受賞結果!2019英国アカデミー賞 -BAFTA- 受賞者&ノミネート作品・俳優一覧

2月11日早朝(日本時間)第72回英国アカデミー賞(BAFTA)が開催されました!受賞者・受賞作品をアップしました。ノミネート作品のあらすじ、キャストや予告動画もご紹介しています。

広告



カモコです(^▽^)o

本日、2月11日早朝(日本時間)英国アカデミー賞(BAFTA)が開催されました!

先月アップしていたノミネート作品・俳優の一覧に受賞者・作品を追記しています(*^▽^*)

作品のあらすじや予告動画も少しご紹介します。

スポンサーリンク

2019年 BAFTA 受賞者と受賞作品

作品賞  受賞「ROMA/ローマ」

ブラック・クランズマン

原題:BlacKkKlansman
監督:スパイク・リー
製作国:アメリカ
あらすじ:

1979年、街で唯一採用された黒人刑事が白人至上主義の過激派団体<KKK>(クー・クラックス・クラン)に入団し、悪事を暴くという大胆不敵なノンフィクション小説を映像化。 公式サイトより

キャスト:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、他

日本公開日:2019年3月22日

女王陛下のお気に入り

原題:The Favourite
監督:ヨルゴス・ランティモス
製作国:アイルランド、イギリス、アメリカ
あらすじ:

18世紀初頭のイングランドの人々は、パイナップルを食べることとアヒルレースに夢中になっていた。体の弱いアン女王(オリヴィア・コールマン)の身の回りの世話をする幼なじみのレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)が、権力を掌握していた。ある日、宮中に新入りの召使いアビゲイル(エマ・ストーン)がやって来る。 引用:シネマトゥデイ

キャスト:オリヴィア・コールマン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズ、他

日本公開日:2019年2月15日

グリーンブック(原題)

原題:Green Book
監督:ピーター・ファレリー
製作国:アメリカ
あらすじ:

1962年。天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系用心棒を雇い、〔黒人専用ガイドブック<グリーンブック>〕を頼りに、あえて差別の色濃い南部へコンサート・ツアーへ繰り出す。旅の終わりに待ち受ける奇跡とは? まさかの実話! 引用:公式サイト

キャスト:ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、他

日本公開日:2019年3月1日

★ROMA/ローマ *受賞*

原題:Roma
監督:アルフォンソ・キュアロン
製作国:メキシコ、アメリカ

キャスト:ヤリッツァ・アパリシオ、マリーナ・デ・タビラ、他

日本公開日:2018年12月14日(Netflix)

あらすじ:内容については、ブログ記事をご参照ください

2019年アカデミー賞監督賞、外国語映画賞、撮影賞受賞!!アルフォンソ・キュアロン監督作品『ROMA/ローマ』家政婦クレオとベレス家の人々の、信頼と絆の物語。あらすじ、登場人物、監督紹介とネタバレあり感想。

アリー/スター誕生

原題:A Star Is Born
監督:ブラッドリー・クーパー
製作国:アメリカ

キャスト:レディ・ガガ、ブラッドリー・クーパー、サム・エリオット、他

日本公開日:2018年12月21日

英国作品賞  受賞「女王陛下のお気に入り」

制作国がイギリスの映画に贈られる賞です。

ビースト(原題)

原題:Beast
監督:マイケル・ピアース

キャスト:ジョニー・フリン、ジェシー・バックリー、他

日本公開日:未公開

ボヘミアン・ラプソディ

原題:Bohemian Rhapsody
監督:ブライアン・シンガー

キャスト:ラミ・マレック、ルーシー・ボイントン、他

日本公開日:2018年11月9日

★女王陛下のお気に入り *受賞*

原題:The Favourite

※作品賞に同じ

マックイーン(原題)

原題:McQueen
監督:イアン・ボノート

キャスト:アレキサンダー・マックイーン、イザベラ・ブロウ、他

日本公開日:2019年4月

スタン&オリー(原題)

原題:Stan & Ollie
監督:ジョン・S・ベアード
あらすじ:

ハリウッドの映画創成期を支えたアメリカの伝説的お笑いコンビ「ローレル&ハーディ」の晩年を、「ナイト ミュージアム」シリーズのスティーブ・クーガンと「シカゴ」のジョン・C・ライリーのW主演で描いた伝記ドラマ。2人組コメディアンのパイオニアとして100本以上の作品に出演し、共に人生を歩んできた2人が、人生の晩年に差し掛かって改めて互いへの愛や演じることの大切さに気づいていく姿を描き出す。 引用:映画.com

キャスト:スティーブ・クーガン、ジョン・C・ライリー、他

日本公開日:2019年4月

ビューティフル・デイ

原題:You Were Never Really Here
監督:リン・ラムジー

キャスト:ホアキン・フェニックス、ジュディス・ロバーツ、他

日本公開日:2018年6月1日

ビューティフル・デイ(字幕版)
Amazon.com Int'l Sales, Inc.

監督賞  受賞:アルフォンソ・キュアロン

スパイク・リー(Spike Lee)

ブラック・クランズマン

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

パヴェウ・パヴリコフスキ(Paweł Pawlikowski)

Cold War

日本公開日:未公開

ヨルゴス・ランティモス(Yorgos Lanthimos)

女王陛下のお気に入り

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

★アルフォンソ・キュアロン(Alfonso Cuaron)*受賞*

ROMA/ローマ

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

ブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)

アリー/スター誕生

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

主演男優賞  受賞:ラミ・マレック

ブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)

アリー/スター誕生

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

アリー/スター誕生 サウンドトラック
レディー・ガガ, ブラッドリー・クーパー
Amazon.co.jp

クリスチャン・ベール(Christian Bale)

バイス
原題:VICE
監督:アダム・マッケイ

あらすじ:

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のスタッフ&キャストが再結集し、ジョージ・W・ブッシュ政権でアメリカ史上最も権力を持った副大統領と言われたディック・チェイニーを描いた社会派エンタテインメントドラマ。 引用:映画.com

日本公開日:2019年4月5日

★ラミ・マレック(Rami Malek)*受賞*

ボヘミアン・ラプソディ

※詳細は上記「英国作品賞」をご参照ください

「ボヘミアン・ラプソディー」の記事はこちらをどうぞ。

映画を見に行ったというより、コンサート会場に行ったような感覚がした…映画『ボヘミアン・ラプソディ』の感想と、キャスト紹介、そしてクイーンの楽曲が使用された映画の紹介です。

スティーブ・クーガン(Steve Coogan)

スタン&オリー(原題)

※詳細は上記「英国作品賞」をご参照ください

ヴィゴ・モーテンセン(Viggo Mortensen)

グリーンブック

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

主演女優賞  受賞:オリヴィア・コールマン

グレン・クローズ(Glenn Close)

天才作家の妻 40年目の真実

原題:The Wife
監督:ビョルン・ルンゲ

あらすじ:

現代文学の巨匠ジョゼフがノーベル文学賞を授与されることになり、ジョゼフと妻のジョーンは息子を伴い、ノーベル賞の授賞式が行われるストックホルムを訪れる。しかし、そこでジョゼフの経歴に疑いを抱く記者ナサニエルと出会い、夫婦の秘密について問いただされる。実は若い頃から文才に恵まれていたジョーンは、あることがきっかけで作家になることをあきらめた過去があった。そしてジョゼフと結婚後、ジョーンは夫の影となり、世界的作家となる彼の成功を支えてきたのだが……。 引用:映画.com

日本公開:2019年1月26日

レディ・ガガ(Lady Gaga)

アリー/スター誕生

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

メリッサ・マッカーシー(Melissa McCarthy)

Can You Ever Forgive Me?

監督:マリエル・ヘラー

日本公開:未定

★オリヴィア・コールマン(Olivia Colman)*受賞*

女王陛下のお気に入り

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

ヴィオラ・デイヴィス(Viola Davis)

妻たちの落とし前

監督:スティーヴ・マックイーン

あらすじ:

1983年にイギリスで放送されたミニシリーズを原作に、米シカゴで銀行強盗に失敗して命を落とした4人の犯罪者の残された妻たちが、亡き夫たちのやり残した仕事を完遂するためチームを結成し、運命に立ち向かっていく姿を描く。 引用:映画.com

日本公開:2019年4月

助演男優賞  受賞:マハーシャラ・アリ

アダム・ドライバー(Adam Driver)

ブラック・クランズマン

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

★マハーシャラ・アリ(Mahershala Ali)*受賞*

グリーンブック

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

リチャード・E・グラント(Richard E. Grant)

Can You Ever Forgive Me?

※詳細は上記「主演女優賞」をご参照ください

サム・ロックウェル(Sam Rockwell)

バイス

※詳細は上記「主演男優賞」をご参照ください

ティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet)

ビューティフル・ボーイ

監督:フェリックス・バン・ヒュルーニンゲン

あらすじ:

「フォックスキャッチャー」のスティーブ・カレルと「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメが父子を演じ、父デビッドとドラッグ依存症だった息子ニックがそれぞれの視点から描いた2冊のノンフィクションを原作に、家族の愛と再生を描いたドラマ。 引用:映画.com

日本公開:2019年4月

助演女優賞  受賞:レイチェル・ワイズ

エイミー・アダムス(Amy Adams)

バイス

※詳細は上記「主演男優賞」をご参照ください

クレア・フォイ(Claire Foy)

ファースト・マン

監督:デイミアン・チャゼル

日本公開:2019年2月8日

エマ・ストーン(Emma Stone)

女王陛下のお気に入り

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

マーゴット・ロビー(Margot Robbie)

ふたりの女王 メアリーとエリザベス

監督:ジョージ・ルーク

あらすじ:

16歳でフランス王妃となりながら、フランス王フランソワ2世崩御により18歳で未亡人となったメアリーは、故郷のスコットランドに帰国する。メアリーは再び王位の座に就くが、当時のスコットランドは女王エリザベス1世の支配下にあった。イングランド王位の継承権を主張し、エリザベスの権力を脅かす存在となりながら、再婚すらままならないメアリー。恋愛と結婚を経験し、美しいメアリーに複雑な感情を抱いているエリザベス。互いに複雑な感情を抱くと同時に、互いに魅了されていく2人は、男性社会の中で孤軍奮闘する女性として戦っていく。 引用:映画.com

日本公開:2019年3月15日

★レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)*受賞*

女王陛下のお気に入り

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

外国語作品賞  受賞『ROMA/ローマ』

レバノン「Capernaum」

監督:Nadine Labaki

COLD WAR

監督:パヴェウ・パヴリコフスキ

※詳細は上記「監督賞」をご参照ください

DOGMAN

監督:マッテオ・ガローネ

★ROMA/ローマ *受賞*

監督:アルフォンソ・キュアロン

※詳細は上記「作品賞」をご参照ください

万引き家族

監督:是枝裕和

万引き家族 豪華版Blu-ray(特典なし)
ポニーキャニオン
Amazon.co.jp

アニメ映画賞  受賞「スパイダーマン」

インクレディブル・ファミリー

(Incredibles 2)

犬ヶ島

(Isle of Dogs)

★スパイダーマン:スパイダーバース*受賞*

(Spider-Man: Into The Spider-Verse)

EEライジング・スター賞

バリー・コーガン/Barry Keoghan

シンシア・エリボ/Cynthia Erivo

ジェシー・バックリー/Jessie Buckley

ラキース・スタンフィールド/Lakeith Stanfield

★レティーシャ・ライト/Letitia Wright 受賞!

私のイチ押し、レティーシャ・ライトが受賞しました(*^▽^*)!!

【ブラックパンサー】のシュリ役で大ブレイクしているレティーシャ・ライト。次回出演作は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。シュリの魅力とレティーシャ・ライトの出演作をご紹介します。最後にワカンダ仲間についてのおまけあり。

次回の出演作にも期待してます!

スポンサーリンク

やっぱり『ROMA/ローマ』、強い!アカデミー賞の受賞は間違いなさそうです。

ラミちゃんの受賞がすばらしい!アカデミー賞主演男優賞も獲得できるでしょうか…??

BAFTAは、『女王陛下のお気に入り』を高評価してますね!

エマは残念でしたが、大好きなレイチェル・ワイズの受賞はうれしい!

そして新人賞でレティーシャが評価されたのもうれしいです(*^▽^*)

みなさん、おめでとうございました!!

次はアカデミー賞授賞式ですね!

7日(日本時間)に開催された、ゴールデン・グローブ賞の記事はこちら↓です。

第76回ゴールデン・グローブ賞、映画部門の受賞結果です!作品の紹介や予告動画もつけています。
第76回ゴールデン・グローブ賞「テレビ部門」の受賞結果です。ノミネート作品と俳優の一覧、作品紹介や予告動画も。

トップへ戻る
error: Content is protected !!