【Mr.&Mrs. スパイ】アイラ・フィッシャーとガリフィアナキスのスパイコメディ!

『ワンダーウーマン』のガル・ガドットと、『ベイビー・ドライバー』のジョン・ハムが、カッコいいスパイ夫婦を演じる!

カモコです(^▽^)o

Mr.&Mrs. スパイ』はビデオスルーだったんですね。。。去年、アメリカでポスターを見て、ずっと気になってたんですけど、ようやく見ることができました!

ストーリー

郊外の住宅地で妻のカレンと子供たちとともに暮らすジェフの隣に、ティムとナタリーのジョーンズ夫妻が引っ越してくる。ジェフは夫妻を歓迎するが、カレンは近所のパーティーでのティムの挙動を不審に思い、あまりにもゴージャスでパーフェクトな彼らに疑念を抱く。偶然、ティムからの贈り物の中に盗聴器を見つけたジェフとカレンは、夫妻の留守中にジョーンズ宅に忍び込むが、そこで驚愕の事実を知るのだった――!

引用:20世紀フォックス Mr.&Mrs. スパイ

基本情報

原題:Keeping Up with the Joneses
監督:グレッグ・モットーラ
キャスト:
 ガル・ガドット
 ジョン・ハム
 ザック・ガリフィアナキス
 アイラ・フィッシャー
 他
ジャンル:コメディ
上映時間:105分
製作国:アメリカ
アメリカ公開日:2016年10月21日
日本公開日:ビデオスルー

スポンサーリンク

登場人物

◆ジェフ・ギャフニー(ザック・ガリフィアナキス)

お人好しのジェフ。妻を大事にする良い夫。

© TM & © 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

◆カレン・ギャフニー(アイラ・フィッシャー)

明るい女性。隣に引っ越してきたジョーンズ夫婦を怪しむ。

◆ナタリー・ジョーンズ(ガル・ガドット)

美しい容姿のナタリー。自分をアヤシイと思うカレンをうまく取り込む。

© TM & © 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

◆ティム・ジョーンズ(ジョン・ハム)

深夜にジェフの職場に侵入し、ジェフのメールを確認する。

ガリフィアナキス

人のいい人事担当者を演じた、ザック・ガリフィアナキス。今でも彼の名字が覚えられない(;・∀・)

© TM & © 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

彼を最初に見たのは、「ハングオーバー」です。

「ハングオーバー」は下品すぎて嫌いなタイプの映画なので、これまた(下品すぎる)ザック・ガリフィアナキスは嫌いでした。

ところが、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でみせた彼の演技は素晴らしかった!!すっかり見直しました!!

今回、彼が演じたジェフは、とても気のいい人です。このザック・ガリフィアナキスも好きです(*^-^*)

ガル・ガドット

ガル・ガドットはこの映画でもカッコイイ!!

戦闘用のボディスーツ姿も、ボディコン(って今でも言うのか??)のドレス姿も素敵です(*^-^*)

ナタリーとティムについて、ガル・ガドットは以下のように分析しています。

I think she loves being a spy. I think that’s the problem they have in their relationship: she’s so into this world and he’s not, he doesn’t like the lies, he doesn’t like playing the act, making pretend. She’s all about the adrenaline, the mission, she loves it. She’s a real spy.

引用:Gal Gadot Anxious to Take Her Shot at Comedy in ‘Keeping Up with the Joneses’

「ナタリーはスパイをやってることが好きだと思う。それがティムとナタリーの問題なのよ。ナタリーはスパイ業にどっぷり浸かってるけど、ティムは違う。ティムは嘘をつくのは嫌、演技するのも嫌、フリや見せかけも嫌い。ナタリーは、アドレナリンとミッションが全て。彼女はそれが大好きなの。ナタリーは真のスパイね。」

© TM & © 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

ジョン・ハム

「ベイビー・ドライバー」のバディ役でもカッコよかったんですが、この映画のジョン・ハムは、本当にカッコイイ~(≧◇≦)

この映画、ずっとジョン・ハムばかり見てました~

ザック・ガリフィアナキスとジョン・ハムは、この映画のずっと前から親しい友人同士とのこと。以下はザックのコメントです。

You know, I’ve known Jon, I’ve known Jon before Jon was truly Jon Hamm, and he’s a comedy guy. He’s really funny, you know. A lot of leading type guys like that, they don’t have humor. they think they do, but they don’t.

It’s almost unfair that he can do both.

引用:Why Jon Hamm ‘Infuriated’ Zach Galifianakis Shooting Keeping Up With The Joneses

「僕は、ジョンが”ジョン・ハム”になる以前から知ってるんだ。彼は面白いヤツさ。本当に愉快なヤツだよ。普通、彼みたいなリーダータイプは、実際はユーモアなんか持っちゃあいない。ヤツらはユーモアがあると思い込んでるけど、違うね。

ジョンはユーモアもリーダーシップも持ち合わせてる。フェアじゃないよ。

カッコイイうえにユーモアにあふれ、リーダーシップもあるなんて!

すっかりジョン・ハムの虜です(*”▽”)

感想

この映画、面白いといえば、面白い。。。けれど、フツー。

特にオススメの映画ではありませんが、アクション・コメディが好きであれば、なかなか楽しめると思います。のんびりできる休日に、気軽に見ればいいんじゃないでしょうか。

もしくは、コメディ映画はイマイチでも、ジョン・ハムがタイプなら、ガル・ガドットがタイプなら必見です!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランキングに参加してます(^-^)

     にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

SNSでフォローする

広告

Scroll Up