【手紙は覚えている】He knew exactly what he was doing.

ホロコーストで傷ついた、多くの人々。その悲しみは、永遠に続くのだろうか・・・

カモコです(^▽^)o

先日、レンタルで【手紙は覚えている】を見ました。

ストーリー

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程、もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡きあと誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、70年前に大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙と、かすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

引用:「手紙は覚えている」公式サイト

公式サイト:http://remember.asmik-ace.co.jp/
原題:Remember
監督:アトム・エゴヤン
キャスト:
 クリストファー・プラマー
 マーティン・ランドー
 ブルーノ・ガンツ
 ヘンリー・ツェニー
 ディーン・ノリス
 他
ジャンル:ドラマ
上映時間:95分
製作国:カナダ、ドイツ
カナダ公開日:2015年10月23日
日本公開日:2016年10月28日

スポンサーリンク

豪華なキャスト

クリストファー・プラマーに、マーティン・ランドーブルーノ・ガンツ出演。他にも、ヘンリー・ツェニーや、ディーン・ノリスが出ていて、俳優の演技を堪能できる映画でもあります。

クリストファー・プラマー(ゼヴ役)

ゼヴは、妻を亡くした高齢の老人。認知症で、一人で日常生活を送ることもままならない状態ですが、ナチスへの復讐のため、マックスの助けを借りて旅立ちます。自分の過去どころか、現在の状況もわからないゼヴの行動に、最後までハラハラさせられました。

ゼヴがピアノを弾く場面がありますが、クリストファー・プラマーご本人が弾いていらっしゃるそうです。静かに流れる美しいピアノの音色が、物語をいっそう悲しく演出します。ゼヴの悲しい気持ちをピアノで表現されたのかもしれません。

数々の映画に出演しているクリストファー・プラマー。代表作は、やはり、トラップ大佐。「サウンド・オブ・ミュージック」ですね!若い頃から魅力的です。

マーティン・ランドー(マックス役)

ゼヴに手紙を渡し、ナチスへの復讐を託します。旅先のゼヴと電話で連絡を取り合い、状況を確認し、「手紙に従うように」と指示を出します。

マックスは、高齢のせいでもありますが、最後まで感情を強くだすことなく、静かに語ります。それが、よけいに、ナチスへの強い怒り、苦しみと悲しみを表現しているように感じました。

ランドーは、ヒッチコック作品「北北西に進路を取れ」で主演を演じました。この映画、本当に面白いんですよね!「北北西~」見てない方、ぜひ!見てください!お勧めです!

〈訃報〉

このブログを書いている途中で、Yahoo USAをチェックしていたら、マーティン・ランドーの訃報が。なんという偶然。素晴らしい俳優さんでした。ご冥福をお祈りいたします。。。

●ブルーノ・ガンツ(ルディ・コランダー役)

ブルーノ・ガンツといえば、「ヒトラー ~最後の12日間~」で、ヒトラーを演じた方。俳優にとって、ヒトラーを演じることは、リスクがありますね。演技が上手ければ上手いほど、逆に批判を受けてしまう。

ルディ・コランダーについては、ネタバレになるので、スキップ。

スポンサーリンク

ホロコーストと人々の苦しみ

”ラスト5分の衝撃”と、煽り文句がついてますが、最後は”衝撃”というより、”深い深い、苦しみと悲しみ”を感じました。クライマックス、ゼヴと、その場面にいる人たちと、そして現場から離れたところにいるマックスの心情を思うと、本当に悲しかったです。

未見の方は、ぜひ見てください。とてもいい映画です。

以下、ネタバレです。

****************************************************************

スポンサーリンク
 

 

 

 

私は、ゼヴが旅立つ前、マックスと話している場面で、「ゼヴがルディ本人なんだな」とわかったので、結末は衝撃的ではなかったのですが、道中、ジョン・コランダーを殺害してしまうシーンには動揺しました。

銃を購入する時に、「銃を使ったことはない」と言いながら、ジョンを確実に殺しました。かなりヨボヨボしているうえ、初めて人を撃つのに、外すことなく、しかも2発撃ちこむところが、”銃を使い慣れている人”だと匂わせますね。

ラストは、ゼヴ(オットー)とルディ(ストーム)の家族に感情移入しました。

ゼヴはルディを撃たないわけにはいかなかったし、ゼブ自身も、自殺せずにはいられなかったでしょう。

しかし、残された家族が可哀そうです。

普通の父親(祖父)だと信じていた、その人が、ホロコーストでたくさんの人を殺害したナチスだったと知った家族。

事件の後、彼らの父(祖父)が、ナチスに所属していた戦犯の家族だと、世間に知られてしまうんですよね。

その後のことを思うと、胸が苦しくなりました。

映画全体が静かに進むだけに、ナチスの罪の重さと、犠牲者の家族の苦しみを感じました。

【オレンジ・モカ・フラペチーノ!】

【キング・アーサー 聖剣無双】Born To Be KING
ガイ・リッチーが魅せる!新しい聖剣伝説!カモコです(^▽^)oStreet(スラム)からThrone(王座)へ、アーサーが辿る運命を、ガイ・リッチーがスタイリッシュに映画化!...
.
【ダンケルク】We shall never surrender.
コードネーム:ダイナモ。ただちにダンケルクより40万の兵を救助せよ!クリストファー・ノーラン最新作は、史実に基づく「ダンケルクの戦い」カモコです(^▽^)o第二次...
.
【ショーシャンクの空に】Get busy living or get busy dying
スティーブン・キング原作Xフランク・ダラボン監督の、珠玉の名作【ショーシャンクの空に】アンディの忍耐と、レッドの友情が心に染みるカモコです(^▽^)o「ミスト」に...
.
【ラ・ラ・ランド】Jazz is about the future
エマ・ストーンとライアン・ゴズリング共演。ロサンゼルスを舞台に、夢を追いかけるミアとセブ、二人の恋と友情の物語。カモコです(*^^)v【ラ・ラ・ランド】アカデミー...

 

ブログのランキングに参加してます。下のボタンを押していただけるとうれしいです(*^-^*)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村


海外映画ランキング

公開日:2017/07/17
更新日: