NETFLIX【カーゴ】荒廃した世界で希望を求めて前進する父

マーティン・フリーマン主演の『カーゴ』。ゾンビウイルスが蔓延するオーストラリアでウィルスに感染してしまったアンディ。次第にゾンビと化しながら我が子のために前進する。妻を、娘を愛するアンディの気持ちに心を揺さぶられます。ネットフリックス・オリジナルの『カーゴ』のご紹介です。

カモコです(^▽^)o

マーティン・フリーマン主演の『カーゴ/Cargo』が、ついにネットフリックスで配信開始となりました!!

スポンサーリンク

『カーゴ』

カーゴ』は、いわゆる”ゾンビ・アポカリプス”ものでもありますが、この映画はホラーではなく、ドラマです。

いつゾンビに襲われるかと人々が怯えて暮らす世界で、大事な娘を守ろうと危険を承知で大地を進む父親に焦点があてられています。

Netflix「カーゴ」

主演はマーティン・フリーマン。『キャプテンアメリカ/シビルウォー』や『ブラックパンサー』の出演が続き、さらに人気が上昇してますね(^-^)

ストーリー

恐ろしい感染症により荒廃したオーストラリアで、幼い愛娘を守るべく見渡す限りの荒野を懸命に歩き続ける男。だが、彼の体もまたウィルスにむしばまれていた…。

Netflix: カーゴ

基本情報

●原題:Cargo
●監督:ベン・ホーリング、ヨランダ・ラムケ
●ジャンル:ホラー、サバイバル、ドラマ
●上映時間:105分
●製作国:オーストラリア
●公開日:2018年5月18日(ネットフリックス配信)

登場人物

アンディ(マーティン・フリーマン)

Netflix「カーゴ」

ケイ(スージー・ポーター)

ボートハウスでオーストラリアの川を移動する夫婦。ロージーという1歳の娘がいる。

トゥミ(シモン・ランダース)

Netflix「カーゴ」

アボリジニーの少女。父がゾンビ化している。アンディを助ける。

レイニー(カレン・ピストリアス)

Netflix「カーゴ」

ヴィックの妻。アンディはロージーを預けようとするが…

ヴィック(アンソニー・ヘイズ)

Netflix「カーゴ」

ロージーを連れてさまようアンディを迎え入れる。粗暴な男。

もともとはショートフィルムだった

ベン・ホーリングとヨランダ・ラムケが、ショートフィルムの『Cargo』を製作し、2013年に発表しました。今回のNetflixの映画は、そのショートフィルムを長編にしたものです。

こちら↓がそのショートフィルムです。

(この動画を見ると、映画の結末がわかってしまいます。あしからず)

7分間という短さながら、我が子のためにできるだけのことをする父親の、深い愛情が伝わってきます。

このショートフィルムを見て感動した多くの映画ファンが、当時から長編にして欲しいと願っていました。

前半の詳しいストーリー

アンディとケイの夫婦には、まだ赤ん坊のロージーという娘がいます。

一家はボートハウスに住み、オーストラリアの川を流れています。

オーストラリア各地には得体のしれないウィルスが蔓延し、そのウィルスに感染するとゾンビになってしまいます。そして人間を襲うようになります。

食料が残り少なくなり、ケイは近くの小さな町に行ってみようと提案しますが、アンディは軍事基地を目指していて、そこへ着くまでは危険な陸地には上がりたくないと言います。

ある日、アンディは難破したヨットを見つけ、ヨットの中の食料を持ち帰ります。

ヨットで見つけたワインボトルをプレゼントされたケイは、お返しを探そうと、アンディに黙って自分もヨットに入ります。

そしてケイはヨットに隠れていたゾンビに噛まれてしまいます。

ケイの傷は深く、例えウィルスに感染していなくても、できるだけ早く治療する必要がありました。

そこでアンディは、ケイが提案した近くの小さな村へ病院を探しに行くことを決意します。

場面は変わり、アボリジニーの少女スーミが、地面の穴の中にいる何かにエサを投げ入れます。中に何がいるかは見えません。

アンディとケイは、ロージーを連れて陸へ上がり、放置された車を見つけました。

ケイは自分の体の異変に気付き、二人を襲うかもしれないから一緒に行けないと言いますが、アンディは諦めません。

オーストラリアの大地をあてもなく車を走らせるアンディ。

突然、車の前に人がフラフラと飛び出し、アンディは避けられず、木に突っ込んでしまいます。

その事故でケイのお腹に太い木の枝が突き刺さってしまいました。そしてアンディは気を失います。

目が覚めると、ロージーが泣いていて、ケイが血で「Save her(娘を頼みます)」と書いているのが目に入りました。

驚いたアンディがケイの顔を見ると、ケイの顔が溶けています。

危険を感じたアンディが後部座席のロージーを引き寄せようと、腕を伸ばしたところで、急にケイが襲いかかってきて、腕を噛まれてしまいます。

『カーゴ』を見た感想

※ネタバレはありません

ゾンビウィルスに感染すると48時間で完全にゾンビ化するので、アンディはそれまでに娘を託すことができる人と安全な場所を探そうとします。

アボリジニー族(オーストラリア原住民)の女の子トゥミは、父親がゾンビ化していて、その父が人間に殺されないようにかくまっています。

娘がゾンビの犠牲にならないように守る父と、父がゾンビと化しても守る娘、正反対の状況にいる2人は、次第にお互いを信頼するようになります。

ショートフィルムを見れば、結末までわかってしまうので、最後どうなるのか予想はついていましたが、

やはり涙なしには見ることができませんでした(T_T)

Netflix「カーゴ」

『カーゴ』は、ありきたりのゾンビ映画ではなく、我が子への親の愛と、子の親への愛の物語です。

ゾンビがフラフラと歩き回ったり、人を襲ったり、生き物を生で食べたりするシーンはありますが、ゾンビはあくまでも脇役なので、恐ろしいシーンはほとんどありません。

自分が間もなく人間でなくなることを知りながら、希望を捨てず、娘のために信念で行動する父親。

絶望的な世界で、人間らしさを失わない、強く、賢く、勇敢な娘。

”父”のアンディと、”娘”のトゥミの、勇気と愛が、この映画の中心です。

アンディは、ゾンビと戦うヒーローではなく、最後まで”普通の父”として行動します。

マーティン・フリーマンの演技が素晴らしいです。

オーストラリアの自然も美しいし、登場するアボリジニーの人々も美しい。

とても切ない物語です。

ネットフリックスに加入していないと見ることができませんが、おススメです。

ぜひ見てください(*^^*)

貯めて使える。便利でお得な楽天スーパーポイントで楽しさアップ!

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランキングに参加してます(^-^)

     にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

SNSでフォローする

広告

Scroll Up