NETFLIX【記憶の夜】韓国スリラー映画…開けてはいけない扉の向こう側

韓国スリラー映画『記憶の夜』誘拐された兄の不審な行動。引っ越した家の開かずの間。繰り返し見る映像は、悪夢か、それとも…

韓国スリラー映画『記憶の夜』紹介!

カモコです(^▽^)o

Netflixオリジナルの韓国スリラー映画『記憶の夜』をご紹介します。

どんでん返しがあって、とても面白かったです!

『記憶の夜』韓国スリラー

「思い出せない?」

「覚えてないんだ」

「”覚えてない”か…」

殺せ

ぐっしょりと汗をかいて目を覚ましたジンソク。

車の中には父、母、兄が乗っている。

「悪い夢でも見たか?」と笑う父。

「引っ越しが楽しみでゆうべ寝付けなかったんだろ」とからかう兄。

晴れ渡る空。車は海岸沿いを走り抜け、引っ越し先へ向かう。

基本情報

原題:기억의밤(Forgotton)
監督:チャン・ハンジュン
ジャンル:サスペンス、スリラー
製作国:韓国
Netflix配信開始日:2018年2月21日

登場人物

◆ジンソク/カン・ハヌル(下の写真右)

兄を尊敬するジンソクは二浪の浪人。神経症を患っているため、薬を服用している。

© Netflix

◆ユソク/キム・ムヨル(上の写真左)

秀才で有名大学を卒業した兄、ユソクは、スポーツも万能の人気者。酒もタバコも好まない。非の打ち所がない好青年。一年前の交通事故で負傷し、左足を引きずって歩く。

◆兄弟の父/ムン・ソングン

優しい父親。前の住人に頼まれ、一部屋を閉め切っている。

◆兄弟の母/ナ・ヨンヒ

家庭的な母。悪夢を見たジンソクを心配する。

あらすじ(ネタバレなし)

※前半のネタバレは少しあります。

© Netflix

兄弟は父と母と共に、丘の上の大きな洋館に引っ越す。

荷物を片付けていると、兄・ユソクが「僕たちは同室だよ」とジンソクに告げる。

向かい側の部屋には、前の住人の荷物が置いてあるからだ。

夕食時に、「あの部屋には入るな。絶対に覗くなと頼まれている」と話す父。

頼まれたという父は、部屋の中に何があるのか知らないと言う。

気になるジンソク。

そんな時、誰もいないはずの部屋から奇妙な音が…

© Netflix

見てはいけない、入ってはいけないと言われても、何か怪しい。。

訝しむジンソクだが、家族は心配するなと言う。

突然兄が誘拐される!その後、ジンソクの周りで奇妙な事が

ある夜、ユソクに誘われたジンソクは雨の中外へ出る。

電話で父に頼みごとをされたユソクは、ジンソクの側を離れる。

そこへ突然数人の男が現れ、ユソクを無理やり車に乗せて走り去る

19日後に兄が戻ってきたが、誘拐された後の記憶が全くない。医師に「解離性健忘」と診断される。

笑顔で帰宅した兄だが、その後の行動がおかしい

© Netflix

寝ているジンソクの目に向かってシャープペンシルの芯を繰り出すユソク

夜中に外出するユソクの後をつけたジンソクは、足を引きずらず、タバコを吸い、怪しい男たちと荒い言葉で会話する兄の姿を目撃する。

兄の様子がおかしいと、母に打ち明けたジンソクだが、

母の様子もおかしい

次第に判明する真相…点と点が繋がってゆく

中盤からアヤシイことが連続して起こり、色んな展開を想像させます。

後半、兄や家族の奇行の理由が明らかになりますが、その後も驚きの展開が続きます!

最後の最後まで、目が離せない!!

『記憶の夜』は、これまでに見た”おすすめどんでん返しスリラー映画”の一本となりました。

しかも、ただハラハラさせるだけでなく、クライマックスは涙なしには見れません。。。(T_T)

こういう泣かせる展開は、アメリカ映画よりアジア映画の方が上手ですよね。

一緒に見た母も納得の一本でした!

この映画、100%おすすめです!!

ぜひともご覧ください(*^▽^*)

ハンカチ用意して見た方がいいかも。。

スポンサーリンク

トップへ戻る