衝撃の実話!【暁に祈れ】タイで地獄を生き抜いたボクサーの物語。ネタバレ感想と解説

ヒューマンドラマ

<実話映画>タイの刑務所で地獄を見たボクサーの復活を描いた衝撃作【暁に祈れ】麻薬で逮捕されたビリーは、不衛生な監房に入れられ、凶悪な囚人たちに囲まれる。絶望の中、必死で戦った男の凄まじいドラマ。あらすじ、ネタバレ感想&解説。

 

カモコです(^▽^)o

日本公開時からずっと見たかった『暁に祈れ』をやっと見ることができました!

期待通りの迫力ある映像と重厚なストーリーに大満足でした。

以下『暁に祈れ』のあらすじ、解説とネタバレ感想です。

スポンサーリンク

『暁に祈れ』作品情報

ジャンル:ヒューマンドラマ、実話
原題:A Prayer Before Dawn
監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール
時間:117分
製作国:フランス、アメリカ、イギリス、中国合作
フランス公開日:2018年6月20日
日本公開日:2018年12月8日

 

『暁に祈れ』あらすじ

 

タイで暮らすイギリス人のビリーはボクサーだが、闇試合に出場するほど落ちぶれ、麻薬に溺れて破滅的な毎日を送っていた。

ある日、ビリーのアパートにタイ警察が乗り込み、ビリーは薬物所持・使用の罪で逮捕される。

チェンマイの刑務所に送られたビリーは、多くのタイ人犯罪者と共に収監される。タイ語ができないビリーは、看守や囚人が何を言っているかわからない。

ある時、囚人たちの喧嘩に巻き込まれたビリーは、大部屋に移されるが、その部屋は凶悪犯罪者が集められた監房だった。

囚人同士の喧嘩やレイプ、時には殺人すら起こる地獄のような監房で、ビリーは憔悴し、再び麻薬に手を出してしまう。

絶望の中、精神がギリギリまで追い詰められたビリーだが、所内にムエタイチームがあることを知り、興味を持つ。

ムエタイチームのリーダーに必死で掛け合い、練習に参加することを認められたビリーは、メンバーと共にムエタイの技と精神を学び、生きる気力を取り戻していく…。

 

 

 

『暁に祈れ』感想(ネタバレなし)

 

実話を映画化した『暁に祈れ』は、堕落したボクサーの復活を描いた素晴らしい映画です。

 

多くの人に見て欲しいと思いますが、人によっては気分が悪くなると思います。ビリーが体験したタイの刑務所暮らしは、日本人の想像を絶しています

 

ビリーが収監されるタイの刑務所は、不衛生極まりなく、特にトイレの場面は見るだけで吐き気を感じるでしょう。全身に入れ墨を入れた囚人たちが監房にぎっしりと詰め込まれて眠る場面も視覚を刺激します。

 

また、刑務所を舞台にした映画によくあるように、囚人たちは容赦なく暴力を振るい、同室の男をレイプしたり、恐喝したり、殺したりします。この映画では、そのような目を覆いたくなるシーンをリアルに再現しています信じられないほど凄惨で、残酷です

 

どうしてビリーが地獄のような刑務所に収監されたのか。それは彼が麻薬中毒者だったからです。

タイでは麻薬所持・使用は重罪。

タイ政府とタイ警察は、麻薬の取り締まりに厳しく、例え外国人でも容赦しません。

 

ビリーは、通訳なしではタイ語がわからないため、何がなんだかわからないままに囚人たちと行動を共にします。時に刑務官から怒鳴られますが、彼らが何を言っているのかビリーにはわかりません。

言葉がわからない世界で独りぼっちというビリーの状況が映し出され、映画を見る私たちに大きなストレスをかけてきます。

 

映画前半のビリーには絶望しかありません。地獄のような世界で彼は苦しみ抜きます。何か少しだけでも彼がリラックスできるようなシーンがないかと期待しますが、良いことは何一つ起こりません。まさに熱帯の地獄です。

 

 

映画が後半に入った頃、ようやく彼に希望の光が差します。ビリーは刑務所の中にある囚人のムエタイチームに入るのです。

 

元々ボクサーだったビリーは、ムエタイの練習に励むチームに参加して、堕ちるだけ堕ちた自分を変えようと努力します。そうしたからといって、何もかも上手くいくわけではないのですが、彼の心には希望が芽生え、明るい表情を見せるようになります。チームメンバーとの信頼関係も築きます

 

後半には、微笑ましいシーンや人の善意を感じるシーンがあります。その時にほんの少し安堵を感じることができますが、映画の大半はビリーが直面する過酷なシーンのみ

 

ラストまでずっしりと重く、痛みと苦しみがまとわりつく物語です。

覚悟してご覧ください。

精神的にキツイ映画ですけれど、見応え十分な素晴らしい作品です。

 

『暁に祈れ』は、Amazonプライムビデオで有料レンタルできます。

暁に祈れ(字幕版)
Amazon.com Int'l Sales, Inc.

レンタル店でも借りることができますよ。

 

ネタバレあり感想は2ページ目です。

 

スポンサーリンク

キャスト・監督

 

タイ語がわからないビリーが置かれた過酷な状況を伝えるためでしょう、映画の登場人物の名前や肩書が呼ばれることはほとんどありません。

また、囚人を演じた人のほとんどは、なんとタイ現地の元囚人たち。あの全身の入れ墨は本物です。タイで服役することの過酷さを知る彼らが出演したからこそ、暴力的で残酷な刑務所のシーンがリアルに再現できたんですね。

 

キャスト

主役のビリーを演じたのは、ジョー・コール。映画『グリーンルーム』やドラマシリーズ『ピーキー・ブラインダーズ』に出演しています。精神的に深くダメージを受け、消耗していくビリーを演じるジョー・コールの表情が真に迫っていました。彼の演技は映画批評家からも絶賛されています。

 

刑務所の責任者を演じるのは、ライアン・ゴズリング主演の『オンリー・ゴッド』に出演したヴィタヤ・パンスリンガム

少ない出番ながらも彼は存在感がありました。ビリーがムエタイの試合に出た時の表情がいいですね。オンリー・ゴッドのクライマックスのバトルシーンでもいい演技を見せてくれました。(映画はほとんど意味不明でしたが…)

 

ビリーのトレーナーを演じたソムラック・カムシンは、アトランタ五輪で金メダルを獲得した実際のボクサーだそうです。Bangkok Postの映画批評で、彼にあんな演技力があるとはと驚かれていました。私も彼が俳優ではないと聞いてビックリしました。演技がとても自然だったので。

 

監督

フランス人監督のジャン=ステファーヌ・ソヴェールは、映画『ジョニー・マッド・ドッグ』の監督として知られています。

この映画を見たことはありませんが、こちらも重そうな映画ですね。反政府軍の少年兵の物語だそうです。興味のある方はぜひ。

 

タイトルとURLをコピーしました