【チャンプ】The Champ

ボクシング映画の原点

カモコです(^▽^)o

昨日につづきまして、ボクシング映画を語ります。

ボクシング映画の王道といえば、

アリ?

ロッキー?

レイジングブル?

いえいえ、

ジョン・ヴォイト主演【チャンプ】ですよ!!

ジョン・ヴォイトの別れた妻に、フェイ・ダナウェイ

息子のTJ役は、リッキー・シュローダー

上の写真は、Amazonから見つけたものです。真ん中の男の子が、リッキー・シュローダーで、右の白い帽子のご婦人が、フェイ・ダナウェイです。

フェイは、今年のアカデミー賞授賞式で、不名誉な事件に巻き込まれ、かわいそうでした。

念のため、ジョン・ヴォイトは、アンジェリーナ・ジョリーのお父さんです。

ストーリー

ビリー(ジョン・ヴォイト)は、ボクシングの元世界チャンピオンですが、今では酒とギャンブルに溺れる日々。どうしようもないビリーですが、息子のTJ(リッキー・シュローダー)の事はとても大事にしています。TJもお父さんが大好きで、ビリーのことを「チャンプ」と呼んで慕っています。ある日、TJは、アニー(フェイ・ダナウェイ)という優しい女性に出会い、仲良くなります。

ここから、ドラマが始まります。

ラストは涙を流さずにはいられません(ToT)

人を確実に泣かせたいときは、1979年の映画「チャンプ」(フランコ・ゼフィレッリ監督)のラストシーンを見せればいい。そんな研究結果が明らかになった。

映画.com 科学者が実証「最も確実に人を泣かせる映画」第1位は?

【チャンプ】未見の人、今すぐレンタル店へGOです!!

スポンサーリンク

おはようスパンクと。

もう一つ、”リッキー・シュローダー”で検索して見つけたのが、上の映画広告。

リッキー主演の「リトルプリンス」(小公子)の広告ですが、「おはようスパンク」と2本立てだったようです。。時代ですね~

今は1回の入場料で、その回の映画しか見ることができませんが、昔は、1回分の料金で、朝から晩まで映画館で繰り返し映画が見れましたし、2本立て、3本立ては当たり前でしたね。。

ちなみに、私が「ダイ・ハード」を映画館に見に行った時は、陣内孝則の「ハリマオ」と2本立てでした。

まだブルース・ウィリスが無名だった時代。「ダイ・ハード」は、「ハリマオ」のおまけとして上映されてました。

そんな時代、ですね。。


原題:The Champ
監督:フランコ・ゼフィレッリ
キャスト:
 ジョン・ヴォイト
 フェイ・ダナウェイ
 リッキー・シュローダー
 他
ジャンル:ドラマ
上映時間:123分
製作国:アメリカ
アメリカ公開日:1979年4月4日
日本公開日:1979年7月7日

【ビニー/信じる男】I'm gonna fight again
ボクシング元世界チャンピオン、ビニー・パジェンサ。「セッション」のマイルズ・テラーが、ビニーの王座奪還への壮絶な挑戦を熱演!!カモコです(^▽^)oマイルズ・テラ...

 


海外映画ランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

公開日:
  • いごっそう 六一二

    ボクシング映画でもこれは未見でしたね~。他のは観てるんですが、これは知らなかった。機会があれば観てみます。

    • Kamoko

      コメントありがとうございます!「チャンプ」は、ボクシングの映画というより、親子のドラマのジャンルです。半分くらい、ボクシングシーンは出ません。
      「泣かせる」映画です(*^^*)
      ぜひ見てください~