驚愕の実話!【ヒトラーの忘れもの】数えきれない砂粒の中に希望はあるのか

デンマークとドイツが製作した『ヒトラーの忘れもの』。第2次世界大戦後に、デンマークの浜辺で地雷の撤去作業を強要されたドイツ人の少年たちを描く、実話をベースにした映画です。少年たちは爆死するかもしれないという恐怖と、かつて敵兵だった大人たちからの憎悪に対峙することになります。

Scroll Up