2018年No.1のホラー映画【ヘレディタリー/継承】見どころ紹介。ネタバレなし

”21世紀最高のホラー映画”と米公開後に絶賛された『ヘレディタリー/継承』。グラハム家が継承したものとは?チャーリーやピーターを待ち受ける忌まわしい宿命とは?!『ヘレディタリー/継承』の見どころ、あらすじ、登場人物/キャスト紹介です。ネタバレなし。

スポンサーリンク

怖い!ホラー映画『ヘレディタリー/継承』紹介!

カモコです(^▽^)o

いよいよ明日、11月30日公開のホラー映画『ヘレディタリー/継承』。

今年1月のサンダンス映画祭でお披露目された時から、”21世紀最高のホラー映画と絶賛され、6月の一般公開後も高評価を得た作品です。

最初に予告動画が公開された時から「見たい(>_<)!」と強く希望したのですが、私が住む地方の小さな映画館での上映は期待できず(やはり明日からの上映なしです)…アメリカからDVDを取り寄せて見ちゃいました(^^;)

なので、ラストまで見た上に、もう3回も見てしまいましたが、まだ見てない人の楽しみを奪わないように、ネタバレなしでの見どころ紹介と感想です。

ネタバレありの感想や考察記事はこちら↓

『ヘレディタリー/継承』ネタバレあり感想と考察!驚愕のラストシーンの意味は?あの人形の秘密、あの写真の秘密を解説!

ただし、映画を見てからにしてくださいね(^-^)

『ヘレディタリー/継承』作品情報

© A24

予告動画

基本情報

原題:Hereditary
監督:アリ・アスター
脚本:アリ・アスター
ジャンル:ホラー
上映時間:127分
製作国:アメリカ
アメリカ公開日:2018年6月8日
日本公開日:2018年11月30日

登場人物/キャスト

◆アニー・グラハム(トニ・コレット) 

ミニチュア模型アーティスト。母を亡くした後、死別カウンセリングに参加する。

© A24

◆ピーター・グラハム(アレックス・ウルフ) 

アニーの息子。16才。母との間に確執がある。

© A24

◆チャーリー・グラハム(ミリー・シャピロ) 

アニーの娘。13才。友達がおらず、人形作りが趣味。口の中で舌を鳴らす癖がある。

© A24

◆スティーヴ・グラハム(ガブリエル・バーン) 

アニーの夫。医者。精神が不安定なアニーを心配する。

© A24

◆エレン・グラハム

アニーの母。チャーリーをかわいがっていた。

©A24

◆ジョーン(アン・ダウド) 

アニーが死別カウンセリングに参加した時に知り合う女性。子供や孫を亡くしている。

©A24

監督紹介:アリ・アスター

アリ・アスター監督は、ショートフィルムを手掛けていた監督で、『ヘレディタリー/継承』が初の長編映画です。

新作の『Midsommarでは脚本と監督を務めます。この新作には、フローレンス・ピューやウィル・ポールターが出演します。これもホラー映画です…製作途中で公開日未定。期待大ですね(^-^)

『ヘレディタリー/継承』あらすじ

アニーの母、エレンが亡くなった。エレンには秘密が多く、葬儀にはアニーが知らない参列者が多かった。

母を亡くしたことで喪失感を感じたアニーは、身近な人を亡くした人のためのグループカウンセリングに参加し、ジョーンと知り合う。

後日、息子のピーターが、友人宅のパーティーに参加したいので車を貸して欲しいとアニーに相談してきた。アニーは、半ば強制的に、妹のチャーリーも連れて行かせる。

スポンサーリンク

パーティーにはたくさんの同級生が参加していた。前から気になっている女の子と一緒にいたいピーターは、チャーリーから目を離す。

その後に起こる、ある悲劇を発端に、グラハム家全員に想像を絶する惨劇が起こる…。代々、グラハム家には隠された秘密があったのだ…。

『ヘレディタリー/継承』見どころ紹介。ここを見逃すな!(ネタバレなし)

21世紀最高のホラー映画と称賛された『ヘレディタリー/継承』。いよいよ日本公開ですね!

最初に書いた通り、地方に住む私には、『ヘレディタリー』がレンタル待ちになってしまうこと確実だったので、アメリカからDVDを輸入し、ハロウィンの日(10月31日)に、お先に見てしまいました(^^;)

取り寄せて見て良かった!日本公開後に、映画ファンの感想や意見が飛び交うこと間違いなし!レンタルが出る頃には、内容がわかっちゃって面白くなくなってますからね…(いつもそんな目に遭ってるんですよ…地方の小さな映画館じゃ、公開される映画は限られてますからね)

もう3回も見ちゃいましたが、明日以降、映画館で見ることを楽しみにしている人たちのために、この記事にはネタバレは書きません

ネタバレは見ないで映画館に行くのが一番です!!

そして、驚いてください!恐怖に震えてください…

ネタバレなしの見どころ紹介

この映画の怖さは、登場人物の表情や挙動にあります。殺人鬼やモンスターが、わーっと出てきて追い掛け回すようなホラー映画と違い、登場人物が感じる得体の知れない恐怖が、観客にじわりじわりと伝わってきます。彼らが焦ると、見ている私たちも焦りを感じます。そして、彼らが感情の無い表情をすると、禍々しい何かをヒヤリと感じるのです…

スポンサーリンク

それから、違和感。劇中、違和感を感じるシーンがちょこちょこ挟まれています。そんなシーンは伏線なので、画面をしっかり見てくださいね。映画の中に、ラストの恐怖につながるヒントがちらちらと出てきますので、小さな文字や形を見逃さないように気をつけてください。

アニーたちのセリフにも要注意です!クライマックスで起こる怖ろしい出来事のヒントがセリフの中にいっぱいです。

© A24

ヒント!

ペンダント、死別カウンセリンググループ、きらめき、電柱、ミニチュアハウス。。。

アメリカ版の予告動画紹介

A24がアップしているアメリカ版の予告動画が何種類かあるんですが、その中から2つご紹介します。

日本語版と同じところもありますが、日本語版にないシーンが入ってますよ~

Hereditary | Meet the Graham Family | A24

Hereditary | Instructions | A24

キャスト紹介

『ヘレディタリー/継承』のグラハム一家を演じる俳優をご紹介します(^-^)

ピーター役、アレックス・ウルフ

ニューヨーク州マンハッタン生まれのアレックスは、6歳で映画デビュー。

最近の出演作は、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。主人公のスペンサー役でした(スペンサーは、ジュマンジ世界では、ドウェイン・ジョンソン演じるスモルダー・ブレイブストーン博士になります)

兄のナット・ウルフも俳優で、ナットはNetflixオリジナル作品の『デスノート』で主役を務めています。

チャーリー役、ミリー・シャピロ

ミリー・シャピロは、テレビ番組やショートフィルムに出演した経験がありますが、長編映画への出演は、『ヘレディタリー/継承』が初めて。

2002年生まれなので、今16歳ですね。

『ヘレディタリー~』では無表情なチャーリー役ですが、素顔はとってもかわいい女の子です。

スティーヴ役、ガブリエル・バーン

ガブリエル・バーンはキャリアのある俳優で、たくさんの良作に出演しています。

代表作を一つ選ぶなら、やっぱり、『ユージュアル・サスペクツ』でしょうね…

Netflixオリジナル作品の『マニアック』に、ジョナ・ヒル演じるオーウェンの父親役で出演していますよ。

ユージュアル・サスペクツ
ユージュアル・サスペクツ (字幕版)
¥ 199
Amazon.com Int'l Sales, Inc.

アニー役、トニ・コレット

トニ・コレット…大好きな女優さんなんです~♪『ヘレディタリー』も、トニ・コレットが主演と聞いて、見たくなったんですよね(^-^)

トニを初めて見たのは、ヒュー・グラント主演の『アバウト・ア・ボーイ』を見た時!今ではすっかり大人になりましたが、少年だったニコラス・ホルトのお母さん役でした。とっても個性的なお母さんでした(アニーには負けるけれど)

アバウト・ア・ボーイ
アバウト・ア・ボーイ [Blu-ray]
ワーナーホームビデオ
Check on Amazon

トニの出演作で一番好きなのが、『リトル・ミス・サンシャイン』!オリーブのお母さん役です。この映画、大好き~(*^▽^*)

そして『イン・ハー・シューズ』も好きな作品です。トニはキャメロン・ディアスのお姉さん役です。

イン・ハー・シューズ

トニはキャメロン・ディアスの姉で真面目なキャリアウーマン役なんです。

イン・ハー・シューズ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,057
OFF: 12%
¥ 1,800
通販の三国屋

『ヘレディタリー~』では、キャスト全員暗~い表情ですが、普段はとっても明るい人たちです。

真ん中が、アリ・アスター監督。これからのご活躍に期待大!

良質なホラー映画です!おすすめします!

ホラー映画と言っても、ホラーにも種類があります。

人が無残に殺されるもの、モンスターが暴れまわるもの、オバケがじーっと呪うもの…いろいろありますよね。

『ヘレディタリー/継承』には、古典ホラーのような静かな恐怖もあれば、スプラッターホラーのような派手な残酷シーンもあります。全体的には暗く、重いんですが、どこか明るいです…

えっ、今ので終わり?と肩透かしを食らったかと思えば、怖くて体が固まるようなシーンもあり。

色んなホラーの要素が入っているけれど、きれいにまとめられています。

面白いですよ(*^^*)

怖い映画が苦手な人にはおすすめしませんが、映画ファン必見だと思います!

私は、この映画を見た後、クライマックスでトニ・コレットが〇を〇り〇とすシーンの悪夢を見てしまいました…怖かった~

ネタバレありの感想や考察記事はこちら↓

『ヘレディタリー/継承』ネタバレあり感想と考察!驚愕のラストシーンの意味は?あの人形の秘密、あの写真の秘密を解説!

ただし、映画を見てからにしてくださいね(^-^)

こちら↓の記事もどうぞ♪

2018年アメリカ公開のホラー映画ランキング

【2018年アメリカ公開のホラー/スリラー映画47+3本!】です!今年アメリカで公開されたホラー/スリラー映画47本と公開予定の3本の、合計50本をご紹介します!今後の鑑賞・視聴のご参考に。

ホラー、スリラー映画好きにおすすめ!スティーヴン・キング原作の映画!

これまでにご紹介したスティーヴン・キング原作の映画のまとめです。『シャイニング』『ミザリー』『イット』などなど、スティーヴン・キングの世界を紹介!

Netflixオリジナル・ホラー/スリラー作品のおすすめリスト

NETFLIXオリジナル作品の個人的なランキングです。「ホラー/スリラー/ミステリー」のジャンルから選びました。おすすめポイントとともにご紹介します。
スポンサーリンク
トップへ戻る