映画です。

 

愛を読む人

The Reader(2008)

1958年のドイツ、15歳のマイケルは、21歳年上のハンナとベッドを共にし、彼女に頼まれて本を朗読してあげるようになるが、ある日突然、彼女は姿を消す。時は流れ、戦時中のある罪を問われて投獄されたハンナのために、マイケルは物語を朗読したテープを刑務所に送り続けるが……。

映画.com 愛を読む人

https://gyazo.com/edf6797d4d152f333800253c6158d405

大胆なベッドシーンが話題でしたが、ストーリーがとても良かったと思います。

ハンナのプライドと苦悩を渾身の演技で表現したケイトは、”アカデミー主演女優賞”、”ゴールデン・グローブ助演女優賞”、”英国アカデミー賞主演女優賞”、”全米映画俳優組合賞助演女優賞”を受賞するという快挙を成し遂げました。(他の映画賞でも主演・助演女優賞を受賞しています)

悲しく、重いストーリーですが、見ごたえのあるドラマです。

 

以上、私のおすすめ7本でした(^_^)

他にも、『アイリス』『エターナル・サンシャイン』『ネバーランド』『ダイバージェント』『トリプル9 裏切りのコード』などなど、ケイトはたくさんのヒット作に出演しています。

 

スポンサーリンク

 

アバター新作に出演!

 

最後に冒頭の話題に戻りますが、『アバター』新作への出演についての報道がありました。

デッドライン・ハリウッドの記事に、

“Kate and I have been looking for something to do together for 20 years, since our collaboration on Titanic, which was one of the most rewarding of my career,” Cameron said. “I can’t wait to see her bring the character of Ronal to life.”

Deadline Hollywood Kate Winslet Joins ‘Avatar’ Universe For ‘Titanic’ Reunion With James Cameron

「私のキャリアで最も有益だった作品の一つである”タイタニック”以降、20年間、ケイトと私は何かを共に行おうとずっと探し続けていた。ケイトが”ロナル”というキャラクターとして動くところが早く見たい。」と、ジェームズ・キャメロンが語ったとあります。

まだ”ロナル”という役名しか明らかになってないようです。ケイトも青い人になるのでしょうか?それとも新しいキャラクター??まだ謎ですね。

 

ケイトはこれからも名女優として活躍し続けるでしょう。年を取ったら、ジュディ・デンチのような存在になりそう。またレオと共演があるかもしれませね。

 

※一部画像はIMDbから引用させて頂きました

【オレンジ・モカ・フラペチーノ!】映画と海外情報のブログです

2017年公開予定のサスペンス映画6本!!
2017年後半にアメリカで公開/公開予定の、気になるサスペンス、スリラー映画をご紹介!!カモコです(^▽^)o海外の映画情報をチェックしていると、時折とっても気に...
【メッセージ】Non Zero Sum Game
未来への覚悟カモコです(^▽^)o  風邪を引いたせいで、ここ数日体調悪い・・・のですが、昨日【メッセージ】見に行きました!(風邪で体調悪いせいで、前の2つのブログ...
【サラの鍵】This was not the Germans, this was the French.
 カモコです(^▽^)oクリストファー・ノーランの『ダンケルク』に感動したという映画レビューが次々と続いていますね。もう一回見たくなってきました(^_^)1939年、ド...
【すばらしき映画音楽たち】The score is the heartbeat of t...
音楽なくして映画なし!映画ファン必見のドキュメンタリー!!カモコです(^▽^)o本編を見ずとも、テーマ曲が流れるだけで、わくわくする名作映画は数知れず。【すばらし...

ブログのランキングに参加してます。下のボタンを押していただけるとうれしいです(*^-^*)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ  

 

ブロトピ:映画ブログ更新

公開日:2017/10/07
更新日:
  • アバターって続編あるんですね!そこにビックリしました。笑
    ケイト・ウィンスレットの作品、タイタニックとホリデーしか見たことないです!
    ライフ・オブ・デビッド・ゲイルがすごくおもしろそうーー!

    • Kamoko

      『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』は、asamiさんの好きな、見終わった後に色々考えるタイプの映画ですよ~ぜひご覧ください!
      私、この映画、大好きです。ケビン・スペイシーの演技が素晴らしいです(≧▽≦)

  • いごっそう 六一二

    ケイト・ウィンスレット、アバターの続編に出るんですね~。イメージ的には人間役として出そうですね。愛を読むひとの演技は素晴らしかったですね~印象的で覚えています。

    • Kamoko

      アバター、たとえ主役になってもほぼCGで、アクターとしては複雑ですよね(^-^;
      愛を読む人は、色んな意味で衝撃的な作品でした。ケイトのインパクト強すぎて、相手役の男の子の印象がちょっと薄いです。。。