【ボンディング~男と女の事情~】女王様お気に入りはM召使。

Netflixオリジナル

【ネタバレ感想-ボンディング~男と女の事情~】想像以上の過激な内容にビックリ!見てはイケナイ世界を覗いてみませんか…?Netflixドラマシリーズあらすじ、キャスト紹介とネタバレあり感想。子供は見ちゃダメ!

 

カモコです(^▽^)o

Netflix『ボンディング~男と女の事情~』は、大人のための×××なコメディ♡

早速2話見てみました!おもしろいです~( *´艸`)

かなり過激なので、見る時は周りに注意!

まずは1話のストーリー、登場人物の紹介と、1&2話の感想です。

スポンサーリンク

作品情報

 

 

ジャンル:コメディ、ドラマ
原題:Bonding : Season 1
監督・脚本・制作:ライトル・ドイル
製作国:アメリカ
Netflix配信開始日:2019年4月24日
話数:7話

 

あらすじ

 

夜。

ピートが地下へ続く通路のドアを叩くと、アヤシゲな女が顔を出す。

その女はピートの手を引いて、一番奥の部屋へと案内した。

 

おそるおそるピートがドアを開けると…

 

まっピンクの部屋の中に、真っ黒なボンデージ衣装に身を包んだティフが立っていた!

 

アヤシイ照明に照らされた壁には過激な小道具が並んでいる。

 

驚くピートに、「私の部屋へようこそ」とティフが微笑んだ。

 

ピートはティフに呼び出されたのだった。

仕事の片づけ係兼ボディガードをして欲しいと言うのだ。

 

まさかそんな仕事だったとは思わなかったピートはとまどうが、ティフの「私の稼ぎの2割払う」という言葉で腹をくくった。

 

そしてピートが着替えていると…客がドアを叩く音が…

 

ドアを開けようとするティフに、ピートが「ティフ」と声をかけると、「メイ女王よ!」と睨まれた。

 

それから部屋の照明が真っ赤に変わり、ドアの向こうからSMの覆面をした男が荒い息を吐いて…

 

登場人物/キャスト

 

◆ティフ・チェスター(ゾーイ・レヴィン)

大学院生。女王様がオシゴト。ピートを雇う。

◆ピート(ブレンダン・スキャネル)

ティフの友人。ゲイ。”職場”ではカーター。

◆ダグ(マイカ・ストック)

ティフのクラスメイト。

◆ロルフ(マシュー・ウィルカス)

メイ女王様の召使い。実は雇い主。

◆フレッド(チャールズ・グールド)

メイ女王様の常連客。

◆ジョシュ(テオ・ストックマン)

(2話)ピートに電話番号を渡した男。

◆ダフネ(ダーシー・カーデン)

(2話)夫のためにメイ女王様に相談。

 

スポンサーリンク

『ボンディング~男と女の事情~』感想(ネタバレなし)

画像引用:BONDiNG | Official Trailer © Netflix

 

 

過激すぎてビックリ(;・∀・)!

見てはイケナイ、知っちゃイケナイ大人の世界がネットフリックスに。

 

このドラマシリーズ、ジャンルに”コメディ”とあったので、『オースティン・パワーズ』くらいの内容かなと予想してたんです。

そういうシーンは笑いでぼかすのかと。

 

それが全然違ってて、結構見せてきます(;・∀・)

これは絶対18禁

 

…なんですが、やたら過激なだけじゃない!

『ボンディング~』は、可笑しくて楽しいドラマですよ( *´艸`)

登場人物もストーリーも面白い~♪

おすすめです!(ただし18歳以上で)

 

主人公はお金に困っているコメディアン志望のピートと、女王様をやってるティフ

 

ピートはカフェで働いてますが、収入が足りないので、ティフの手伝いを(びくびくしながら)引き受けます。

 

しかし、その”バイト”はピートの予想以上に過激すぎ

 

ピートがどんな目にあったか知りたい人は、今すぐ『ボンディング~男と女の事情~』をチェック!!

 

『ボンディング~男と女の事情~』は全7話

1話:旧交と偽名

2話:シャイなピート

3話:よみがえる過去

4話:ときにはガツンと

5話:ダブルデート

6話:ペンギン

7話:森の中へ

 

タイトルだけだと普通のドラマに見えますね(笑)

 

各話13分~17分と短いので、チャチャっと見れますよ。

 

メイ女王様の世界にハマっちゃったら、リピートしたくなるかもね(ΦωΦ)

 

スポンサーリンク

ネタバレあり感想

以下ネタバレあります。視聴後にご覧ください。

 

 

昨日まで『ラブ、デス+ロボット』がNetflixオリジナルで一番過激だと思ってましたが。

 

そうそう、他に『カムガール』もありましたね。

【カムガール】ローラ、大人の動画で荒稼ぎ。
Netflix映画『カムガール』。アダルトサイトの人気ランキングで上位を狙うローラだったが、ある日ローラにそっくりな誰かにサイトを乗っ取られてしまう。『カムガール』のネタバレあり感想とおすすめ...

 

「Netflixで一番過激」の座は奪われました。

『ラブ、デス+ロボット』なんて、お子様の見る寓話ですわ。

 

 

『ボンディング』は、「そこまでやるのか…そこまで言うのか!」と、悪ノリにビックリしちゃいました!

 

でも、ただの過激なSMドラマじゃないんですよ。

 

個性的な登場人物が面白くて、見ハマります(・∀・)

 

主人公ふたりがサドで稼ぎ、脇役のマゾたちが喜びもだえるなんて、そんないかがわしい(笑)ストーリーなんですが、実は変態的に見えて、結構哲学的なことを語っていたりするんです。

 

こういう気の利いた笑いは大好きですね(・∀・)おもしろい。

 

ロルフ!

 

メイ女王様(ティフ)に虐められるMの召使、と思ったら、あの黒マスクの男(上半身裸+短パン+首輪)の方がメイを雇っているんですね(;・∀・)

 

彼はロルフ

 

コーヒーを口元に運んだメイ女王様に熱すぎる!」とバシャッとコーヒー浴びせられる。

 

画像引用:BONDiNG | Official Trailer © Netflix

 

ロルフ嬉しそう(;・∀・)

 

熱湯かけられたり、蹴られたりするために雇ってるんですもんねえ(;・∀・)

 

ピート

 

ゲイのピート。

 

カフェで働いているけど、それだけじゃお金が足りないから、ついティフの誘いに乗ってしまいました。

 

ピンクの泥沼に片足つっこんでしまい、もう後戻りできないですね(;・∀・)

 

そんなピートはコメディアンを目指してます?!

これは意外でした。

でも、まだまだステージに上がって芸を披露するのが怖いみたいです。

 

女王様のアシスタントの方が向いてるのかも(・∀・)

 

フレッド~

 

フレッドは、「日差しを浴びるレーズン」で「プ××クティ×で消えるニキビ」。

 

夜道を真正面から歩いて来るフレッドは、すれ違いざまにメイ女王様に目隠しをかけられ、縛り上げられて車のトランクに放り込まれる…

 

うれしそう( *´艸`)

 

トランクの中で「メイ女王様」と恍惚に震えるフレッドに、「話していいと言ったかしら?」と女王様。

 

うれしそう( *´艸`)

 

フレッドを笑ってたカーターは、もっと罵って欲しいと頼むフレッドのおかげでだんだん調子が出てきました。

 

スポンサーリンク

 

ティフ=メイ女王様

 

ティフは、お金の為に女王様の仕事をしてるみたいですが、彼女なりに仕事にプライドをっ持ってやっているようです。

 

大学院では心理学を勉強していて、

「男たちは社会の束縛から私の元へ逃げて来る。性的な家父長制が死ねば性差別はなくなる」

と、男性心理や性差別についてピートに語ります。

 

女王様をやっているのも、人間観察のためなんでしょうか。

 

ティフが言うように、女王様は娼婦ではありませんからね。

メイ女王様のお仕置きのおかげで日頃のストレスが解消されてる人もいるわけだから、人の役に立つ仕事、と言えないこともないのかも?

 

ディープな世界

 

2話の後半では、上品なダフネという女性が、「夫のために」とメイ女王様に相談に来ていました。

 

2話では詳しいことはわからなかったけど…ご主人を解放するために必要なのかな?

 

人間は複雑ですからね。SM行為にも深い事情や愛があるのかも。

 

程度によりますけどね。もちろん無理やりはいけません。

 

そして、2話のラストでは、カーターがさらにディープな世界に足を突っ込んでしまってます。

 

水を飲んでハッピーバースデー♪

(これはちょっと引いちゃった。。)

 

放〇やそれ以上に過激な世界はさすがにムリです(>_<)

 

ピートが働くカフェにいた客が、

「〇〇〇は「持ち家」で住宅ローンを組んで庭を作る…」と話してましたが…ちょっと意味がわかりませんでした(;・∀・)

 

怖いのでわからなくていいです(汗。

 

3話以降はもっと過激になるのかな…(;゚Д゚)

 

キャスト

 

ゾーイ・レヴィン

 

メイ女王様のゾーイ・レヴィンは、ジェームズ・フランコ主演の映画『パロアルト・ストーリー』に出演しています。

新作の出演は、こちらもジェームズ・フランコが主演し、監督する新作映画『The Long Home(原題)』です。

これから注目の女優さんですね(^-^)

パロアルト・ストーリー [DVD]
ポニーキャニオン

 

監督

 

『ボンディング~』は、ライトル・ドイルの初監督/プロデューサーを務めた作品です。脚本も担当しています。

俳優としては、ビル・ヘイダー主演のドラマシリーズ『バリー』(ニック役)や、映画『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』や『トゥルー・ストーリー』などに出演しています。ただし、映画の出演は今のところチョイ役のみみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました