【バッド・ジーニアス 危険な天才たち】映画を楽しむための予備知識

タイ映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』がついに日本に上陸します!タイの文化や生活の現状を把握してから見ると数倍楽しめると思います。タイ文字、貧富の差、タイ人の名前など、タイの実情をご紹介します。

カモコです(^▽^)o

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』…見たい!!

見たいけれど、私の地元には来ない(T_T)…いつものことですね(悲)

試写会などでこの映画を見た人のレビューを読んでると、「タイ映画初めて見た」とか、「タイってこうなのかな?」というようなコメントがたくさんあったので、これから見る人がタイ映画をもっと楽しめるように、タイの文化や現状をご紹介します。

(数年前タイに2年程いました)

まずは映画のご紹介から。

スポンサーリンク

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』作品情報

成績優秀なリンは奨学生として進学校に入学する。初めて友達になったグレースが、試験中に困っている様子をみて、リンはこっそりグレースに答えを教える。それを知ったグレースのボーイフレンドが、リンの頭脳を利用して”カンニングビジネス”を始める。高額の報酬欲しさにリンは金持ちの同級生たちを助けるが…。

予告動画

基本情報

●原題:ฉลาดเกมส์โกง
- 英題:Bad Genius
●監督:ナタウット・プーンピリヤ
●ジャンル:ドラマ、サスペンス
●上映時間:130分
●製作国:タイ
●タイ公開日:2017年5月3日
●日本公開日:2018年9月22日

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』登場人物

◆リン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)

家は貧しいが、成績優秀。奨学金を得てバンコクの名門校に入学。

映画の主役を張ったのは初めてのようですね。元々はモデルさんとか。2017年のアジアン・フィルム・アワードの最優秀新人賞を獲得したそうです。

◆グレース(イッサヤー・ホースワン)

リンの友人。お金持ちのお嬢様。

タイ映画「Siam Square」で主役を演じているようです。

◆パット(ティーラドン・スパパンピンヨー)

リンの彼氏。お金持ちのお坊ちゃま。

タイのテレビドラマで活躍している若手俳優のようです。映画の出演は今作が初めてとか。

◆バンク(チャーノン・サンティナトーンクン)

真面目で優秀な高校生。奨学金を受けている。

パット役の子と同じテレビドラマ「Hormones」に出演したようです。まだ新人ですね。

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
映画を楽しむための情報&豆知識

タイトル(原題)について

英語のタイトルは「Bad Genius」なんですが、タイ語の原題は「ฉลาดเกมส์โกงです。

です。と言っても、初めてタイ語を見た人には何なのかわかりませんよね(^^;)

この原題は、3つの単語からできています

ฉลาด … intelligent(利口な)

เกมส์ … game(ゲーム)

โกง … cheat(いかさま)

少しタイ語を勉強したので、今回は「ฉลาดเกมส์โกง」のどこまでが一単語かわかったけど、タイ語が長くなるとどこまでがひとつの言葉なのかわかりにくいです…(=_=)

タイ語はなかなか難しいです。

タイのアルファベット

リンが初めてグレースのカンニングを手伝った、テストのシーンで出てくるマークシート。(予告動画に出ます)

見れば想像つくとは思いますが、

ก → A

ข → B

ค → C

ง → D

です。

タイ文字は、母音と子音の合計が42文字あります。

そして、タイ文字(子音)の一覧表を「コーカイ」といいます。

参考と引用:タイ語のメモ帳

タイ文字は、文字が組み合わさると発音が変わる(声調や発音記号もある)ので、日本語のひらがなというより、英語のアルファベットに近いんです。

3,000バーツってどれくらい??

レートを調べてみたら、本日(2018年9月20日)の時点で、1バーツが3.47円ですね。

パットは1科目ごとに3,000バーツ払うと言ってるので、日本円で約10,396円となります。

まあ、日本人でも1科目に1万円は高いなあ、と思うでしょうけれど…

リンやバンクの立場の人なら3,000バーツは大金!!

庶民のお昼ご飯や晩ご飯は、1皿30~40バーツ(約104円)です。

これ↑は確か35バーツ…でもおいしい~♪値段は関係ない(*^^)食べたーい!

映画のチケットは、普通の席(座席指定)なら200~240バーツ(700~800円)。アイマックスなら確か400バーツくらいだった。

100バーツで見れる庶民用の映画館もあります。

私はタイの中流階級の人が住むようなアパートに住んでました。

1ヵ月の家賃が6,000バーツでした。これは広めの部屋でしたから、ちょっと高い方だったんです。

狭い部屋なら、1Kで4,000バーツ/月くらい(バンコクの場合)。

単身用ではないです。タイ人は普通一人暮らししません。ほとんどの人が、家族、友人、恋人など、とにかく誰かと2人以上で暮らします。

理由は…寂しいから、でしょうね(^^;)

タイの庶民の生活費を考えれば、1科目のみで3,000バーツはすごい稼ぎ!

逆に言えば、お金持ちはそれだけ払えるということですね。

広告

グレースって本名?(タイ人の名前)

リンの友人の名はグレース。

グレースって名前は欧米の名前じゃないの?ハーフなの?と思う人もいるでしょう。

タイ人は本名が長いので、みんなニックネームを使います

この映画の主役の女優の名前だって、チュティモン・ジョンジャルーンスックジン

長い(^^;)

この子に限らず、タイ人の名前はすごく長い。

そこで呼びやすいように、誰もがニックネームを持っているんです。本名を呼ぶことはほとんどありません。

ニックネームは、ソムさん、ノックさん、アッさんなどなど、とたんに短くなりますね。呼びやすい!

このニックネームは、子供が生まれた時に親がつけることが多いのですが、本名と何の関係もないものにしていいんです。

「これがいいな♪かわいいから♡」というくらいのノリで大丈夫です。

なので、グレースの親が「グレースって呼んだら欧米人みたいでカッコイイ~」と思えば、そうつけちゃっていいんです。

欧米人の名前をニックネームにしてるタイ人に会いましたが、みんなお金持ちっぽかったですね。

会社でもニックネームで呼び合います。

映画とは関係ない話ですが、タイ人はよく本名を変えます

気軽に変えます。最近ツイてないから縁起のいい名前にしよう、とか、もう何年も同じ名前だから、とか、本名を変えるのに対した理由はありません。

(ニックネームじゃないですよ、本名)

名前変えすぎて、3つ前の名前はなんだったかなーと自分で忘れる人も…(=_=)

タイの格差社会

リンとバンクは、バンコクに住む庶民です。

反対に、グレースとパットはお金持ちの子息。

この差は大きい。

日本にもお金持ちと庶民がいて、そこに差はあるけれど、日本の庶民は努力してチャンスを掴めばお金持ちになれる。

タイではそうはいかない。

格差社会というより、階級社会。

上下関係が厳しいし、貧富の差が大きい。その溝はそう簡単には埋められない。

お金持ちは大きな家に住んで、使用人や運転手を使い、買い物はバンコク中心部の高級ショッピングモール。海外旅行にだって行ける。

コーヒー飲むならスターバックス。1杯100バーツ。

何千バーツもする高級ブランドを着て、整形手術も受けるのです。

一方、庶民は狭いアパートに多人数で住んで、移動はバイク、買い物は市場。海外に行くなんて…夢のまた夢。

100バーツ(350円)のワンピースを着て、100バーツのサンダル履いて、20バーツのコーヒーを屋台で買うのです。

9割のタイ人が熱心な仏教徒とのこと。格差には宗教も絡んでるから簡単に差は縮まらないでしょうね。

色白はステータス

この映画の主役の女の子は庶民ですが、演じてるのは女優なので肌の色が白いです。

タイでは基本的に庶民以下は色が黒く、富裕層は色白です。

(インド系と中華系の違いでもあります)

庶民とお金持ちではまず日常生活が違います。

庶民の中でもちょっとお金があれば家にエアコンがあって、冷房を使うけど、扇風機だけしか持ってない人もいます。

通学、通勤、お出かけは、バスかバイク。

バイクタクシーを使ったり。

下の写真のように、オレンジ色のベストを着ている人たちがバイクタクシー。タイでよく利用しました♪

露店が並ぶ市場で買い物して、屋外の食堂で食事します。

熱帯の東南アジアで強い日差しに晒されて毎日汗だくです。

一方、お金持ちは、通学、通勤は運転手付きの高級車。(自分で運転する人もいますが)

通学もお出かけも、ドア・トゥ・ドアです。

買い物はエアコンの効いたショッピングモールの中。

食事もエアコンの効いたレストラン。

汗はほとんどかきません。

つまり、庶民は日に当たる時間が長く、金持ちは日に当たらないのです…

そのうえにお金持ちは高級スパに行き、美容整形に通い、美白もして入念なお肌のお手入れをするのです。

だから白い。

マイペンライ

お金持ちと大きな差があって悔しいだろうなあ、とか、悲しいだろうなあ、とか、日本人は思ってしまいますが、タイ人は基本的に「マイペンライ」で生きてます。

「マイペンライ」は、「気にしない」「大丈夫」という意味です。

何か失敗しても「マイペンライ」と言えば、その問題はそこで終わり。

嫌なことがあっても「マイペンライ」と言って、終わり。

自分が間違って、人に迷惑かけても(自分で)「マイペンライ」と言えば、それで終わり。

気にせず生きる!強く生きる!

(でも結構嫉妬深いんですよね…特に女性。人の悪口すっごく言うしね(^^;)実は気にしてると思う)

広告

「カー」は女性が使う言葉

これ、ずっと前にも書きましたが…

よくテレビで「コップンカー(ありがとう)」と男性が言ってるのを見ますが、最後の「カー」は女性が使う言葉です。

男性はカーではなく「カッ(プ)」をつけます。

「コップンカッ(プ)」という感じです。

同じく「サワッディーカー」は女性の言い方なので、男性は「サワッディーカッ(プ)」と言いましょう!

因みに「はい(YES)」は「チャイ」です。丁寧に言うなら(女性だと)「チャイカー」となります。

「いいえ(NO)」は「マイチャイ」。

映画の中に「チャイ」「マイチャイ」がたくさん出てくると思います。

せっかくなので、タイ語も聞き取ってみてください(^-^)

タイはおもしろーい!!

『バッド・ジーニアス』がこっちに映画がくれば、ぜひとも見たいけれど…たぶんレンタル待ちになります(T_T)

この映画を見て、タイに興味が出た方、ぜひ【すれ違いのダイアリーズ】を見てください♪

爽やかなタイ映画です。TSUTAYAでレンタルされてますよ(^^)

タイの生活に興味が出た方、バンコクに住んでみたい方は【バンコクでアパートを借りる】も合わせてどうぞ。

以前、タイ料理の「ヤムウンセン」をご紹介してます。タイ料理、作ってみませんか~?

タイ料理、自分で作ってみませんか?疲れた時はタイ料理がおすすめ!!タイのピリ辛春雨「ヤムウンセン」をご紹介します!レシピつきです~♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランキングに参加してます(^-^)

     にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

SNSでフォローする

広告

Scroll Up