NETFLIX【アナイアレイションー全滅領域ー】人類だけが変異を拒むのか

カモコです(^▽^)o

今回は、NETFLIXオリジナル映画の新作、『アナイアレイションー全滅領域ー』の紹介と感想です。

ナタリー・ポートマン主演作品がネットフリックスで配信されるという情報をゲットした時から期待して待っていました!

ネタバレを含みます。ご了承ください。

NETFLIX「アナイアレイション」

スポンサーリンク

『アナイアレイションー全滅領域ー』基本情報

ストーリー

不吉で不可解な現象が起こる”エリアX”が米国の海岸地帯で拡大を続ける。この謎の領域で夫の身に何が起きたのか。生物学者で元兵士の妻レナは、真相を解明しようと調査隊に志願します。エリアXに足を踏み入れた調査隊は、生態系が突然変異を遂げた異様な景色と生物を目撃することに。それは、見た者の生命と精神を脅かすほど、美しく危険な世界でした。

NETFLIX: アナイアレイション-全滅領域-

基本情報

●原題
Annihilation
●監督
アレックス・ガーランド
●ジャンル
SF、アドベンチャー、ミステリー
●上映時間
115分
●製作国
アメリカ、イギリス
●アメリカ公開日
2018年2月23日
●日本公開日
2018年3月12日(NETFLIX配信)

※以下ネタバレあります!

登場人物

レナ(ナタリー・ポートマン):生物学者

NETFLIX「アナイアレイション」

ある日突然姿を現した行方不明の夫は、レナとの再会直後に多臓器不全を起こし、昏睡状態となってしまう。夫を救う術を探るため、レナは”エリアX”の調査隊に加わる。

生物学者にして元軍人のレナ。ナタリー・ポートマンが心身ともにタフな女性を演じました。

ヴェントレス(ジェニファー・ジェイソン・リー):心理学者

NETFLIX「アナイアレイション」

女性隊員のみで結成された調査隊の隊長、ヴェントレス。エリアXや調査隊隊員の(知る限りの)情報を把握している。実態のわからないエリアX内でも冷静に判断をくだす。友達も家族も子供もいない。

ジェニファー・ジェイソン・リー…ずいぶん長い間、彼女を知っているような気がします。キャリアの長い女優さんです。最近では『ヘイトフル・エイト』が代表作となっているようですが、私はブリジット・フォンダと共演した『ルームメイト(1992年)』が印象に残っています。怖かったです…(>_<)

アニャ(ジーナ・ロドリゲス):救急隊員 ※下の写真右

サザーン・リーチでレナに最初に声をかけた隊員。NGOに応募したが採用されず、調査隊に参加することになった。シェパードがアニャは”中毒患者”であるとレナに話す。

まだ映画のキャリアが少ないジーナ・ロドリゲス。代表作は『バーニング・オーシャン』でしょうね。これからの活躍に期待してます。

NETFLIX「アナイアレイション」

ジョシー・ラデック(テッサ・トンプソン):物理学者 ※上の写真左

控えめなラデック。シェパードがラデックは”いつも長袖で手首の傷を隠してる”とレナに話す。移動中に見つけた家屋でワニのような生物に襲われる。

※ネタバレ※ 最後は植物になっちゃったようですね。そっと去っていく姿が悲しかったけれど、それが彼女の望んだことのように見えました。

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』では、コミカルで屈強な女性戦士・ヴァルキリーを演じました。次は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ですね!今、大注目の女優さんです(^-^)

キャシー・シェパード(ツヴァ・ノヴォトニー):地形学者

NETFLIX「アナイアレイション」

境界付近の磁場を調査している。娘を白血病で亡くしている。

この女優さんは初めて見たのですが、スウェーデン人なんですね。女優としてのキャリアは長いようです。これまでスウェーデンで映画やテレビドラマに出演していたようです。

ケイン(オスカー・アイザック):レナの夫、陸軍軍曹。

NETFLIX「アナイアレイション」

約一年間失踪していたケイン。ある日突然自宅に戻るが、どこにいたのか、どうやって戻ったか記憶がない。レナと話している最中に気分が悪くなり、救急車で搬送される。

※ネタバレ※ エリアXでのケインはショッキングな行動ばかり(>_<)。特に同じ隊の隊員の腹を切り開くシーン…蠢く腸を手に取ってカメラに笑顔を向けるケインにゾッとしましたー(;゚Д゚)

ロマックス(ベネディクト・ウォン)

NETFLIX「アナイアレイション」

映画冒頭と最後に出演。レナや隊員たちがエリアXで何をしていたのか、何を見たのか質問する。

『ドクター・ストレンジ』のベネディクト・ウォン。もっと重要な役割があるのかと思ったら、質問するだけですね。続編があれば、もっと出番があるのかも??

ケイティ(ソノヤ・ミズノ):医学生

NETFLIX「アナイアレイション」

『エクス・マキナ』に出演しているソノヤ・ミズノさんは東京生まれの日系イギリス人。『ラ・ラ・ランド』にも出てましたね!今回はチラッとしか出演されてなくて残念(>_<)!私は『ハートビート』のソノヤさんが好きです(*^-^*)

広告

『アナイアレイション』感想

※ネタバレあり。ラストにも触れています。

NETFLIX「アナイアレイション」

とても美しい映画です。

突如落下した隕石の影響で、地上の生態系が歪められ、未知の世界が出現するのですが、”我々の世界”と”未知の世界・エリアX”の狭間には、シマーと呼ばれる虹色のベールがかかっています。

レナたちは”第12次調査隊”で、1~11次調査隊はケイン以外誰も戻って来ていません。シマーの向こう側は人類にとって脅威のはずです。

しかし、シマーの煌めく神秘的な美しさに、映画の人物も視聴者も、「中を覗いてみたい」という、恐怖よりも強い興味を掻き立てられます。

シマーの中には、地球上には存在しない、新たな生命が息づいています。色とりどりの花が咲き乱れ、ファンタジーの世界に登場するような動物が住んでいます。

一方で、シマーの中には恐ろしい世界も生み出されています。独特な変化を遂げた凶暴な生物が生息し、調査隊を襲います。

それに加え、前調査隊が残したビデオには、想像を絶する残酷で狂った世界が記録されています。

映像が現実に起こったことだと信じられないレナたちですが、間もなく理解不可能で受け入れがたい光景を目にします。

NETFLIX「アナイアレイション」

これは一体なんなのか…

人は理解できないもの、名前の無いものを恐れます。

この”現象”について、何の説明も、解釈も、名称も得られないレナたちはただ立ち尽くし、“それ”を見つめます。

恐ろしくてもすぐに目を背けたりしない…視聴者も同じだと思います。

恐れおののきながら、つい見つめてしまう。

奇妙で受け入れがたい世界に魅了される。

それが『アナイアレイション』の世界だと思います。

変化を受け入れられないのは人間のみか?

タイトルの”annihilation”の意味は「全滅」です。

クライマックス、灯台の地下でヴェントレス博士が「全滅よ!!」と叫び、彼女の肉体は消えてしまいます。

過去に出動した調査員たちは、ケインを除き全滅しています。

NETFLIX「アナイアレイション」

シマーで覆われた場所は未知の何かに侵食され「全滅」となるのか?

しかし、シマーの中では植物や動物が生きています。全滅はしていません。

植物や動物たちは、遺伝子の変化を受け入れ、変態して生きています。

突然の遺伝子の変化に対応できず、精神に異常をきたし、自ら死を選ぶのは人間だけです。

そもそも、人生に受け入れがたい何かがあって、全滅領域に足を踏み入れる決意をした時点で「死」を覚悟しているのです。

ー全てうまくいっている人はここには来ないー

「生」より「死」に魅力を感じている者が、遺伝子の変化を克服し、受け入れて生きようとは思わないでしょう。

しかしながら、登場人物の中では、唯一ラデックだけが、変化を受け入れようと決意したように見えました。

森の中に消えた後、彼女が自らの命を絶った可能性もありますが、体におきた変化を受け入れ、植物と融合して新たな生物となることを選んだのかもしれません。美しい植物と融合することに安らぎを見出せたのかもしれませんね。

ラスト、抱き合うケインとレナ。

レナは、それが”ケイン”ではないことを知っています。

ケインの瞳に輝くシマー。

レナの瞳にも、同じように。

レナが”オリジナル”なのか、そうではないのか。

たくさんの謎を残したまま映画は終わりますが、『アナイアレイション』の世界に惹きこまれた頭の中にシマーがゆっくりと浸透していくようです。

その心地よさと不快感を楽しむ映画だと思います。

『アナイアレイション』続編は?

NETFLIX「アナイアレイション」

「全滅領域」は、ジェフ・ヴァンダミアのSF小説で、「監視機構」「世界受容」と続き、”サザーン・リーチ3部作”と呼ばれています。

全滅領域


原作の「監視機構」と「世界受容」のあらすじは以下の通り。

監視機構

合衆国南部に突如出現した謎の生態領域〈エリアX〉。その実態調査のために派遣された第十二次調査隊による調査は失敗に終わり、隊員たちは記憶を失った状態で発見・回収された。そんななか、監視機構〈サザーン・リーチ〉の新局長に着任した〈コントロール〉は、機構の改革に着手、帰還した隊員に訊問を繰り返していく。だが、彼は機構になんらかの汚染が進行していると直感していた。エンタテインメント三部作・第二弾  Amazon:監視機構(ハヤカワ文庫)

世界受容

突如、拡大・浸食を再開した〈エリアX〉。変容していく世界で人類はなすすべもなく…… Amazon:世界受容(ハヤカワ文庫)

”未知の世界が心地よい”と書きましたが、「あれは何だったのか?」という疑問を解消したいし、映画の続きが見たいですよね。

続編があればぜひ見たいのですが、今のところあまり期待できそうもありません。

COLLIDERのインタビューを受けたアレックス・ガーランド監督は、『アナイアレイション』がネットフリックス配信となったことについて、”劇場公開用に製作したので失望した”と語ったそうです。

(ソース:COLLIDER

続編がまたネットフリックス配信となる可能性は高いですね…監督が劇場公開を強く望むなら、続編を制作しないか、監督交代の可能性が高くなりますね。

うーん、ガーランド監督は続編を作らないのかな。。。

もったいないような。

思い切って1作だけで終わってもいいような。

ネットフリックスのオリジナル映画の質はだんだん高くなってきていますね!

アレックス・ガーランド監督は、ネトフリ配信となってがっかりしたかもしれませんが、日本の端っこに住んでいる私にとっては大変ありがたいサービスです!

これからもネットフリックスに期待します(^-^)

スッピンでイケる!VODサービス♪♪

「U-NEXT」「NETFLIX」「Hulu」など、VODサービスを使えばいつでもどこでも見たい時に映画を見ることができますよ(^o^)
↓↓↓こちらで動画配信サービス(VOD)を簡単にわかりやすくご紹介しています↓↓↓
VOD比較!映画好きにはどれがおすすめ?!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランキングに参加してます(^-^)

     にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

SNSでフォローする

広告

Scroll Up