NETFLIX【世界で一番殺された女】血塗られたポーラ・マクサ!1万回以上も拷問され、殺された女。

目を覆いたくなる惨劇が舞台の上で繰り広げられる…切り刻まれ、火にあぶられ、潰され、酸で焼かれ…ありとあらゆる拷問を受けるポーラ。パリのグラン・ギニョル座で上演される狂った演劇。『世界で一番殺された女』は、実在の舞台女優ポーラ・マクサの物語。あらすじと感想です。

カモコです(Ф∀Ф)

開始後2分過ぎ、いきなり女性が後頭部から舌先までナイフで貫かれます!

怖ろしい…(;゚Д゚)

世界で一番殺された女』は、パリのグラン・ギニョル座の舞台に立った女優、ポーラ・マクサの物語。

拷問と殺人が繰り広げられるステージを見た観客は、怖ろしさに凍りつきながらも、その淫靡な世界に魅せられる…

スポンサーリンク

『世界で一番殺された女』基本情報

1930年代のパリ。グラン・ギニョル劇場の舞台で惨殺される役を演じて有名になった女優は、実生活で不気味なストーカーと過去の亡霊に悩まされていた。 – NETFLIX

基本情報

●原題:La femme la plus assassinée du monde
(英題:The Most Assassinated Woman In the World)
●監督:フランク・リビエラ
●ジャンル:スリラー、ドラマ
●上映時間:102分
●製作国:ベルギー、イギリス、アメリカ
●NETFLIX配信開始日:2018年9月7日

『世界で一番殺された女』登場人物

◆ポーラ・マクサ(アナ・ムグラリス)

一万回以上もの残虐な恐怖にさらされている主演女優。舞台を降りた彼女は仕事を冷めた目で見ている。

◆ジャン(ニールス・シュナイダー)

新聞記者。グラン・ギニョル座についての取材を通してポーラと知り合う。

◆ウジェーヌ(アンドレ・ウィルム)

劇場を訪れたジャンに話しかけた老人

◆アンドレ・ド・ロルド(Michel Fau)

グラン・ギニョル座の劇作家。

◆ポール(Jean-Michel Balthazar)

舞台の特殊効果担当。

◆ジャン・デ・ランクレー

マリー・ボーの姉を殺害した犯人

序盤のストーリー

パリ。

深い霧に包まれた暗い夜道を一人の女が歩いている。

女は背後に物音を感じ、その音から逃れようと速足になる。

女が立ち止まり、振りかえった瞬間、女の背後でナイフが閃き、振り下ろされた。

ナイフは女の後頭部から舌先を貫いた。

1932年。

グラン・ギニョル座の前に人だかりができている。

町の人々は劇場を閉鎖しろと叫んでいるが、禁断のステージに魅力を感じる人々が次々に劇場に吸い込まれて行く。

今宵の演目は「精神病院の犯罪、恐怖の館殺人」。

劇場は満席である。

「マクサ!マクサ!」と客が囃し立てる。

幕が開き、ステージ上のポーラは精神病院の一室で片目の女と会話する。

ポーラは夫に会わせて欲しいと叫ぶが、太った女が「あんたを連れて来たのは旦那だよ」と冷たく言い放つ。

片目の女に押さえつけられたポーラの顔面を太った女がナイフで突き刺す!

同時に体に仕掛けられた装置が血糊を撒き散らす。

ポーラの片目から噴き出した血が客席の観客を濡らす。

そこで精神科医登場。

「目のない頭はいらないな」とギロチン装置を取り出した。

ポーラは断頭され、医者が頭を客に晒す。

広告

ステージで繰り広げられる惨劇は、もちろん作りものだが、客は恐怖に怯え、震える。

中には気分が悪くなり、青ざめる者も。

舞台は続き、首だけになったポーラがかっと目を開き「何かの間違いよ」とつぶやくと、観客は大喝采。

惨劇はスタンディングオベーションを受ける。

幕が降り、俳優たちは次の舞台の準備を始める。

次のステージまであと5分。

そしてポーラは次の拷問を受けるため再びステージへ…

…続きは本編でお楽しみください(^-^)

広告:楽天マガジン

楽天マガジンを利用すれば「スクリーン」に「DVD&動画配信でーた」が、なんと!読み放題!!

映画と海外ドラマで楽しい毎日(*^▽^*)

『世界で一番殺された女』見どころと感想

1万回以上殺されたポーラ。

その手段は凄惨を極めます…

鞭打ち、輪切り、蒸され、潰され、熱湯をかけられ、血を抜かれ、串刺しにされ、生き埋めにされ、腹を裂かれ、銃で撃たれ、毒を盛られ、皮を剥がれ、水責めにされ、レイプされる。

残虐の限りを尽くされるポーラですが、彼女への拷問と殺人は本物ではなく、舞台で演じられるニセモノです。

グラン・ギニョル座はポーラを主演にした背徳のステージを披露して成功しています。

ニセモノとはいえ、悲惨な目に遭い、嬲られ、殺されるポーラとそれを見て喜ぶ観客。

1930年代のトリックですから、今ではとても本物には見えない粗末な作りですが、当時に行われたと考えれば、十分怖ろしいですよ。

残虐行為を見て喜ぶ観客の方が怖いですね。血が飛んできてもいいようにカバーまでして。。

人はなぜか恐ろしいものに魅了されてしまいますね…私もそのひとりですが(^^;)

パリの連続殺人事件

パリでは連続殺人事件が起こっていて、パリ市民はその殺人事件とグラン・ギニョル座は関係していると思っています。

グラン・ギニョル座は怖ろしい舞台の上演だけでなく、墓場で背徳な行いをしたり、まともではありません。

それで市民は劇場を閉鎖しろと騒いでいるのです。

果たして実際の連続殺人事件とグラン・ギニョル座の恐怖の舞台は関係があるのでしょうか…?

(本編を見て確認してください(^-^))

ポーラの過去

ポーラがジャンに語る過去。

若い頃ポーラは恐ろしい目に遭いました。姉のエメと共に。

その恐怖体験は舞台上のまがい物ではなく本物です。

そのトラウマが、ポーラを狂気と恐怖のステージへ立たせるのです…

そして、その怖ろしい過去がクライマックスへと続きます。

痛みと恐怖の感覚が鈍れば生命は危険にさらされる

ポーラのセリフ、

「恐怖と痛みは同じ関係にある。どちらが好きかは人それぞれ。」

どう思いますか?

どっちも嫌だと言いながら、ホラー映画を好んで見ている私たち…

もし恐怖と痛みを超えたところにあるものを体験したいと思うなら、『ヘルレイザー』の世界へ(笑)

最近のホラー映画のレビュー、「大したことなかった」とか「怖いと思わなかった」というコメントをよく見かけます。

ホラーやサスペンスものが大量に創作され、次第に過激度が増している昨今、私たちの「恐怖」や「痛み」に対する感覚が鈍くなってきているように思います。

人は血を見たり、傷を見たりした時に、自然と恐怖を感じるようにできているはずですが…

「恐怖」への感覚が鈍ることは、生存本能が弱くなっているということですよね…

それって怖いことじゃないですか?

ポーラ・マクサは実在の女優

NETFLIXで予告を見た時は、フィクションのホラー映画だと思ったんです。

でも調べているうちに、「あれ?ポーラ・マクサって実在の人物…?」と気づき、ネットで調べてみたら、実在していたようでした。

じゃあ、映画は実話(;゚Д゚)?!?!

…じゃなかったです。

映画のストーリーはフィクションですが、ポーラ・マクサは実在の人物です。

(エンドロールに彼女について書かれています)

ポーラ・マクサについての資料がほとんどなかったのですが、彼女について詳しく書かれているサイトを見つけました。

英語のみです…すみません。

サイト:

THE HORROR! THE FEAR! Or how to kill a woman in 10000 different ways: L.Paulais, Paula Maxa, the Princess of Horror and the world of violent entertainment

ざっと目を通したところ、NETFLIXの映画はフィクションですが、グラン・ギニョル座で拷問される女を演じたポーラの演技は真に迫り、彼女に魅了された観客はその淫靡で凄惨な世界にすっかり囚われたようですね。

ちょっと見てみたいですね…その当時、スマホがあったらよかったのに(^^;)

ラストにちょっとしたどんでん返しがあって、なかなか楽しめました!

ホラーやサスペンスが好きな人はもちろんですが、ドラマが好きな人にもおすすめできます。

興味深い物語でした。

他のネットフリックスの記事もどうぞ(^-^)

>>NETFLIX【クリニカル】戦慄のサイコスリラー!ラストのどんでん返しで明らかになる真実とは!?

>>NETFLIX【ブラック・ミラー】近未来を舞台に人間の弱さと狂気を抉り出すドラマ!

書籍紹介

グラン・ギニョルの恐怖に興味がある方、書籍もあります。在庫が少ないようですよ。

グラン=ギニョル―恐怖の劇場

グラン=ギニョル―恐怖の劇場
フランソワ リヴィエール, ガブリエル ヴィトコップ
未来社

グラン=ギニョル傑作選―ベル・エポックの恐怖演劇

このテの映画や小説が好きなら、夢野久作の「ドグラマグラ」もイケますよ~

読めば精神に異常をキタス」と言われる、ドグラマグラ。

読んだことありますか?

私は…もちろん持ってます(*^▽^*)!!

チャカポコチャカポコチャカポコ…(Ф∀Ф)

『世界で一番殺された女』視聴方法は?

『世界で一番殺された女』はネットフリックスのみで配信されています。(2018年9月現在)

ネットフリックスは30日間のお試し期間がありますよ。

他のネットフリックスの記事もどうぞ(^-^)

>>NETFLIX【マッドタウン】ネタバレあり感想 手足切断、食人、ドラッグ中毒…だけど純愛映画…か?

>>NETFLIX必見の1本!【キングのメッセージ】妹を惨殺された男は独りLAの闇と闘う

NETFLIX&U-NEXT&Amazonプライムビデオ

NETFLIX楽しんでますか(^-^)?

NETFLIXはオリジナル作品が視聴できるのがいいですよね!

だけど新作映画が見れないんですよね…

私は新作映画を見るために、NETFLIX+「U-NEXT」と「Amazonプライムビデオ」を利用してます!

NETFLIXでは主にオリジナル作品を見て、

U-NEXTでは毎月のポイントを使って新作映画を楽しんで

Amazonプライムビデオで準新作映画を見てるんです。

これで完璧(^o^)♪

まだU-NEXTやAmazonプライムビデオを利用していないなら、

「U-NEXT」「Amazonプライムビデオ」を試してみませんか?

約1ヵ月間の無料お試し期間がありますよ!

「U-NEXT」「Amazonプライムビデオ」の無料お試し登録はこちら

コメント

  1. asami より:

    わー!これおもしろそう!!

    私も、観客の中にいたら喜んで観てしまうのだろうか、、、(~_~;)笑

    確かに、ホラーを怖く感じないですね。
    グロさ加減やパターンなどに慣れてしまってるからなんでしょうかね?
    何観ても真新しさがない感じがしちゃいます。

    • kamoko より:

      この映画、私には面白かったです(^o^)
      ホラー映画じゃないので、殺人鬼が人を残酷に殺すような映画だと思って見ると期待外れになってしまいます。
      これは異常な興奮と背徳行為への魅力を感じる人間心理を楽しむ映画だと思います。
      「ドグラマグラ」や江戸川乱歩の世界みたいな。淫猥と禁忌ですね(^-^)

      みんな過激なホラーやスプラッターに慣れてしまって、人間が本能的に感じる純粋な恐怖を感じなくなってきているように思います。。
      昔の映画でも、見たままではなくて、その映画が表現したかったことを自分の中で置き換えてみれば十分怖いのですが…
      今は恐怖が大量生産されてるから、見慣れてしまっているのは仕方がないですね。。私も感覚が鈍ってます(^^;)

  2. いや~凄いですね!これ配信になったばっかでしょ?
    ギックリ腰で仕事を1週間休んでいる僕より観てますね(笑)

    ホラーに関しての意見、なかなか興味深いです。
    僕も怖く無くなっているんですけど、生存本能弱くなっているんだろうか?

    そうそう、僕‥ついにNetflixオリジナル「ダーク」に手を出しましたよ。
    火曜から仕事なので、それまでに全話観たいですね。

    • kamoko より:

      この映画、配信時間が早かったようで、たまたまNETFLIX開いたら始まってました!で、見ました!(笑)

      私たちは本能的に、血とか傷口とか襲いかかる敵に恐怖を感じるようになっているのに、映画、マンガ、ゲームの世界がどんどん過激になって、その感覚が鈍ってきてますよね…
      もちろん、本物の血や死体には怯えるでしょうけれどね。本来はニセモノでも「死につながるもの」からは逃げなきゃいけないはずです。
      だから恐怖に鈍感になっていくことはあまり良いこととは思えません…そう言う私ももちろん鈍ってます(^^;)

      「ダーク」はちょっとだけ見て進まなかったんです~その頃他の映画とドラマを見だしちゃって。。「ダーク」も面白そうですよね~

Scroll Up