【マイヤーウィッツ家の人々】It’s a Meyerowitz tradition!

カモコです(^▽^)o

今回も、NETFLIXオリジナル作品をご紹介します!

 マイヤーウィッツ家の人々(改訂版) 』です

今年のカンヌ国際映画祭でお披露目され、出演者たちの演技が高く評価されました。

 

ストーリー:

偏屈な老人となった父と、今も昔もその存在に心を翻弄される3兄妹。久々に顔を合わせた今、堪忍袋の緒が切れるのも時間の問題。

NETFLIX マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)

[原題] The Meyerowitz Stories
[監督] ノア・バームバック
[キャスト]
 ダスティン・ホフマン
 アダム・サンドラー
 ベン・スティラー
 エマ・トンプソン
 他
[ジャンル] ドラマ、コメディ
[上映時間]  110分
[製作国] アメリカ
[Netflix公開日] 2017年10月13日

スポンサーリンク

 

この映画は、マイヤーウィッツ家の家族たちがそれぞれに悩み、憤り、落胆しながら、お互いに家族として愛し、尊敬し、分かち合うストーリー。

父は実はスパイだった!とか、息子が殺人犯だった!とか、赤ん坊の時よその子とすり替えられた!なんていう、いかにも”映画”な事件は一切起こらず、頑固で身勝手な父親に息子はいら立ち、経営がうまくいっている弟を兄が羨み、絶えず些細なことで口論となる。だけど、ちょっとした事で笑い合える。

つまるところ、どこの家庭にもあるようなお話です。

劇中、マイヤーウィッツ家にとっての”事件”がちょこちょこ発生します。重大な出来事ではないけれど、家族にとっては一大事。他人から見れば大したことなくても、家族として抱える大問題・・・そんな家族の様子を映し出す映画です(*^-^*)

Netflixオリジナル3作品【ウォー・マシーン】【リトルデビル...
最終更新日:2017年9月29日 カモコです(^▽^)o8月にNetflixに加入してから、毎日映画見放題で幸せです(^_^)しばらく前に『ヒットマンズ・ボディガード』を見ました...

 

マイヤーウィッツ家の人々

 

ハロルド(ダスティン・ホフマン)、その妻・モリーン(エマ・トンプソン)

https://gyazo.com/bf45d681769a24d52e0d59922c13923c

彫刻家のハロルドは自称”現役の芸術家”。実際は誰からも相手にされていない。自分勝手な思い込みと行動で息子たちを振り回す。『きっと、星のせいじゃない』を見て感動した。

モリーンはアル中。6週間禁酒してるとハロルドが言うが・・・

モリーンが禁酒と引き換えに飼い始めた犬が、ハロルドに思わぬ事件を引き起こす。

 

兄・ダニー(アダム・サンドラー)&弟・マシュー(ベン・スティラー)

https://gyazo.com/31e37ff167ab7a2ce3f165a8b26d0d7e

ダニーは離婚が確定。ずっと主夫だったので無職となる予定。離婚後、ハロルドの家に居候するつもりでいた。

マシューは、会計士で、ビジネスは成功しているが、離婚のカウントダウンに入っているところ。

二人とも自分の人生に不満を抱え、落胆している。

 

ジーン(エリザベス・マーヴェル)はダニーとマシューの妹。

https://gyazo.com/7671c7dbf534dd8ee9bee7d04d153140

家のアルバムは、ダニーとマシューの写真はあるがジーンの写真はない・・・普通にがんばってる、普通にいい娘さんなのに、ダニーとマシューの陰に隠れた存在になってしまっている。

 

イライザ(グレイス・ヴァン・パタン)はダニーの愛娘。

https://gyazo.com/b71848e20601d8e8ee1f4a6ae06f78a7

バード大学に進学したため、父・ダニーから離れて暮らすことに。大学で「パジャイナマンの冒険」という映画を撮った。(変な映画・・・)

 

カメオ① 大女優

https://gyazo.com/2c37e612f6537aaaa351345413c0e20b

カメオ② アダム

https://gyazo.com/6eac272a7c6737c9b60878506ecce7fd

スティラーと再び共演。もっと出番があるのかと思った・・・ちょこっとだけ。

 

スポンサーリンク

 

個性派俳優・女優が魅せる演技

https://gyazo.com/e2177dfbc157b079348c71c6029053ff

ベン・スティラーも、アダム・サンドラーもコメディアンで、以前はたくさんのコメディ映画に出てました。

ベンについては、改めて記事一つ確保します(だって、このブログは”オレンジ・モカ・フラペチーノ”!ベンは特別(≧▽≦)!!)

アダム・サンドラーは『パンチ・ドランク・ラブ』以降、作品に恵まれず、出演作のほとんどが低評価。サンドラーはもうダメか・・・と思ってましたが、今回のダニー役は好評でした(^_^)

イライザとダニーが弾き語りするシーンは、『ウェディング・シンガー』を思い起こさせましたよ。ロビーみたいな役が似合う人だと思う。

 

名女優、エマ・トンプソンもさすがの存在感ですが、なんといってもダスティン・ホフマン。

やっぱりダスティン・ホフマンはすごい俳優だなあ、と改めて実感しました。

演技がとても自然で、まるでハロルド・マイヤーウィッツという人のドキュメンタリー映画を見てるようでした。

今、80歳だそうです。びっくり!80歳には見えない~(;・∀・)

 

ダスティンとサンドラーの面白いエピソード

https://gyazo.com/d3d20599f92308fcc5b7988d85ee862e

Hoffman and Sandler first met more than 20 years ago under very different circumstances: After Hoffman’s children saw “Billy Madison,” they asked him to invite Sandler over for dinner.

“They said, ‘We’ve never asked you to invite someone over for dinner, but we want to meet Adam Sandler,’” said Hoffman. “I said, ‘Who’s that?’”

Sandler shared his memories of the evening during a recent Q&A session after a screening of the film in Los Angeles: “I got there and I was scared, so I sat in my car for an hour. But Dustin was great to me, and he has always been very friendly.”

Los Angels Times: Noah Baumbach, Dustin Hoffman, Ben Stiller and Adam Sandler make ‘The Meyerowitz Stories’ a family affair

(抄訳です)ダスティン・ホフマンとアダム・サンドラーの出会いは20年以上前。『アダム・サンドラーはビリー・マジソン』を見たホフマンの子供たちが、サンドラーをディナーに招待して欲しいと父にねだった。

「”今まで誰かを家に呼んでって、お父さんにお願いしたことないけど、アダム・サンドラーにとっても会いたいんだ”と子供たちが言った時、僕は”え?誰だそれ?”って言ったんだ。」とホフマンは語った。

サンドラーがその時の出来事を語るには、「ダスティンの家に着いた時、怖くなったんだ。それで車のシートで1時間くらいじっとしてたよ。でも、ダスティンは僕に良くしてくれて、それ以来とてもフレンドリーに接してくれるよ。」

”あの”ダスティン・ホフマンに、「家に食事においで」って誘われたら、いくら人気者でも新人コメディアンのサンドラーは緊張したでしょうね(^_^)

アカデミー賞授賞式を見てると、ダスティンは誰にでも微笑んで、温かい拍手を送るんです。名優の貫禄だなあ、と感心してました。きっとサンドラーにも普通に接したでしょう。こんな余裕のある大人になりたいです。

 

『マイヤーウィッツ家の人々』がカンヌで上映された後、日本では「これは映画とするべきか否か」という議論的報道が目立ち、作品の紹介や評価が少なかったように思います。

NETFLIXで配信なので、自宅のテレビで見ることになりますから、映画かどうか、という議論は忘れて、すばらしい俳優たちの共演をお楽しみください(*^-^*)

 

※画像はIMDbから引用させて頂きました

【オレンジ・モカ・フラペチーノ!】映画と海外情報のブログです

【はじまりへの旅】Power to the people!
最終更新日:2017年10月15日毎日を悔いなく生きよう! カモコです(^▽^)o4月1日から公開、ヴィゴ・モーテンセン主演の【はじまりへの旅】私好みの映画の予感・・・...
【リトル・ミス・サンシャイン】There's winners and th...
ポール・ダノを紹介したなら、次はやっぱり【リトル・ミス・サンシャイン】!!何度見ても笑える、そして癒される、最高の一本! カモコです(^▽^)oついにこの映画...
80年代のコメディ映画
1980年代のコメディ映画から学んだ、アメリカのライフスタイルとユーモア。カモコです(^▽^)oブログを始めて半年目にして、ようやく☆100記事☆にたどり着きました...
『スティーヴ・カレル』Steve Carell
世界中の人々をハッピーにさせる「怪盗グルーのミニオン大脱走」絶賛上映中!!グルー役のスティーヴ・カレルも評判急上昇!!「ミニオン大脱走」日本公開に先駆けて、”...

ブログのランキングに参加してます。下のボタンを押していただけるとうれしいです(*^-^*)

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ   

 

ブロトピ:映画ブログ更新

公開日:
  • いごっそう 六一二

    NETFLIX凄いですね!オリジナル作品めっちゃ多い!これは人気出るわけだわ~。
    しかし、この映画の俳優陣凄いですね!超豪華俳優じゃないっすか!めっちゃ気になるわ~。近くのGEOが潰れたらNETFLIX間違いなしですね。

    • Kamoko

      これからは映画館上映用と同じくらい、NETFLIXやHulu専用の映画が作られそうですね。Amazonやappleも動画配信に力を入れてきてますし・・・大きなスクリーンで見れないのは残念ですが、私みたいに田舎にいて新作映画の上映がない地域では、テレビの小さな画面だとしても、すぐに配信してくれる方がうれしいです。

      GEOはつぶれない方がいいですね(;・∀・) ゲオがんばれ~