ルーク・スカイウォーカーがかっこいい!!【スターウォーズ/最後のジェダイ】ネタバレあり

A long time ago in a galaxy far far away….

カモコです(^▽^)o

スターウォーズ/最後のジェダイ』見ました!

今回は「最後のジェダイ」だけでなく、「スターウォーズ」全般についての、個人的な感想と思い出を綴ります。

※このブログには、『最後のジェダイ』のネタバレが含まれています※

『最後のジェダイ』について、賛否両論あるようですね。

熱狂的なSWファンは細部にこだわりがあるんでしょう。

私のように特別な思い入れなく気楽に見れば、最初から最後までハラハラ・ドキドキで楽しめます(^-^)

こだわりがある人たちの気持ちはわからなくもないです。

”あの”スターウォーズの続編ですからね。。。

スポンサーリンク

遠い昔、遥か彼方の地球上で

『スターウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開されたのは、1977年。(日本での公開は翌年、1978年)

私は小学生(高学年)でした(^-^;)

約40年前・・・ほんとに、「A long time ago in a galaxy far far away….」ですよ。

白いスーツに身を包んだブロンドの爽やかな青年が、銀河を救うため、プリンセスを救うために戦う姿に、世界中の乙女が夢中になりました。

・・・マークも私も年を取りました・・・(笑)

でも、今回のルークが最高!カッコいい!と、女性から評判がいいようです。

フォースが”フォース”でなかった頃

10代の頃に、旧3部作(エピソード4~6)を、何度も何度もテレビで見ました。

当時は、今のように映画レンタルなどなく(家庭にビデオプレーヤーがなかった)、もちろんインターネットもBS放送もなく、映画を見るには、映画館に行くか、テレビの”〇〇ロードショー”を見るしかありませんでした。

「スターウォーズ」は人気があったので、テレビで何度も放送されました。

吹き替えのみ(その頃はまだ音声多重放送がなかったと思う)だったのですが、「フォース」ではなく「理力(りりょく)」と訳されてました。

例えば「フォースには暗黒面もある。」というセリフの場合、「理力には暗黒面もある。」と言われてました。

40年程前ですからね。まだカタカナ英語での表現はわかりにくかったんでしょうね。

いつから「フォース」になったのかな?

フォースの覚醒

前作『フォースの覚醒』は、バンコクで見ました。

ポスターの「STAR」と「WARS」の間の白文字が、タイ語の「The Force Awakens」だと思います。

日本語字幕なしでSF映画を見るのはなかなか難しい(専門用語がわからない)のですが、『フォースの覚醒』は字幕なしでもわかりやすく、結構楽しめました。

私は、新3部作(エピソード1~3)の登場人物たちに魅力を感じなかったので、映画の印象が薄く、面白いとは思いませんでした。

ですので、『フォースの覚醒』を見に行った時は、「途中で寝るかもしれない」と思いました(^-^;)

ところが、なかなか楽しめました。登場人物がとても魅力的だったからです。

特に、レイとフィンに惹かれました(^o^)丿

二人とも”精一杯生きてる”っていう感じでいいですね!

こちら↓の動画は、登場人物たちのアクション・シーンの練習風景です。


Training Montage – Star Wars: The Last Jedi on Disney Video

みんなカッコいいですねぇ・・・デイジー・リドリーは、ライトセーバーのアクションを短期間で習得したとか。ほんとにフォースに目覚めたのかもしれませんね!?

スポンサーリンク

BB-8かわいい♡♡♡

A post shared by Star Wars (@starwars) on

エピソード7&8の登場人物の中で一番のお気に入りは、BB-8!!

日本語字幕には出ませんが、BB-8がお話(報告)してる時に、コンピュータ音の間に小さい声で「ビービーエイト」って言いますよね(*^▽^*)

「それでね、ビービーエイトはねっ・・・」と話してるように聞こえます。

それがむちゃくちゃカワイイです♡

ラストの、ご主人様(ポー・ダメロン)との再会シーン、ちょっと涙が出ました(T_T)

こちら↓は、ホルド中将を演じた、ローラ・ダーンとBB-8のワールドプレミアでの様子。

BB-8、何て言ってるんでしょうねぇ(*^▽^*)

ワールドプレミアでは、レッドカーペットの上をくるくると動いて、レポーターたちにも大人気でした。

大御所登場にはびっくりした!

A post shared by Star Wars (@starwars) on

往年のスターウォーズ・ファン(ファンでもないですが)としては、オープニングが同じなのはうれしいです(*^▽^*)

スクリーンいっぱいの「STAR WARS」。ジョン・ウィリアムズのテーマ曲が流れて、ストーリーの字幕が上へ流れていく。そして、宇宙空間が映し出されて、カメラが下へ・・・やっぱりじーんとします。

R2-D2がルークに、レイア姫の映像を見せた場面にも、じーんときました。

スターウォーズといえば!のナンバーワン、ベーダー卿が登場しないのは寂しいですが(死んじゃったから仕方ないですが)、上の写真のように、下っ端のみなさんが広間にずらっと並んでるシーンを見ると、古き良きSWを思い出します(T_T)

そして、ヨーダ出現!!

予備知識なしで見に行ったので、びっくりしましたよ(*º ロ º *)!

ヨーダ先生、「The greatest teacher, failure is.」とルークを諭してました。

失敗から学べ、というお言葉に私も励まされました。

「ルークも年を取ったなあ・・・」と見てましたが、ヨーダが出てきたら、「ルークもまだまだ若造だな」と思えました(笑)

カメオにあの人も!!

『ベイビー・ドライバー』の監督、エドガー・ライトがカメオで出演してます!

上のインスタの、真ん中の人です。

出演してると知らずに見に行ったので探しませんでしたが・・・レンタル出たら、探してみよう~

コメント

  1. いごっそう 六一二 より:

    ヨーダの登場には僕もビックリしましたね~。
    テンションめっちゃ上がりました。
    ルークがけっこうオッサンになってたのに高評価が意外でした。
    でも、確かにカッコいいかも?

    • kamoko より:

      フォースの覚醒と最後のジェダイは、キャラクターがいいので、面白いです(^_^)
      カイロ・レンは、前作ではイマイチだったんですが、今回は結構好きでした。
      ルークが彼を殺そうとしたのは、やっぱり、パパの件のトラウマからでしょうねぇ。。

Scroll Up