ナチスに憑りつかれた少年の狂気【ゴールデンボーイ】ネタバレあり

スティーブン・キング原作の『ゴールデンボーイ』。ナチスのおぞましい行為に憑りつかれ、魅了されていく少年と、少年の狂気に影響を受け、本来の自分に戻っていく元ナチス将校。堕ちていく二人を描く戦慄のスリラー映画です。ネタバレあります

カモコです(^▽^)o

スティーブン・キング原作の映画、続きます~

今回は『ゴールデンボーイ』です。映画と原作の両方をご紹介します。

スポンサーリンク

『ゴールデンボーイ』基本情報

高校生のトッド・ボウデンはスポーツ万能、成績優秀の優等生。ある日、近所に住む老人が元ナチス将校であると見抜く。トッドは、過去をバラされたくなければナチス収容所で行われたことを子細に話せと老人を脅す。

基本情報

原題:Apt Pupil
監督:ブライアン・シンガー
ジャンル:スリラー、ドラマ
上映時間:111分
製作国:アメリカ
アメリカ公開日:1998年10月23日
日本公開日:1999年6月26日

登場人物

◆トッド・ボウデン(ブラッド・レンフロ)

授業でホロコーストについて学んだトッドは、ナチスの行為に異常な関心をよせ、図書館で強制収容所について詳細に調べる。ある日、バスで見かけた老人が元ナチス将校であることを見抜く。

◆アーサー・デンカー(イアン・マッケラン)

一人暮らしの老人アーサー・デンカーは、元ナチス将校だったことをバラすとトッドに脅され、トッドの望む通り、ナチスが強制収容所でユダヤ人に行った残虐行為を生々しく語り始める。

『ゴールデンボーイ』あらすじ

成績優秀でスポーツ万能な高校生、トッド・ボウデンは、授業で学習したホロコーストに強い関心を持つようになる。

図書館に行っては、ナチスや強制収容所の資料を読み漁るトッド。

ある日、バスの中で見かけた老人が元ナチス将校だと確信したトッドは、老人の後をつける。

アーサー・デンカーと名乗る老人の指紋を採取し、写真を照合したトッドは、老人に証拠を突きつける。

アウシュビッツの副所長を務め、多くのユダヤ人を虐殺した過去を持つ老人の本名は、クルト・ドゥサンダー。

トッドはドゥサンダーを告発しない代わりに、収容所で何が行われたのか詳しく話して聞かせるように強要する。

トッドにせかされるままに昔話をするうちに、ドゥサンダーは本来の邪悪さを取り戻し、トッドは悪夢に憑りつかれる。

※以下ネタバレあり

広告

※以下ネタバレあります

『ゴールデンボーイ』見どころ

見どころは、ブラッド・レンフロとイアン・マッケランの名演です。

二人の演技は怖すぎる…。

トッドの中の悪魔が目を覚ます

毎日のようにドゥサンダーの家へ通いつめ、収容所で行われたおぞましい行為について聞くうちに、トッドの精神は蝕まれていきます。

ナチスの残虐行為を何度も何度も自分の中で空想し、再現するトッド。

最初は悪夢にうなされますが、次第に快感を感じるようになるのです…。

映画は、トッドが悪夢に憑りつかれる様子をじっくりと、不気味に描いています。

トッドは、ドゥサンダーの家以外では平静を装うのですが、夜な夜な悪夢を見て、冷や汗を流しながらも、だんだんとおぞましい行為に魅力を感じていきます

悪魔の所業に憑りつかれた高校生をレンフロが熱演します。

おぞましいドゥサンダーが蘇る

ドゥサンダーは、トッドに脅され、仕方なく過去の話を始めます。

話を進めるうちに、自らが指揮した過去のおぞましい行為を懐かしむようになり、トッドが用意したナチの軍服を着用したことで、心の奥に封印したはずの残虐性が解放されてしまいます。

そのうち、ドゥサンダーは命あるものを虐待したいという衝動が抑えられなくなっていきます…。

アーサー・デンカーだった時は、無害な老人という印象しかないのですが、ナチスの軍服を着たアーサーは、本来の邪悪で残酷なドゥサンダーに戻っていきます

イアン・マッケランの表情に戦慄します…人を虐待し、痛めつけることに喜びを感じる狂人は、どんなバケモノより怖ろしいです…。

トッドの狂気がドゥサンダーにより解放される

ドゥサンダーは、最初トッドを疎ましく思いますが、次第に”後継者”のように感じていきます。

ドゥサンダーがトッドの狂気を解放するシーンをご紹介します。

殺人の衝動を抑えきれなくなったドゥサンダーは、ある時浮浪者を家に招き入れ、酒を飲ませて殺そうとします。

浮浪者をナイフで襲い、地下室に突き落としますが、突然心臓発作がおこり、倒れてしまいます。

地下室に浮浪者がいるため、救急車を呼ぶことができず、トッドに電話し助けを求めるのです。

両親をごまかし外出したトッドがドゥサンダーの家に着くと、ドゥサンダーは息も絶え絶えの様子。

地下へ行けと言われたトッドが階段の下を覗き込むと、ナイフで刺された浮浪者が倒れていました。

驚くトッドの後ろから扉を閉めたドゥサンダーは、トッドを地下室に閉じ込めます。

お前ならやれる

ドアをぶち破ろうと地下室の中を駆け回るトッドですが、浮浪者が息を吹き返してしまい、トッドに向かってきます。

浮浪者に追いつめられたトッドは、手にしたスコップを浮浪者へ振り下します

長い時間、残虐な行為に魅力を感じていたトッドは、実際に人を殺してしまい、本当の狂人になってしまいます。

トッドを熱演したブラッド・レンフロ

トッド役の演技が高く評価されたブラッド・レンフロ

映画デビューは、スーザン・サランドン、トミー・リー・ジョーンズと共演した「ザ・クライアント 依頼人」でした。

その後も「マイ・フレンド・フォーエバー」や「スリーパーズ」に出演し、注目されますが、25歳で亡くなりました。

少年院で看守による性的虐待を受けた4人の少年は、忌まわしい過去を封印して大人になった。ある日ジョンとトミーが看守のひとりを殺害。それをきっかけに、シェイクスとマイケルが他の看守への復讐を実行する。『スリーパーズ』のストーリー、登場人物紹介と感想です。ネタバレあり。

サー・イアン・マッケラン

ナチスの狂人、クルト・ドゥサンダーを演じたイアン・マッケランは、「Xメン」シリーズのマグニートー役、そして「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのガンダルフ役で知られる名優です。

マッケランは、1990年にナイトの称号を与えられ、2014年にはケンブリッジ大学の名誉博士号を授与されています。

最新の出演作は、エマ・ワトソンの『美女と野獣』ですね。

オレンジ・モカ・フラペチーノ!でこれまでにご紹介したスティーヴン・キング原作の映画のまとめです。

「ゴールデンボーイ」原作:異なるラスト

二十数年前に買った原作。大事に保管してます(^-^)

この文庫本に「ショーシャンクの空に」と「ゴールデンボーイ」の2篇が収録されています。

希望をテーマにした「ショーシャンクの空に」と、絶望をテーマにした「ゴールデンボーイ」。

アンディ・デュフレーンも関係している

「ゴールデンボーイ」原作の序盤、ドゥサンダーがトッドに昔話を始めた時に、アンディ・デュフレーンの話が出るんです。

アンディ・デュフレーン…「ショーシャンクの空に」の主人公ですね。

ドゥサンダーは、メイン州の銀行を利用したことがあって、「その時の担当者が妻殺しで捕まった」とトッドに話します。

アンディは、ドゥサンダーも手伝ってたんですねー

悪人に縁のある人ですね…(^-^;

原作のラストでトッドはついに狂ってしまう

映画と原作では結末が全く違います。

映画は、トッドの嘘を見破った学校のカウンセラーを、トッドが脅して黙らせて終わりです。

ドゥサンダーは自殺します。

原作のトッドはラストで凶行に及んでしまいます。

ラスト手前、学校のカウンセラーであるフレンチがトッドに迫るところは同じですが、トッドはフレンチを殺してしまいます。

その後、ラスト1ページで、ついにトッドは悪魔に変貌します

フレンチをライフルで撃ち殺したトッドは、そのままライフルを手に、400発もの銃弾を持ち出してフリーウェイに向かいます。

人を銃撃するシーンは描かれませんが、ラストの一行で、トッドがどれほど怖ろしいことをしたのかがわかります。

原作の方が、映画よりずっと陰惨で狂気に満ちているのです…。

『ゴールデンボーイ』視聴方法は?

Netflixで配信されています。

(2018年10月現在)

レンタル店にもあると思います…探してみてください!

広告:映画のおともにポップコーン!

人気の【ポップコーンメーカー】1,290円

電子レンジ で手軽にポップコーンができます!

【ポップコーン原料豆業務用 1kg】食物繊維が豊富!



10月31日は【ハロウィン】今年はどんな仮装にしますか?!

ハロウィン 衣装 ハロウィン ゾンビ 女子高生4点セット※メール便発送不可ゾンビ…

ルービーズ(Rubie’s) 大人用ブラックパンサー 【 コスプレ 衣装 ハロウ…

広告
スポンサーリンク

ランキングに参加してます(^-^)

     にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

広告

SNSでフォローする

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

Scroll Up