呪われた屋敷の恐怖【アメリカン・ホラー・ストーリー:ロアノーク】

NETFLIX

マットとシェルビーが引っ越した田舎の古い屋敷。夜になると大勢の不気味な人影が現れる…松明を手に…彼らは何者なのか?屋敷は呪われているのか?!NETFLIX配信の恐怖ドラマ、『アメリカン・ホラー・ストーリー:ロアノーク』シーズン6をご紹介します。

 

 

カモコです(^▽^)o

 

ついに『アメリカン・ホラー・ストーリー』を見てしまいました…シーズン6です。

こわ~い。。

 

[ad]

 

Roanoke(ロアノーク)

過去に家で起こった恐ろしい事件の真相を知る夫妻。地元警察が警護にあたる中、マットの姉リーが無断で連れてきた娘フローラに不気味な現象が…。 -Netflix

 

 

ドラマは、「過激な描写を含むため視聴にはご注意を」から始まります。

 

それは、ドラマ内のドキュメンタリー番組「ロアノークの悪夢」が始まる時に出されたテロップでした。

 

「ロアノークの悪夢」は、シェルビーとマットが体験した恐ろしい出来事を再現ドラマ化し、時折本人たちのインタビュー映像とコメントが挿入される番組です。

 

シーズン6の「Roanoke」は、エピソードの中でドキュメンタリー番組を流すことで、私たちがいかにも実際に起こった恐怖体験を見ているかのように錯覚させます。

 

NETFLIX「アメリカン・ホラー・ストーリー:Roanoke」

 

さすがはAHS。さすがライアン・マーフィー。

AHSシリーズは、冷静に見るとそう恐ろしい訳でもない映像を、とんでもなく恐ろしく映し出すのが上手ですよね。

映し方と効果音の使い方がとってもうまい。

 

こちら↓は、アメリカで見たシーズン6の予告動画なんですが、

私がこれを見たのはテレビじゃなくて、映画館だったんです

 

映画が始まる前、場内がまだ明るい時に、繰り返し流すんですよ。大きなスクリーンいっぱいに。

ホラー映画見に行ったんじゃないのに、劇場が暗くなったら怖くなったじゃないですかー(=_=)

 

登場人物

 

◆シェルビー(サラ・ポールソン)

NETFLIX「アメリカン・ホラー・ストーリー:Roanoke」

◆マット(キューバ・グッディング・Jr.)

路上で若者に襲われたマットとシェルビーの夫婦は、マットの田舎に引っ越し、古い家を買う。その家に映り住んだ日の晩から、二人の恐ろしい体験が始まる…

 

◆リー(アンジェラ・バセット)

NETFLIX「アメリカン・ホラー・ストーリー:Roanoke」

マットの姉。元警官。トラウマのせいで薬を常用し、職を失う。その後離婚し、娘と離れて暮らしている。シェルビーを守るよう、マットに頼まれる。

アンジェラ・バセット、相変わらずカッコイイ~

 

◆アグネス(キャシー・ベイツ)

NETFLIX「アメリカン・ホラー・ストーリー:Roanoke」

エピソード1後半でチラッと出てくる、AHS常連のキャシー・ベイツ。写真はエピソード2から。

 

上記の4名は、再現ドラマに出演する役者さんたちで、インタビュー映像に切り替わると、本人たちが顔を見せ、体験を語ります。

本人役の人たちが、上の4人よりちょっと地味目なので、事件は実話だったのではないかと思わせる効果があります。

面白い作りですよね(^-^)

 

 

Roanoke:第1話のあらすじ

 

ドキュメンタリー番組は、シェルビーとマットが都会で幸せに暮らしていた頃から始まります。

シェルビーが妊娠し、お祝いしようと二人で町へ出た夜、マットが凶暴な若者たちに襲われます。

マットは重傷を負って入院。シェルビーはショックで流産してしまいます。

 

マットが回復した後、二人は危険な都会を離れることを決意、田舎で新生活を始めることにします。

ノースカロライナ州の田舎に引っ越した二人は、古い家を4万ドルで落札します。

喜ぶ二人の側で、入札で負けた男たちが忌々しそうに睨んでいました。

NETFLIX「アメリカン・ホラー・ストーリー:Roanoke」

シェルビーとマットは、家の改装から始めます。

その晩、家の外に何かの気配を感じたマットが外へ出ると、誰かがいたようですが姿は見えませんでした。

マットは、異人種の結婚に対する差別的な嫌がらせだろうと語ります。

 

翌日マットは仕事にでかけ、シェルビーはひとり家に残ります。

音がするので窓の外を見ると、あられのようなものが降っています。

シェルビーがドアを開けて外に出ると、降っていたのは無数の人間の歯でした。

 

その後も、シェルビーがひとりで家にいる時に、二人の女が廊下を横切ったり、外のプール(というよりデッカイ桶)に浸かっている時に誰かに押さえつけられて溺れそうになったり、不気味なことが続きます。

ある晩、マットは、家の外に皮を剥がれて血だらけになった、死んだ豚が置かれているのを発見します。

 

あまりにも不気味な事が続き、不安になったマットは、元警官だった姉のリーを家に呼び寄せます。

 

[ad]

 

後半が怖い…

 

エピソード1は後半に向かうにつれ怖さが増していきます。

階段の吹き抜けにたくさんの〇〇が吊り下げられているのはぞーーーっとします(;゚Д゚)

「ベイツ・モーテル」が田舎に建ってるような家なのに、なんで買う!?なんで住む!?

そもそも無駄に広い家って、怖いですよね…

 

さて、エピソード2からいよいよキャシー・ベイツの出番です。

エピソード2は、1よりグロいシーンから始まります…

かなり強烈です…(-_-;)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました