【マーシャル/法廷を変えた男】レイプで起訴された黒人運転手は無実なのか?!

雇い主の妻をレイプし、殺害しようとした罪で告訴された黒人運転手。露骨な人種差別が行われていた時代だったが、黒人弁護士のマーシャルは、被告の無実を信じ、差別主義者たちに果敢に挑戦する!アフリカ系黒人として初めて最高裁判所判事となった実在の人物・サーグッド・マーシャルを、チャドウィック・ボーズマンが演じています。おすすめの1本です!

カモコです(^▽^)o

アメリカ公開時から気になっていた『マーシャル/法廷を変えた男』をようやく見ることができました!

主演は今大人気のチャドウィック・ボーズマンです。

『マーシャル/法廷を変えた男』と、人種差別をテーマにした映画をご紹介します。

スポンサーリンク

『マーシャル/法廷を変えた男』基本情報

コネチカット州で黒人の運転手が白人の雇い主の妻をレイプしたという事件が発生。全米黒人地位向上協会の若手弁護士、マーシャルが被告の無実を証明するため、法廷で闘う!

基本情報

●原題:Marshall
●監督:レジナルド・ハドリン
●脚本:マイケル・コスコフ、ジェイコブ・コスコフ
●ジャンル:ドラマ、サスペンス
●上映時間:118分
●製作国:アメリカ
●アメリカ公開日:2017年10月13日
●日本公開日:劇場未公開

登場人物

◆サーグッド・マーシャル(チャドウィック・ボーズマン)

NAACPの優秀な若手弁護士。スペルの無実を確信する。

◆サム・フリードマン(ジョシュ・ギャッド)

本来は民事事件の弁護士だが、成り行きでマーシャルに協力する。

◆エレノア・ストルービング (ケイト・ハドソン)

スペルにレイプされたと主張する雇い主の妻。

◆ジョゼフ・スペル(スターリング・K・ブラウン)

ストルービング夫人へのレイプと殺害容疑で起訴されるが、マーシャルに無実を主張する。

◆ローリン・ウィリス(ダン・スティーヴンス)

ストルービング夫人の弁護士。差別主義者でマーシャルとフリードマンを馬鹿にする。

◆フォスター判事(ジェームズ・クロムウェル)

スペルの裁判を担当する判事。マーシャルの弁護を認めず、白人側に有利になるよう裁判を進める。

【広告】暑い陽ざしをシャット!!
静電気で貼り付く!遮光・遮熱・UVカット「今すぐ木陰」

【広告】人気アーティスト数NO.1!音楽聴き放題~
dヒッツ/初回31日間無料

序盤のストーリー

サーグッド・マーシャルは、NAACP(全米黒人地位向上協会)で活躍する気鋭の若手弁護士。

ある黒人男性を弁護するよう、NAACPの指示を受けたマーシャルは、コネチカット州ブリッジポートへ向かった。

事件は、運転手として雇われていた黒人男性・スペルが、白人の雇い主の妻・ストルービング夫人をレイプし、その後殺害しようとしたというものだった。

ブリッジポートにはNAACPの弁護士がいないため、白人の弁護士・フリードマンに、マーシャルのローカル・サポートとなるよう協力が求められた。

保険に関する民事事件しか取り扱わないフリードマンはすぐに断るが、弟のアーウィンが勝手に手続きを完了してしまっていた。

ブリッジポートに到着したマーシャルは、やむなく協力することになったフリードマンと共にスペルに面会に行く。

スペルの話を聞いたマーシャルは、スペルが無実であることを確信する。

初公判が開かれ、マーシャルはフリードマンと共に出廷するが、マーシャルの参加を快く思わないフォスター判事は、他州の弁護士が弁護することは認められないと発言。

結果、マーシャルの出廷は認めるが、直接の弁護は一切認められないと決定する。

刑事事件を担当したことがないフリードマンは焦るが、マーシャルが必ずバックアップすると約束し、フリードマンがスペルを弁護することになる。

…続きは本編でお楽しみください(^-^)

サーグッド・マーシャル

サーグッド・マーシャル(1908-1993)

劇中のセリフにもありますが、サーグッド・マーシャル氏は、メリーランド大学法科大学院に入学を希望しましたが、黒人ということで入学できませんでした。そこでハワード大学に入学し、法律の学位を取得しました。

1936年にボルチモアで法律事務所を開業し、その後「全米黒人地位向上協会(NAACP:National Association for the Advancement of Colored People)」での活動を始めます。

NAACPの首席弁護人として、32回の裁判のうち29回の勝訴を勝ち取りました。

1967年にジョンソン大統領が、マーシャル氏を最高裁判所判事に任命。マーシャル氏はアフリカ系黒人として初の最高裁判所判事となりました。

【広告】

【広告】旅の情報は「トリップアドバイザー」でチェック!
世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】

見どころと感想 ネタバレなし

『マーシャル/法廷を変えた男』は、人種差別をテーマにしていますが、映画は重苦しいものではありません。

チャドウィック・ボーズマン演じるマーシャルは、正義感溢れる若手弁護士。

どんな差別を受けようが、冷静に対処し、ひるみません。

おだやかで人のいいフリードマンは、動揺したり、おどおどしたり、むくれたり。

そんな対照的な二人が共に行動するので、笑いが生まれるんですよね。

マーシャルは始終ジョークと皮肉を飛ばし、暗い表情なんてみせないんです。

ただ、マーシャルたちが取り扱う事件は人種差別によるもので、マーシャルとフリードマンが法廷に到着した時点からあからさまな人種差別を受けます。

その人種差別は黒人に対するだけでなく、ユダヤ教徒であるフリードマンにも向けられます。

みえみえの人種差別発言を繰り返す判事と、原告側の”いかにも”な白人弁護士にムカつきますが、陪審員のリッチモンド夫人が出たところで、ついニヤリとしますね。

しかし、怖いのは法廷での差別ー人種差別という偏見から被告人を罪人だと決めつけるーだけではありません。

映画の冒頭で、スペルの事件後に黒人の使用人を解雇する人が続出したというニュースに怖ろしさを感じます。

ひとりの黒人が白人をレイプした”らしい”というだけで、全ての黒人がそうするであろうと思う人たちの、陰鬱な差別意識の方が、あからさまに暴力をふるう差別主義者よりも怖ろしいですね。

普通の人が持つ心の闇ですよ。そういうちょっとしたところに罪があるのに、知らん顔して暮らす人の方が怖ろしい。。

この映画は『デトロイト』のような衝撃的なストーリーではありません。

事件が驚愕のどんでん返しをするわけでもありません。

あの時代を生きた白人と黒人の間に起こった当時のよくある事件がストーリーの中心です。

しかし、衝撃的なドラマやミステリーではないだけに、当時の黒人たちがどれだけ苦しめられ、怖ろしい思いをしていたのかを実感する映画です。

そして、差別主義者に立ち向かう、勇気ある人々もまた、差別と不当な暴力を受けてしまうという悲しい側面も改めて実感します。

チャドは颯爽としていてカッコイイし、ギャッドは普通に思いやりのある人で好感が持てます。

そして、ジェームズ・クロムウェル…こういう嫌な役をやらせると、やっぱりうまい!!

ラストの方の彼の表情や態度に、さすが名優クロムウェルと、ちょっと感動しました(^-^)

『マーシャル/法廷を変えた男』おすすめです!

人種差別をテーマにした映画 必見の5本!

人種差別をテーマにした映画を見ると、気持ち悪くなったり、憤りを感じたり、心が痛くなったりしますよね…見た後落ち込んだり…だけど、私たちは人種差別について知る必要があります。映画はそのためのひとつの手段として使えます。

デトロイト

今年日本で公開された、キャスリン・ビグロー監督の衝撃的な映画。この映画については以前に記事を書いてますので、こちら↓をどうぞ。

キャスリン・ビグロー監督の『デトロイト』は、アメリカの暗黒の歴史「デトロイト暴動」と「アルジェ・モーテル事件」という実話をベースにした映画です。人種差別主義の警官が起こした陰惨な事件をウィル・ポールタ-が熱演。『デトロイト』をご紹介します。

それでも夜は明ける

キウェテル・イジョフォー主演。ルピタ・ニョンゴ、マイケル・ファースベンダー、ベネディクト・カンバーバッチなど多数の有名俳優が出演しています。黒人奴隷への情け容赦ない暴力に胸が苦しくなります…悪役だけど、ポール・ダノの演技が素晴らしい!

グローリー

南北戦争で差別されながらも勇敢に戦った黒人部隊と、部隊を率いる白人の大佐の物語。主演のマシュー・ブロデリックの演技も素晴らしいですが、脇を固めるデンゼル・ワシントン、モーガン・フリーマンの存在感がすごいです。この映画好きなんですよね。おすすめです(^-^)

ミシシッピー・バーニング

ミシシッピー・バーニング [AmazonDVDコレクション]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

ジーン・ハックマン、ウィレム・デフォー主演の問題作。ミシシッピ州のフィラデルフィアで3人の公民権活動家が失踪。FBI捜査官二人が捜査を開始するが、町の人種差別主義者たちに妨害される。人種差別の怖ろしさをじわじわと感じる1本です。

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~

ヘルプ~心がつなぐストーリー~ (字幕版)
テイト テイラー, ブロンソン グリーン, クリス コロンバス, マイケル バーナサン

全体的に明るめの映画ではありますが、横柄な白人にいいように使われた黒人女性たちの怒りと悲しみを知ることができる映画です。そして差別に立ち向かう女性たちの勇気と強さを知る映画です。嫌な女が出てきてムカムカしますが、”ミニーのパイ”でスッキリ(笑)!

他にも『アミスタッド』『マルコムX』『夜の大捜査線』『42~世界を変えた男~』などなど、人種差別をテーマにした良作がたくさんあります。

『マーシャル/法廷を変えた男』視聴方法は?

マーシャル 法廷を変えた男 (字幕版)
Jun Dong, Reginald Hudlin, Jonathan Sanger, Paula Wagner
Amazonプライムビデオで視聴できます

『マーシャル/法廷を変えた男』はレンタル開始されたばかりなのでまだ有料です。

この映画を動画配信サービスで見るには?
Amazonプライムビデオ:有料レンタル可
U-NEXT:有料レンタル、ポイント利用可
(2018年8月現在)

U-NEXTの情報に関して:本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

私は今回は「U-NEXT」でレンタルしました(^-^) 「U-NEXT」便利です~♪

スッピンでイケる!VODサービス♪♪

「U-NEXT」「NETFLIX」「Hulu」など、VODサービスを使えばいつでもどこでも見たい時に映画を見ることができますよ(^o^)

↓↓↓こちらで動画配信サービス(VOD)を簡単にわかりやすくご紹介しています↓↓↓

VOD比較!映画好きにはどれがおすすめ?!
【広告】スマホでマンガを読みたい人におすすめ!
国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

【広告】人気アーティスト数NO.1!音楽聴き放題~
dヒッツ/初回31日間無料

コメント

  1. 杏子 より:

    おもしろそうですね。実話なんですよね?TSUTAYAの宅配にありましたので
    いつか観たいです。
    必見の5本の中では「ミシシッピー・バーニング」しか観てませんが
    (おもしろかったですね~)、「それでも夜は明ける」を観てみたいです。
    カンバーバッチ出てるし。
    「遠い夜明け」も入れて欲しかったです(^-^)

    • kamoko より:

      この映画のストーリー自体が実話かどうか、ハッキリしませんでした…実話なのかな?ジャンルは「伝記」でした。
      マーシャルは実在の人物です。映画は類似事件の脚色じゃないかなと思ってます。
      「それでも夜は明ける」はおすすめです!
      調べてたら人種差別テーマは名作が多すぎて、本編を超えそうな量だったので、やむなくあの5本に絞りました(^^;)

  2. 凄い勢いで観てますね~しかも記事も書いて…
    寝てますか!?(;゚Д゚)

    黒人系差別映画多いですよね、【デトロイト】観ましたけど‥
    実話というのが凄いですよね、無罪って‥
    トランプが大統領で良いのかなあ‥ああいう昔に戻りそう

    • kamoko より:

      映画もドラマも一気に見てるんじゃなくて、ちょこちょこ見てますよ。
      寝てます。寝すぎてるくらいです(^^;)
      差別はなくならないし仕方がないと思うのですが、許せないのは「~至上主義」です。
      特に「白人至上主義」…ホント、バカな連中ですよ。
      今のトランプ政権は、だんだんナ〇スに近づいていってます…信じられない(=_=)

Scroll Up