スポンサーリンク

8人に大金を贈ったのは誰?【善きサムからの贈り物】Netflix映画感想

NETFLIX

Netflixオリジナル映画【善きサムからの贈り物】NYに住む8人に10万ドルの現金を贈った謎の男の正体は?チャンネル12のレポーター、ケイトが真相をレポートする!あらすじ、登場人物・キャスト紹介と感想(ネタバレあり)。

スポンサーリンク

カモコです(^▽^)o

5月16日新着の、Netflix映画『善きサムからの贈り物』のあらすじや感想です。

 

POINT 心温まるストーリー
 女性レポーターが謎の男の正体を追う展開が面白い
人の善意とは何か考えさせられる

謎の出来事の真相を追うレポーターを、ティヤ・シルカーが演じています。

 

『善きサムからの贈り物』作品情報

 

予告動画

 

 

ジャンル:ヒューマンドラマ
原題:Good Sam
監督:ケイト・メルヴィル
時間:89分
製作国:アメリカ
Netflix配信開始日:2019年5月16日

 

あらすじ

 

 

ケイトは放送局チャンネル12のレポーター。

カメラマンのジョシュと共に危険な現場から迫力あるニュースを届けている。

 

ある日、ブルックリンの倉庫火災を、現場間近でリポートしたケイトは、局の上層部から危険すぎると咎められる。

 

ケイトは災害現場のリポートを禁じられてしまった。

 

その代わりに担当するように言われたのは、”善きサマリア人”から袋を受け取った女性のインタビューだった。

 

サウス・ブロンクスに住むクリスティーナの家の玄関に、10万ドルもの現金が入った袋が置かれていたのだ。

 

ケイトのインタビューを受けたクリスティーナは”奇跡”だと言うが、ケイトは何の見返りもなしに親切にする人なんていないと、贈り主の目的を疑う。

 

その後も次々に10万ドルの入った袋を受け取った人が現れる。

 

贈り主は本当に”善きサマリア人”なのか?

 

それとも何か企んでいるのか?

 

感想(ネタバレなし)

画像引用:Good Sam | Official Trailer © Netflix

※この部分にはネタバレはありません

 

見終わった後に気分が良くなるおすすめ映画です!

 

主人公のケイトは、勇敢でやる気あふれる女性レポーターです。

 

しかし、やりすぎてしまうところがあり、危険な火災現場に近づきすぎたことを上司から注意されて、災害の取材からはずされてしまいます。

 

迫力に満ちたニュースを視聴者に届けたいとがんばっていたのに、地味な話題を担当するように言われ、凹むケイト

 

上司のデヴィッドに指示された通りに、袋を受け取った人のインタビューを遂行してもまだ気乗りのしないケイトでしたが、2人目の受取人の状況を知ってから、10万ドルの贈り主の真意を探ることに興味が出始めます。

 

その後も、10万ドル入りの袋を受け取った人が次々に名乗り出てきます。

 

匿名で、他人に大金を贈るなんて、きっと生活に困っている人を助けたい裕福な人の仕業だろうと思うところですが、2番目の受取人は医者として成功した女性で、お金には全く困っていないのです。

 

一連の出来事にはきっと隠された謎があるに違いないと確信したケイトは、だんだん取材に力が入っていきます。

 

というのも、ケイトは、見返りなしに善行を行う人なんていないと思っているからです。

贈り主に疑いの目を向けながら取材を続けていきます。

 

そうするうちに、「私が贈り主です」と有名になりたいだけのニセモノが名乗り出て、ケイトの疑念はますます深まります。

 

10万ドルは善意から贈られたのか?

それとも何か魂胆があってのことか?

 

この映画、ストーリーが軽快に進み、登場人物の印象が良くて、とても楽しめました(^-^)

 

気軽に見れるヒューマンドラマですが、ケイトに近づく2人の男性もその出来事に絡んできて、ちょっとした謎解きのように展開するのも面白いです。

 

”コメディ”と書いてありましたが、微笑ましいシーンはあっても、あははと笑うほどのコミカルなシーンはなかったです。

 

『善きサムからの贈り物』は、心温まるストーリー

ネットフリックスおすすめの1本です(^-^)

 

※ネタバレ感想は「登場人物」の下にあります

 

登場人物

 

◆ケイト・ブラッドリー(ティヤ・シルカー)

チャンネル12の女性レポーター。

◆ジョシュ(Jesse Camacho)

ケイトに同行するカメラマン。

◆デヴィッド(Mark Camacho)

ケイトの上司。

◆エリック・ヘイズ(チャド・コネル)

ケイトが取材した火災現場で活躍した消防士。

◆ジャック・ハンセン(マルコ・グラッツィーニ)

ケイトの父が紹介したビジネスマン。

◆アショク・ブラッドリー(イヴァン・スミス)

ケイトの父。政治家。

 

…デヴィッドとジョシュを演じた俳優さんは本当の親子なんですね(^-^)

 

※以下、ネタバレを含んでいます

 

〈ネタバレあり〉感想

画像引用:Good Sam | Official Trailer © Netflix

 

以下ネタバレあります。視聴後にご覧ください。

 

気軽に見れる映画ながらも、善行について考えさせられました

 

主演のティヤ・シルカーは、オーウェン・ウィルソン主演の『インターンシップ』に出てた女の子ですね!

この映画でティヤ・シルカーの魅力にハマりました。笑顔の素敵な女優さんです(*^_^*)

 

善きサマリア人(good Samaritan)”は、聖書(福音書)に出てくる、「善きサマリア人の例え」に由来しています。

見返りを求めずに困った人を助ける人のことです。

 

合計8人の一般人に贈られた10万ドル入りの袋。

受取人は、一人を除き、お金に困っている人ばかりでした。

匿名の贈り主からだったので、それは”善きサマリア人”に違いない、と噂されたわけです。

 

…なんて、謎めいた展開ですが…エリックが出てきた時点で「やったのは彼だな」とわかってしまいますよね(^-^;

だって、それっぽいから(笑)

 

ただし、エリックの動機がラストまで明かされないので、そこが楽しめました。

 

そして、もう一人の男。ケイトのお父さんが紹介した、ジャック・ハンセン

 

彼も、出てきた時点で、「コイツちょっと怪しい!」と思ってしまいますよね。

成功したビジネスマンで、ハンサムで、その上誠実そうに振舞うなんて、絶対おかしい!…(笑)

 

予想通り、ジャックは「善きサマリア人の正体は…僕だ」とケイトに明かしました。

ところが、受取人に会わせてみると、なんだか様子がおかしい…

 

その後”半分”嘘をついていたことが判明(-_-)

 

ジャックの動機は売名行為でした。

選挙に出るから…とは、またわかりやすい男です(;・∀・)

 

売名行為はまあいいとして、お金を贈っていない4人にも「自分が贈った」と話すのは詐欺ですよねー。

(だけどこの程度のことはアメリカの選挙ではよくあること…)

 

ケイトに近づいたのも、議員のお父さんの力を借りて当選したかったからでしょう(-_-メ)

 

お金をもらって喜んでいた人たちが、選挙に当選するための売名行為だったと知ったら…気持ちよく受け取ることはできませんよね。

 

しかし、お母さんの医療費がどうしても必要なシルビアは、お金をもらっておいてもいいのでは、と思ってしまいます。

 

シルビアも彼女のお父さんも、売名のために嘘つきがくれたお金だったと聞けば、返したくなってしまうかもしれません。

 

ほとんどの人は、行為以上に真意を重視します。

大金を贈った人のことを知れば、贈られたことの真意がわかれば、受け取らないことを選ぶ人も出てきます。

 

だけど匿名なら受け取りやすくなる。

誰だかわからなければ、それはきっと神様みたいな存在だと信じることができるんですよね。

本当に困っている私に手を差し伸べてくれた人がいると、うれしくなる人もいるでしょう。

 

中にはケイトみたいに「犯罪に使われたお金かも…」と疑う人もいるでしょうけれど(^-^;

 

”サム”の動機

 

エリックが大金を贈った動機は納得のいくものでした。

 

ある日ボートの事故で死んだ兄パトリックと、その事故で入った保険金。

 

兄の死に責任を感じているエリックは、お金を受け取る気にも、使う気にもなれませんでした。

 

自分が使う代わりに兄が世話になった人たちに匿名で贈ろうというのは、いい考えですね。

 

エリックは、兄が誕生日にボートをプレゼントしようとしていたと知っただけで十分だったのです。

 

袋に「」の字を入れる必要はなかったのでは…と最初思ったんですが、「このお金はパトリックからだよ」と無言のメッセージを込めたのかもしれませんね。

 

でも8を見てジェシーが気づきそうですよね…。

 

つながる善意

 

この映画は『ペイ・フォワード』を思い出させました。

ペイ・フォワード(字幕版)
Amazon.com Int'l Sales, Inc.

主演のひとりが犯罪者になり少し価値が落ちましたが(悲)、いい映画です。

 

『ペイ・フォワード』は、自分が受けた善意を別の人に繋いでいくという、善意のチェーンです。

 

『善きサムからの贈り物』でも、サムの善意が次に繋がったとケイトがリポートしました。

(ジャックの嘘もバッチリ報道してくれました!)

 

パトリックの愛がエリックに繋がり、エリックがそれをクリスティーナたちに繋げ、クリスティーナたちは次の人たちへと繋ぎました。

 

善意のパワーは繋がりを生みます。

普段、どうしても悲しいニュースが目立ってしまいますが、実は世の中には善行もあふれています。

善意が自分に繋がれたら、そこで止めずに次に繋げていくといいですね(*^_^*)

 

ケイトがかわいい

 

ラストでケイトはエリックに、ステキな望遠鏡をもらいます。

兄の事故以来ボートに乗っていなかったエリックでしたが、ケイトに癒され、再び海に出る気になったようです(*^_^*)

天国にいるパトリックも喜んでいるでしょう!

 

ケイトもまたエリックから学びました。

善行をなすのに見返りを求めない人もいるのです(^-^)

 

そして、新たな”善きサマリア人”が現れたことを知ったケイトは、ジャーナリストとしての使命に燃え、取材対象を追いかけていきました(^-^;

 

この映画の一番の見どころは、奔走するケイトの姿だと思います。

 

やる気にあふれ、納得いくまで仕事をする彼女の姿がかわいかったです(^-^)

 

それから人の好さそうなカメラマンのジョシュに好感が持てました

彼にはもっと活躍して欲しかったなあ…

 

さて、新たな善きサマリア人は、善人か?それとも裏があるのか…?

続きが気になりますね(^-^;

 

タイトルとURLをコピーしました