生きのびるやつ Survivor Type

最終更新日:2017年10月14日

カモコです(^▽^)o

最近、次々に サバイバル映画 が公開されていますね。

ダニエル・ラドクリフ&ポール・ダノの『スイス・アーミー・マン』とか、

https://gyazo.com/11fdcd622d646b1c80cd91357e5f38e0日本にはまだ来てませんが、もう一つラドクリフ主演の『Jungle』(今月20日にアメリカ公開)とか、

https://gyazo.com/9f0266b99e7cf11a15e4d24cac58d353

今月6日にアメリカで公開された、ケイト・ウィンスレットとイドリス・エルバの『The Mountain Between Us』とか。

https://gyazo.com/6d701fd186488dea758d68d4e267f934

スポンサーリンク

 

他に、サバイバル映画といえば、

トム・ハンクスの『キャスト・アウェイ

イーサン・ホーク主演の『生きてこそ

https://gyazo.com/5141f20afa8010fcc37764665003293eジェームズ・フランコの『127時間』

レヴェナント:蘇りし者』や『エベレスト』など、まだまだありますが、”サバイバル”と聞いて、いつもまず心に浮かぶのが、

スティーヴン・キングの「生きのびるやつ

 

今回は映画じゃなく、小説の話ですが、お付き合いください(^_^)

 

スポンサーリンク

 

生きのびるやつ

 

生きのびるやつ」は、スティーヴン・キングの「ミルクマン」という短編集に収められています。

船が難破し、リチャードという外科医だけが無人島に流れ着きます。

島は岩だらけで、生き物の姿はなく、食べられそうな植物も生えていません。

リチャードが乗っていた救命ボートにあったのは、4ガロンの水、裁縫セット、救急セット、ナイフ、日誌とペン。

そして、ヘロインが2キロ。

 

リチャードは悪徳外科医で、ヘロインを密輸しようとしていたんです。

『キャスト・アウェイ』よりも過酷な環境で、『生きてこそ』のように仲間はおらず、無人島版『127時間』状態です。その上、主役は悪人。

「生きのびるやつ」は、外科医リチャードの、生への執着の物語。

 

それが、映画化されてた!びっくり!

原題の「Survivor Type」で検索してみたら、映画が見つかりました!

Billy Hanson監督で、リチャード役はGideon Emery。

https://gyazo.com/1b4165f8f5db84220af1e8c507251c46

こちらがトレーラー。

タイトルは、原作と同じ「Survivor Type」。アメリカのみで公開されたショートフィルムです。
IMDb: Survivor Type

以下、ネタバレします。結末も書いてますので、原作読みたい方は、ここでストップ。

スポンサーリンク

 

 

この、「生きのびるやつ」は、すごい話なんです。一度読んだら忘れられません。スティーヴン・キングの秀逸な短編です。

ストーリーは単純で、どこにでもある無人島でのサバイバル・ストーリーです。

ーが。

リチャードの生に対する執着が恐ろしい。

 

リチャードは、島に飛んでくるカモメを捕まえて食べようとしますが、捕獲に失敗し、左足首を骨折してしまいます。

ひどい怪我で、放っておけば壊疽してしまう・・・

そこでリチャードはくるぶしから下を切断することを決意します。

外科医だし、密輸しようとしたヘロインはあるしで、なんとか手術は成功します。(ヘロインの吸引で痛みを紛らわせた)

 

切断した足・・・肉・・・今、食べられるものは、それしかない。

リチャードは意を決して、自分の足を食べます

そして生きのびます。

 

数日経ちますが、助けは来ません。相変わらず食料はゼロ。

 

腹が減る。

 

左足はなくなったけど、右足はある。

そこにがある。

 

また切断。食べる。生きのびる。

 

空腹。

次に切り落とせそうなところは?膝から下か。

右足(膝下)

 

空腹。

次は?

左足(膝下)

 

空腹。

次は?

右足(太もも)

 

そして、左足(太もも)

 

リチャードは、自分の体が食料に見えるようになってしまったんです。

 

ラストがすごく印象的です。

左手が右手を洗っている  

右手がしていることを左手に知られぬように  

ジャガイモが一つ,二つ,三つ,四つ  

ドアにも収納できる冷蔵庫を買った

ハハハ

かまうものか。この手でも,あの手でも。 よき食物,よき肉,よき神,

さあ食べよう。

レディーの指(フィンガー)のような細い指は,まるでカステラ菓子のレディー・フィンガーのような味がする。

引用:スティーヴン・キング 生きのびるやつ

 

これ読んでから、レディー・フィンガーを見る度に、「生きのびるやつ」を思い出すようになりました(-_-)

 

映画『生きてこそ』は、「生きのびるために人を食べるか?」という、衝撃的な内容でしたが、スティーヴン・キングの「生きのびるやつ」は、「生きるために自分を食えるか?」という、さらにショッキングな内容です。

クリス・ヘムズワース主演の『白鯨との闘い』でも、海で遭難し、死んだ人を食べて生きのびてましたね。

『生きてこそ』や『白鯨との闘い』みたいに、死んだ人を食べるのは、まだアリだと思いますが。

 

映画でも小説でもテレビ番組でも、”サバイバル”という文字を見ると、まず「生きのびるやつ」が思い浮かび、「どこまで生きたいと思うだろうか。」と、自分に問いかけます。

過酷なサバイバルに追い込まれた時、私は、どこまで生きたいと思うのだろうか・・・

 

リチャードは、どこまで自分を食べることができたと思いますか?

 

※一部画像はIMDbから引用させて頂きました

【オレンジ・モカ・フラペチーノ!】映画と海外情報のブログです

『ポール・ダノ』Paul Dano 
注目すべきは、ポール・ダノ!!カモコです(^▽^)oダニエル・ラドクリフ(死体)Xポール・ダノ(漂流者)の『スイス・アーミー・マン』が公開されてます。あのダニエル...
★映画情報-2017年10月3日★ 死後の世界『フラットライナーズ...
 カモコです(^▽^)o 最近の映画関連情報をまとめてみました。まずは、先週末の映画興行収入ランキングから。2017年全米興行収入ランキング(2017年10月2日現在...
【ミスト】The end of times has come
早速、Netflixで映画を見ました( ^ω^ )スティーブン・キング原作の「ミスト」。”選択”の重さを知った、ホラー映画。カモコです(^▽^)oただいま無料体験中のNetflixを使っ...
【ライフ】All muscle, one brain.
限られた空間ー宇宙船ーで、未知の生物と闘う6人の宇宙飛行士。最後に生き残るのは、人間か、エイリアンか。カモコです(^▽^)oSFサスペンス・ホラー【ライフ】、いよ...

ブログのランキングに参加してます。下のボタンを押していただけるとうれしいです(*^-^*)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ  

 

ブロトピ:映画ブログ更新

公開日:2017/10/13
更新日:
  • いごっそう 六一二

    映画化したら面白そうですね~。スティーヴン・キング作品はけっこう好きです。『生きのびるやつ』という題名からして一応生き残ったんでしょうか?衝撃のラストが待ってそうですね~(^^♪

    • Kamoko

      映画化するには内容が過激すぎるかも・・・(;・∀・)
      私は、両腕を切り落としたところで終わりかな、と、想像しますが、どこまで食べることができたのか・・・
      私にとって、「生きのびるやつ」は、スティーヴン・キング作品で一番猟奇的で、一番インパクトのある作品です。