【沈黙ーサイレンスー】外海を訪ねて、もう一度見てみました

人間がこんなに哀しいのに主よ海があまりに碧いのです -「沈黙の碑」よりー

 

カモコです(^▽^)o

先日、外海(そとめ)に行きました。

外海町は、長崎市内から車で約60分北上した、海に面した小さな町です。

 

外海は『 沈黙ーサイレンスー 』の、トモギ村のモデルとなった場所なんです。

 禁教期に外海地区の多くのキリスト教信徒たちは潜伏して信仰を守り続けた。『沈黙』に登場するかくれキリシタンの集落《トモギ村》は外海をモデルに創作された。原作者の遠藤周作はこの地を取材で訪れ、小説を書きあげた。映画の制作準備のためにスコセッシ監督も訪れた。

引用:ながさき旅ネット 沈黙ーサイレンスー 原作ゆかりの地長崎

 

沈黙ーサイレンスー

 

[公式サイト] http://chinmoku.jp/
[原題] Silence
[監督] マーティン・スコセッシ
[キャスト]
 アンドリュー・ガーフィールド
 アダム・ドライヴァー
 リーアム・ニーソン
 窪塚洋介
 イッセー尾形
 浅野忠信
 塚本晋也
 他
[ジャンル] ドラマ
[上映時間]  159分
[製作国] アメリカ
[アメリカ公開日]  2016年12月23日
[日本公開日]  2017年1月21日

スポンサーリンク

 

沈黙ーサイレンスー』の情報と感想については、ずっと前に記事にしたのですが、その頃まだブログに慣れておらず・・・ホント拙いですが、よかったら以前の記事もどうぞ。

【沈黙ーサイレンスー】Your glory is their suffering
あなたは、神を信じますか?カモコです(^▽^)o 昨年アメリカで、熱心なキリスト教徒である友人宅に滞在させてもらい、ある日、遠藤周作の「沈黙」の話になりました。話を...
【沈黙】鑑賞後の感想
長崎の潜伏キリシタンたちに課せられた、身の毛もよだつ拷問。どんなに酷い目にあおうとも、キリスト教の教えを守り貫いた人々がいたカモコです(^▽^)o【沈黙ーサイレン...

 

遠藤周作文学館

 

外海を訪れたのは初めてではなく、これまで何度も行きましたが、今回は改めて『沈黙』の舞台としての外海を見たいと思いました。そして 遠藤周作文学館 を見学するために行きました。

遠藤周作は「沈黙」の原作者です。

ここ↓が遠藤周作文学館です。あいにくの曇り空でした。きれいな海の写真が撮れなくて残念!

正面から右側はカフェで、左側が文学館です。

建物からまっすぐ、ずっと海の向こう側に五島があります。

まだ五島に行ったことないんですよね・・・海とビーチがとてもきれいだそうです。いつか行ってみたい(^_^)

空も海も真っ白ですね・・・

こちら↓は2009年に行った時の写真です。快晴でしたが、海の向こうは霞んでました。

文学館のすぐ上に、休憩所を兼ねた物産館があって、観光客はもちろん、バイカーも多いです。外海方面の海岸は、天候が良ければ絶好のツーリングコースです(^_^)

今回、初めて文学館に入りました。館内には、遠藤周作の生涯がパネル展示され、フランスに留学された時の写真や、「沈黙」の生原稿など貴重な資料がたくさんありました。

映画『沈黙ーサイレンスー』が掲載された雑誌、スコセッシ監督のインタビュー記事など映画関連の資料も展示されてました。

※撮影禁止だったので写真なしです。

展示物の中に、「自分がキチジローの立場だったら、きっとちぢみあがって踏み絵を踏んだだろう」というような、遠藤周作先生のお言葉がありました。

キチジローは本当に小ズルいやつだけど、目の前で家族が生きたまま焼かれるなんて悲惨な目にあったら怯えて当然だと思います。

https://gyazo.com/68e0a4b4107186afa255a512e4a84339

「沈黙」は、迫害するもの(幕府)と迫害されるもの(キリスト教信者)のストーリーに加え、キチジローと、キチジローに対するロドリゴの揺れる心情が生々しく描かれたことで、人を人らしく描き、かつ、”信仰とは何か”という強い問いかけを、読む者/見る者に感じさせるのでしょう。

 

キリスト教徒への拷問

 

https://gyazo.com/01b44fcae067002c754f2b21671b81dd
外海を訪ねた日の夜に、改めて『沈黙ーサイレンスー』を見ました。

家族も一緒に見ました。そして、私と同じことを言いました。

キリスト教徒への拷問は、もっともっと凄惨だったと思う・・・

前の記事にも書いたのですが、県内にキリスト教弾圧の資料館がいくつかあって、子供の頃に行ったことがあります。そこには拷問の様子が生々しく描かれた絵や展示物がありました・・・同じ人間に、よくそんな残酷なことができたもんだと、子供ながらに思いました。小さい頃のトラウマです(>_<)

映画の中の拷問シーンでも十分残酷ですが、もっともっと凄惨な拷問の資料を見たことがあった私たちには、映画の拷問シーンはまだまだ、みたいな感覚があります。

私は宗教は何も信仰していなくて、神や仏を熱心に信仰する人たちの気持ちはわかりませんが、たくさんのキリスト教信者が長崎で迫害され、凄惨な拷問の末に亡くなったことを悲しく思います。

スポンサーリンク

 

ながさきサンセットロード

 

外海で” 夕日と教会の見どころ ”の案内板を見つけました。

日本の西にあり、東シナ海に面する長崎県には、夕日の見どころがいっぱいです!そして教会もたくさん。古い教会はとても雰囲気いいんです。クリスチャンでなくても、厳かな気持ちになります。そして、教会の美しいステンドグラスも楽しめます。

長崎で生まれ育ったので、地元にたくさん教会があってもそれが普通だと思ってました。きっと他県と比べるとかなり多いんでしょうね。

そして、ガルペ神父(アダム・ドライヴァー)が移動した平戸にも、隠れキリシタンの歴史資料がたくさんです。小さいですが、平戸城もあります。魚もおいしい!!

長崎市内には、鎖国時代に日本で唯一開港していた”出島”に関する資料館、中華街もあって、おもしろかです(*^▽^*)

 

あ、もうひとつ、映画を見た家族の感想が・・・

長崎弁、他県の人はわからすっちゃろか・・・

わからしたっちゃろか・・・??わかったと??

 

カモコのぼやき・・・

スコセッシ・・・どうして長崎で撮影じゃなかったんだよ・・・オール台湾ロケなんて・・・

https://gyazo.com/06ee91c46b3918213b766f24636621c3

地元でマーティン・スコセッシの映画撮影があってたら、一生で一番すごいことだったのに!! リーアム・ニーソン雲仙来てたら、温泉卵くらいごちそうしたのに・・・トモギ村エキストラに応募して、隙をついてガーフィールドに「パードレ♡」とすがりついたのに(≧▽≦) そして黒沢あすかさんに「あんたァ、何やってんの!」とビンタされてもよかったのに♡(妄想が違う映画に)

 

※一部写真はIMDbから、アイキャッチ画像(沈黙の碑)はながさき旅ネットから引用させて頂きました

【オレンジ・モカ・フラペチーノ!】映画と海外情報のブログです

【マンチェスター・バイ・ザ・シー】Relocate to where? here?
悲しみと苦しみを背負って生きる。カモコです(^▽^)o今年のアカデミー賞の主演男優賞と脚本賞を受賞した名作、【マンチェスター・バイ・ザ・シー】が、いよいよ5月13...
【メッセージ】Non Zero Sum Game
未来への覚悟カモコです(^▽^)o  風邪を引いたせいで、ここ数日体調悪い・・・のですが、昨日【メッセージ】見に行きました!(風邪で体調悪いせいで、前の2つのブログ...
【キング・アーサー】Behold, your born king!
下町の勇者VS権力に憑りつかれた暴君。真の王を待つ聖剣にまつわる父と子の絆。ガイ・リッチー監督、21世紀版キング・アーサー。カモコです(^▽^)o昨日、T・ジョイ博...
【ダンケルク】We shall never surrender.
コードネーム:ダイナモ。ただちにダンケルクより40万の兵を救助せよ!クリストファー・ノーラン最新作は、史実に基づく「ダンケルクの戦い」カモコです(^▽^)o第二次...

ブログのランキングに参加してます。下のボタンを押していただけるとうれしいです(*^-^*)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村


海外映画ランキング

ブロトピ:映画ブログ更新

公開日:
  • いごっそう 六一二

    長崎で撮影して無かったのは、ヽ(・ω・)/ズコーってなっちゃうところですよね(笑)
    キチジロー・・逆かと思うくらいに逃げてましたが、死の恐怖が恐ろしかったんでしょうね~。仕方ないと言えば仕方ないっすね~。

    • Kamoko

      殉教するのがベストだそうですから、殉教するどころか、仲間を裏切り続けるキチジローは、キリスト教徒としてはサイアクですね。でも、ひどい拷問を受けたくない、死にたくない、と逃げるのも、人としては普通ですよね・・・
      「沈黙」映画化で、地元がもっと盛り上がるかと思ってたんですが、盛り上がりに欠けました。少しでもこちらで撮影があってれば・・・