バンコクでタクシーを利用するー日本と違ってやることいっぱい!(バンコク思い出話その1)

海外情報
バンコクでタクシーを捕まえる時はどうしたらいい?行先はどうやって教える?支払いは?-バンコクで暮らした時にタクシーを利用して良かったこと、困ったこと、トラブったことなど、私の体験をお話します。

 

カモコです(^▽^)o

バンコクは日本人の海外旅行先として人気ですね!

市内には「ぜひとも行きたい観光名所」、「おいしいタイ料理の店」、「安く買い物できるショッピングモール」など、楽しめる場所がたくさんあります!

たくさんあるのは良いけれど、移動はどうしたらいいのか気になりますよね。

バンコク中心部の移動は「BTS(高架鉄道)」か、「MRT(地下鉄)」が使えますが、少し離れた場所に行くには「タクシー」を利用する方が便利です。

バンコクでタクシーを利用した時の良かったことや困ったことなど、私の経験をお話しします。

スポンサーリンク

バンコクでタクシーを利用するには

 

慣れない海外で、行きたい場所に移動するにはタクシーを利用するのが簡単です。

しかし、国が違えばなんとやら。

日本でタクシーを使うときと同じようにしていれば、後で大変なことになるかも…。

バンコクのタクシーは、ぼったくりで有名です。

特に旅行者はカモにされやすいので気を付けましょう。

私自身の体験をもとに、バンコクでタクシーを利用する時の注意点などお話します。

 

まずはタクシーを止めよう。

 

バンコクでタクシーを止める時。

日本と同じように手を挙げても、普通止まってくれます。

でも、現地の人たちの止め方はちょっと違うんです。

現地の人も手を振ってタクシーを止めますが、手の位置は下のイラストの赤矢印の位置なんです。

日本だったらもっと高く手をあげますよね(^^;)

実際はイラストより心持ち高めの位置です。道路側に斜めに手を出して、ひらひらと振ります

もしくは人差し指を突き出します。(←これは女性に多いみたいでした)

 

タクシーの止め方はあまり細かく気にしなくていいです。

タクシーの方をじーっと見ていれば、「乗りたいんだな」とわかってもらえるので(^-^)

 

スポンサーリンク

タクシーに乗る前に。

タクシーの色は、ピンクにオレンジに青に、と派手な色ばかり。私は黄色と緑のタクシーがなんとなく好きでした(^-^)

 

タクシーが自分の近くに寄って止まったら、自分でドアを開けてくださいね。

日本のタクシーみたいに自動でドアは開きませんので(^-^;

 

そして、タクシーに乗る前に、まずドアを開けて運転手に行先と料金を確認しましょう。

 

バンコクのタクシーの運転手は自分で行き先を調べたりしません。

行きたい場所への行き方を知らない時は断られます。

 

最悪の場合、行き方知らないのに走って、ぜんぜん違う場所に連れて行かれます。これはよくあることなのでほんとに注意です。

 

日本語はもちろん、英語がわからない運転手が多いので、タイ語で話しましょう。カタコトで大丈夫です。

 

例えば、「王宮へ行ってもらえますか?」だと

パイ ワット・プラケオ ダイマイ クラップ」(←女性の最後は「カー」)

という感じです。

「行く(パイ) 王宮(ワット・プラケオ) できる(ダイマイ)?という感じですね。カタコトのタイ語です。

 

運転手の返事が「メダーイ!」だったら、「ああ、この人行き方知らないんだな」と思って別のタクシーを当たりましょう。「メダイ」は「できません」です。

 

ダイ クラップ」と言ったら、「行けますよ」です。

 

次に、一番肝心なことを尋ねます。

「いくらですか?」と、事前に値段を聞いておきます。

タイ語では「タオライ クラップ(またはカー)?」です。

 

ぼったくり被害を防ぐためには、先に値段を聞くことが肝心です。

 

運転手はタイ語で数字を言うと思いますが、数字くらいなら英語でも言える人が多いので、念のため指でも数を示しながら、念を押しましょう。

 

問題は、料金を言われても、それが納得のいく金額なのか、ふっかけられているのか、観光客ではわからないことです…でも、料金確認をしておけば、「この人からはぼったくることができないな」と思わせることができると思います。

 

「旅の指さし会話帳」これが便利ですよ。

 

観光客に人気のショッピングモール「ターミナル21」がアソーク(Asok)にありますが、そこの1階にタクシー乗り場があります。

ここには係員の人がいて、ぼったくりタクシーを追い払っていました。

 

写真の、ドアが開いている青いタクシーがいるところです。

 

それでも獲物を狙ってぼったくりタクシーが来るんですよ…そんなタクシーは運転手の人相が悪い!嫌な顔つきで「(その場所まで)200バーツ!」とか言ってきます。40バーツで行ける範囲なのに。

ぼったくりタクシーが来たら、手で追い払ってください。

乗る気がないとわかれば、さっさと行ってしまいます。

 

タクシーが動き出したら。

 

タクシー料金でトラブらないようにするためには、メーターの確認が必要です!

これはほんとに大事!

 

タクシーが動き出したらすぐにメーターを見て、動いているか確認しましょう。

 

そして、「この運転手、メーター使ってないな」とわかったら、指を差して「メーター!」と言いましょう!

 

そう言えば、普通はすぐにメーター動かしてくれます。

万一そこでごちゃごちゃ言い出したりしたら、すぐ降りましょう。

 

まだバンコク滞在が間もない頃、職場の人とある場所まで移動し、着いた時「いくら払える?」と言われました。

「えっ?」と思ってメーター見たら動いてなかった…

運転手は、「ブロークン、ブロークン」とか言いながら機械を叩いてみせます…

アヤシイ。

でも、メーターに注意しなかった私たちも悪い(←ホントは悪くないですけどねぇ)。

その時は、別の場所に移動した時に支払った金額から考えて、「〇〇バーツでどう?」という感じで交渉しました。

 

スポンサーリンク

 

移動中も油断しない!

 

「ダイ クラップ!」(行けますよ~)と、運転手が言ったとしても、その運転手が自分だけでその場所へ行けるなんてことは滅多にありません。

バンコク市内の超有名観光スポットや、BTSの駅付近なら、まあ知らないことはないでしょうけれど。

 

タイのタクシーは、乗客が道案内するのは普通です。

「あの角を左へ」「まっすぐ」など、指示を出す必要があるんです。

これをやらないと、運転手さんも不安になります(笑)

 

私が住んでいた場所は、ソイ(通りのこと)の中央あたりにあったんです。ソイを進む途中で「まだまっすぐ」…「まだまだまっすぐ」…「もうちょっと先」…「あ、あそこだよ」と、時々運転手さんに話しかけないと不安に感じるようでした(^-^;

 

観光客の場合、目的地までの行き方なんてわかる訳がない、と言いたいところですが、それでも運転手まかせにするのは止めた方がいいです。

せめて、乗車中にスマホのグーグルマップを見て確認することをオススメします。タクシーが無駄に遠回りしていないか知ることもできますからね。

 

移動中、もし動きがアヤシイようだったら、すぐ降りて、別のタクシーに乗り換えましょう

 

タイ語の参考サイト;

子連れで海外生活@タイでマイペンライ

↑この方のブログがとても分かりやすいです。おすすめ!

タイスマイル

アメージング・バンコク

 

目的地に到着したら。

 

無事に目的地に到着したら、メーター通りの料金を支払います。

…なかには、メーターを改造して違法に料金が上がるように細工してる奴もいるそうですが…表示された料金が正当な金額なのか、ぼったくられているのか、バンコク在住でないとわかりません。。

 

チップとして20~30バーツくらい渡すのはいいですけど、チップはあげすぎないようにしましょう。

 

支払ったら、自分でドアを開けて、降りたらドアを閉めましょう

海外に慣れない人は、開けっ放しで行こうとするので、タクシー運転手に迷惑がられます(^-^;

タクシーのドアが自動開閉なのは日本くらいです。

 

降りる時は「コップンカー(またはコップンクラップ)」とか「サワッディーカー(またはサワッディークラップ)」と軽く挨拶すればOKです。

 

タクシー移動で気をつけることがもう一つ!

バンコクは、世界で最も渋滞が酷い場所です!

日本なら15分20分で移動できるところに、1時間以上かかることがあります!

タクシーに乗る前に、トイレ行っておいた方がいいですよ~

 

どれほど危ないのか?

 

ラッキーだったのか、私が利用したタクシーの運転手さんは良い人ばかりで酷いトラブルに巻き込まれたことはありませんでした。

 

上記でお話した、「メーター、ブロークン」のいいかげんな運転手以外に、道を遠回りした運転手や、まったく逆方向に走り出した運転手などがいましたが、特別悪質な人には出会いませんでしたね。

 

道を遠回りされた時、私は考え事をしていて進行方向をよく見てなかったんです。良く使う経路だったのに。この時は自分も悪かったと思い、メーターの料金を払いました。

 

違う方向に進んだり、遠回りしたりする運転手がいたら、日本では「プロなら道を知っていて当たり前」とクレーム入れたりできますが、そんな「日本の常識」は海外では通用しません

 

郷に入っては郷に従え」が大事です。

 

改めて思い返せば、私が乗ったタクシーの運転手さんたちは、感じのいい人が多かったです。

 

そうそう、タイでは客は助手席に乗りますよ。移動中に運転手さんと楽しくお話するのが普通らしいです(^-^)

 

ある時は、運転手が「ボクサー、ムエタイ、トウキョウ」と何度も話しかけてきましたねー。

彼は日本語でそれ以上のことが言えず、私はタイ語がわからず、「ボクサー、ムエタイ、トウキョウ」「ユー、ムエタイボクサー?トウキョウ?」「ボクサー、ムエタイ、トウキョウ」を道中二人で何度も繰り返しました(笑)

結局何が言いたいのかわからなかった…でも心は通いあった!はず。

 

時々、「イープン?(日本人?)」と聞いてくる運転手がいます。

ニコニコとそう聞いてくる人は、親日派みたいでした。

 

ある運転手さんは、私が日本人だとわかると「上を向いて歩こう」を気分よく歌ってくれました(^-^)

でも歌えたのは「上を向いて歩こう♪思い出す春の日♪」だけだったので、目的地に到着するまでその部分を十数回リピートされて、半ば拷問のようでした…(笑)

 

スーツケース持ち込んだら丁寧に降ろしてくれたり、1バーツ単位でちゃんとお釣りを返してくれたり、感じの良い運転手さんがたくさんいました

 

しかし。悪質なタクシー運転手も結構います。

 

観光客が多い、サイアム(SIAM)やアソーク(ASOK)、日本人の多いトンロー(THONGLOR)でタクシーに乗ると、最初から高額な金額をふっかけて来るヤツがいます!

 

一度、サイアムでタクシー捕まえて、「王宮までいくら?」と聞いたら「200バーツ!」とふっかけてきました(-_-メ)

日本人なら200バーツなんて安いもんだと思っちゃいますが、バンコクでは高すぎます。

 

正確に覚えてませんが、サイアムから王宮まで行くのに60~80バーツだと思います。

 

高額の料金を要求するようなタクシーには乗らない方がいいです。乗った後、もっと悪いことが起こるかもしれません。

 

タクシー運転手の言い値で払わない!方がいいんですけど、例外もあります。

 

危険を避けるためには、言われた通りに払うことも必要です。

 

タクシーの運転手の中には銃やナイフを持っている人もいるし、を飲んでる人もいるし、ドラッグをやってる人もいるからです。

そんな連中と言い争うのはかなり危険です。

 

…こう言うと「バンコクなんか行かない(;゚Д゚)」、と思われそうですが、こんな危険な運転手に出会うのは稀ですよ。

バンコク中心部を明るい時間に移動するなら、普通は問題ありません。

(少額のぼったくりは何時でも時間は関係ないけど)

 

もし、夜遅くにタクシーを利用することがあれば、よく注意した方がいいですね。

私の友人(タイ人と結婚)も、「運転手の中には銃を持ってる人がいるから、ケンカして撃たれるよりは何百バーツか払った方がいい」と話してました。

 

飲酒運転は多いようです。ドラッグも。

タイは麻薬の取り締まりが厳しい。けれど簡単に手に入れることができる所でもあり、薬物常用者がたくさんいます。

 

高額な料金をふっかけられたり、因縁をつけられたりすれば反撃したくなりますけど、もし相手の様子が普通じゃないと感じたら、できるだけ早くその場を離れるようにしましょう

 

最後に怖い話になっちゃいましたけど、こういうことはタイだけで起こることではありません。

他の国でも似たようなことが起こります。ほとんどの外国は、危険度が日本より高い。

 

海外で油断は禁物です。

 

旅を良い想い出にするためには危険回避が必須です。

浮かれた気持ちでいると、大変な目に遭うことも…

海外旅行中の自分の身は自分で守りましょう!

タイトルとURLをコピーしました