【アベンジャーズ/エンドゲーム】名言・名セリフ紹介と感想~Whatever it takes~

マーベル
【ネタバレ感想】アベンジャーズ/エンドゲーム。キャプテンアメリカ、トニースターク、ソー、ナターシャ、ロケットなどの英語のセリフを交えた感想。

 

カモコです(^▽^)o

待ちに待った『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見ました!

4月30日に見たので、”平成最後の映画”となりました。。

今回は、トニー・スターク、スティーブ・ロジャース、ブラックウィドウ、ソー、ロケットなど、登場人物のセリフ・名言(英語)を引用しながらの『エンドゲーム』感想です。

 

※注意!これは『エンドゲーム』のネタバレ記事です!

スポンサーリンク

エンドゲーム:ネタバレ感想

 

Marvel Studios’ Avengers: Endgame | “To the End”

 

 

この記事には、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の内容のネタバレ感想、および、登場人物たちのセリフ(英語)が含まれています!

 

『エンドゲーム』を見た人を対象に書いた記事です。ご了承ください。

ラストで感動!

 

 

.『エンドゲーム』のエンドクレジットが終わった時に頭に浮かんだのは、

 

やっぱり終わったんだなあ」でした。

 

アベンジャーズたちの厳しく、長い旅が終わったんだと思うと、ホッとしましたが、もう会えなくなるかと思うと寂しくて、複雑な思いがしました。

 

特にキャプテンの数奇な運命(ひとりぼっちで氷漬けになってたんですもんね…)を顧みれば、「ご苦労様でした」と胸にジーンとくるものがありました。

 

弱々しい男の子が、実験に参加して最強ヒーローになり、世界を救ったあと氷漬けになるなんて…

振り返れば色々大変でしたよね。

 

ラストシーンで、愛するペギーを胸に、普通の”夫”として踊るスティーブ・ロジャースを見た時は、少し幸せな気分になりました。

 

 

トニーとナターシャ

 

『エンドゲーム』が公開されるよりずっと前に、クリス・エヴァンスとロバート・ダウニー・Jr.のマーベル作品への出演が”アベンジャーズ4”で終了するだろうと報道されてました。

 

「もしかしたらアイアンマンとキャプテン・アメリカが死ぬんじゃないか…」とアベンジャーズ・ファンが予想してたし、米メディアが「エンドゲームでどのキャラが死ぬか」と予想を立てたりしてました。

 

私も「もしかしたら…」と思ってましたが、やはり、アイアンマンは亡くなってしまいましたね(T_T)


アイアンマンがスナップした後、息も絶え絶えの状態になっても、

「場面が変わったら、実は助かってて、スティーブに皮肉を言うトニーの姿が映るんじゃないの…」と、一瞬期待しました。

 

だけどペッパーが、

Tony, look at me. We’re going to be okay. You can rest now.

 

…と言ったので、ああ、死んじゃうんだなあ…と実感。

 

トニーが死ぬのでは?と予想されていたにもかかわらず、いたたまれない気持ちになりましたね。

 

 

個人的には、エンドゲームで戦闘が終わって、平和が戻った後に、トニー、ブルースにシュリちゃんを加えた天才サイエンス3人組で、これまで以上の何かを発明したりして欲しかったです。

 

シュリが”アイアンマン”を引き継ぐのでは?という予想もされてて、それにも期待したんですが、シュリが後継者となるようなシーンもなく、残念でした。

 

 

そして、ナターシャ

 

ソウルストーンを得るためには、誰かが死ななければならないと『インフィニティ・ウォー』を見た人はみんな知ってるので、あの場面になった時、クリントかナターシャのどちらかが崖下に落ちるんだなと、誰もが溜息ついて諦めたと思います。

 

家族持ちのホークアイが犠牲になることはないだろうと思ったので、「ああ、ナターシャはここで死ぬんだな」と、覚悟しました。

 

ホークアイが自ら崖下に飛び降りた時に、代わりにナターシャが死ぬと予測できましたが、それでも崖下で血を流して倒れているナターシャの姿を見るのは辛すぎました(T_T)

 

ナターシャ: Even if there’s a small chance, we owe this to everybody who’s not in this room.
スティーブ: We will. Whatever it takes.
クリント: Whatever it takes.
ナターシャ: Whatever it takes.

 

アベンジャーズの中では、ブラック・ウィドウが一番好きでした。

常に冷静で、強くて、カッコよくて、憧れの女性。

ハルクに対する優しい気持ちも、彼女の魅力でした。。

 

スポンサーリンク

再会シーン

 

アイアンマンとキャプテン・アメリカは、『インフィニティ・ウォー』では顔を合わせてなかったので、『シビルウォー』以来の再会で、どんなドラマが…!

…と期待してたら、意外とあっさり会ってしまいました。

 

その後のトニーが「君はいなかった!」と責めるシーンは仕方ないとしても、二人の再会はもう少しだけ感動的に盛り上げても良かったんじゃないかなあと思ったりしました。

 

 

大げさな感動はかえって興ざめだと思うんですけど、あの再会の仕方はあっさり過ぎたんじゃないかなあ、と。

 

トニーがキャプテンにシールドを渡すシーンは、彼らしくて良かったですけどね(笑)

スティーブ: Tony, I don’t know…

トニー: Why? He made it for you. Plus, honestly I have to get it out the garage before Morgan takes it sledding.

スティーブ: Thank you, Tony.

トニー: Will you keep that a little quietly? Didn’t bring one for the whole team.

…これって、社内で特別仲いい人にそっとお土産渡す時に良くあるシーンですね(笑)

あと、ロケットとグルートの再会は、もっとしっかり描いて欲しかったです(T_T)

ロケット: You think you’re the only one who lost people? What do you think we’re doing here? I lost the only family I ever had. Quill, Groot, Drax, the chick with the antenna, all gone.

 

上記、ロケットのセリフにはジーンとしました。

いつもひねくれてるのに、GotGの仲間を素直に「ファミリー」と。

 

それでもマンティスと素直に言わないところがロケットらしいですけどね(^-^;

 

スターロードやドラックスとの再会は描かれなくても、グルートとの再会を喜ぶシーンは見たかったですね。。

 

『インフィニティウォー』でグルートが消える時に言った、最後の「I am Groot.」は、「…dad.」だったと、ジェームズ・ガンが明かした時に、しばらく思い出しては涙出ちゃいましたから(T_T)

キャプテン・アメリカ

 

クリス・エヴァンスが好きな私は、どうしてもキャプテン贔屓になってしまいます(^-^;

 

 

『エンドゲーム』のアベンジャーズが、キャプテンを中心として戦う形になったのは嬉しかったです(*^_^*)

 

ソーのムジョルニアを振り回して戦う姿は、これまで以上にカッコ良かったと思います(^-^)

 

キャプテン・アメリカは、その名の通り「アメリカの善の象徴」で、そして世界の理想的なリーダー。

 

『エンドゲーム』で死んじゃうんじゃないかと予想されてましたが、死なずにいてくれて良かったです(T_T)

 

トニー: Mr. Rogers, I almost forgot that that suit did nothing for your ass.

スティーブ: No one asked you to look, Tony.

ラング: I think you look great, Cap. As far as I’m concerned, that’s America’s ass.

 

キャプテン、お尻もステキです(^-^;

 

スポンサーリンク

ロケット

 

キャプテン・アメリカ以上に好きなのが、ロケット

ひねくれた性格のキャラクターは大好きです(*^▽^*)


『エンドゲーム』はコミカルなシーンがいっぱいで、とっても楽しめました!

『インフィニティウォー』では、ドラックスのあのシーンくらいしか笑うところなかったので、今回は大笑いできて、なんだか安心しました。

 

特に、ロケットが関わるシーンのセリフは面白かったです(*^▽^*)

 

Who here hasn’t been to space? … You better not throw up on my ship.

この↑シーンで「あ、そうか。ナターシャたちは地球にしかいなかったのか」と改めて認識(笑)

なんか、誰もが宇宙に行ってたような気になってしまってました(^-^;

ここで、このセリフを入れたのは上手いですね!

 

スティーブ: Wait, are you talking about a time machine?

ラング: No, no of course not. Not a time machine, it’s more like a… time machine. Yeah I know it’s crazy.

ナターシャ: I get emails from a raccoon. So, nothing sounds crazy anymore.

神様(ソー)と一緒にいても驚かないのに、アライグマからメール来るとびっくりなのか(笑)

 

トニーとは、口の悪い者同士でもっと皮肉合戦して欲しかったです(・∀・)

 

トニー: What’s wrong with him?

ロケット: He’s pissed. Thinks he failed. Which, of course he did, but, you know, there’s a lot of that going around, ain’t there?

トニー: Honestly, at this exact second, I thought you were a Build-A-Bear.

ロケット: Maybe I am.

 

ちなみに「Build-A-Bear」って、こういうの↓らしいです。

もっと戦うシーンが見たかった

 

 

『エンドゲーム』は、アベンジャーズ・ファンには感涙の出来でしたが、スーパーヒーローものの集大成として、もっと戦うシーンが見たかったなあと思いました。

 

特に。ソーくん!

 

『インフィニティウォー』ではあんなにカッコ良かったのに~~

ロケットにも軽く見られてる↓し(笑)

 

ロケット: Move it or lose it, hairbag.

ソー: Well, here we are. Tree! Good to see you. Well… The As-Guardians of the Galaxy back together again.

 

アス・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”とか勝手に言ってますが…

 

「もしかして、ソーがガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3に出る?!」と、米メディアやファンの間でも噂されてますが、どうでしょうね。

 

なんだかんだで一番印象に残ったのは、ソーのビール腹だったかも。。

 

 

アベンジャーズ・オールスターズが熱唱!「ハートにファイア」ラスト感動!
アベンジャーズ・オールスターズが「ハートにファイア/We Didn't Start the Fire」を歌います~キャストの背景には過去のマーベル作品が!楽しいですよ♪…ラストで感動! ...
【アベンジャーズ/エンドゲーム】のキャストが絵本を読み聞かせ!サノスくんに負けたのはソーのせい?!
ジミー・キンメル司会のトークショー「Jimmy Kimmel Live!」今週は【アベンジャーズ/エンドゲーム】ウィーク!1夜目はクリス・エヴァンス、ラファロ、ヨハンソンにヘムズワースたちが「...

 

THE AVENGERSで英語が話せる本
KADOKAWA
Amazon.co.jp

 

ただ今、Netflixでクリス・エヴァンスの新作映画が配信中!

申し訳ありません。ページは削除されたか移動しています | 映画でbreak! オレ・モカ
映画と海外ドラマの紹介。Netflixとホラー映画多めです。

 

「エンドゲーム」セリフ参照:AVENGERS: ENDGAME (2019) QUOTESAVENGERS: ENDGAME MOVIE QUOTESAvengers: Endgame Best Quotes – ‘This is the fight of our lives.’

英語セリフは100%の正確さを保証するものではありません。あしからず。

 

タイトルとURLをコピーしました