SFホラー【ナイトフライヤー】宇宙船に隠された秘密とは?

Netflix SF

NetflixのSFドラマシリーズ『ナイトフライヤー』。宇宙での惨劇はなぜ起こったのか?1話のあらすじ、登場人物、キャスト紹介とネタバレあり感想です。

 

カモコです(^▽^)o

2月1日から配信されている、Netflixドラマシリーズ『ナイトフライヤー』1話の紹介と感想です。

滅びゆく人類を救う術を探すため、宇宙船『ナイトフライヤー』は、あるミッションを遂行しようと遠い宇宙へ旅立ちます。船には一人のテレパスが同行していますが、彼の力を恐れる乗組員たちは、船内で多発する危険な事故がテレパスの仕業だと疑います。

”L1”と呼ばれるテレパスの少年セールは、宇宙人とのコンタクトに成功するのか、それとも彼は人間の敵なのか…

 

スポンサーリンク

『ナイトフライヤー』作品情報

 

 

ジャンル:SF、スリラー
原題:Nightflyers
クリエイター:ジェフ・ブーラー
製作国:アメリカ
NETFLIX配信開始日:2019年2月1日
話数:10話

 

あらすじ

 

 

滅びゆく地球を救うため、宇宙船ナイトフライヤーは宇宙の未知の領域へと旅立つことになった。エリス船長は、天体物理学者のカールと精神科医のアガサとともに、”L1″と呼ばれるテレパスの少年セールを受け入れる。しかし、乗組員たちはL1を恐れ、カールやアガサを疎ましく思う。

 

いよいよナイトフライヤーが地球を離れるという時に、突然不具合が起こり、乗組員のひとりが大怪我をしてしまう。セールがわざと起こした事故に違いないと疑う乗組員たちの意見をアガサは否定するが、セールの態度は反抗的でアガサ以外の誰も近寄れない。

 

アガサ以外の誰もがセールを不気味だと思う中、また別の乗組員が船内の事故で死にかけてしまう…。

 

スポンサーリンク

登場人物/キャスト

 

◆カール・ディブラニン(オーエン・マッケン)

天体物理学者。妻と娘を地球に残し、宇宙へ旅立つ。

◆アガサ・マシソン(グレッチェン・モル)

精神科医。L1のセールの面倒を見る。

◆セール(サム・ストライク)

L1と呼ばれるテレパス。一般人に反抗的。

◆ローワン(アンガス・サンプソン)

カールの友人。

◆ロイ・エリス(デヴィッド・アヤラ)

ナイトフライヤーの船長。

◆メランサ・ジャール(ジョディ・ターナー=スミス)

ナイトフライヤーの乗組員。

◆ロミー・ソーン(マヤ・エシェット)

ナイトフライヤーの乗組員。

◆オーギー(ブライアン・F・オバーン)

ナイトフライヤーの乗組員。

 

「ナイトフライヤー」感想

※1話のネタバレが少しあります

Nightflyers | Official Trailer © Netflix

 

正直、SFは苦手なジャンルなんですが、これは「SFホラー」ということで、ちょっと興味がありました。

 

1話を見てみたら、冒頭から斧を持った精神が崩壊してるらしい男が現れ、その男に襲われた女性が電気カッターで自分の喉を切り裂いて自殺する…という、とってもホラーな始まり方で満足!

 

そんな衝撃的なシーンは、1話の中では冒頭だけでしたが、ストーリーが進むにつれ、登場人物たちが怖ろしい目にあったり、残酷な死に方をしたり、驚愕の事実が判明したりします。

 

私は、『ナイトフライヤー』のホラーの部分はなかなか面白いと思いましたが、SF的に優れてるのかは良くわからないんです。。SFに詳しくなくて…すみません(=_=)

Rotten Tomatoesの評価は、批評家「36%」、一般視聴者「65%」、IMDbは「6.0」です。これを参考にすると、一般的には評価は悪くないようですが、イマイチだと思う人も多そうですね。

 

『ナイトフライヤー』の舞台は2093年の宇宙です。地球上の人類は滅びつつある、という設定です。

 

主人公のカールは、人類以外の宇宙生命体ヴォルクリンが、人間の想像を超える力を持っていると信じていて、彼らと接触して謎を解けば地球を救えると訴えます。

 

そのヴォルクリンと直接話をさせるために、「L1」のセールを連れて行くわけです。カールは、L1はヴォルクリンと同じテケ・エナジーを発しているから話せるはずだと主張します。

 

そして、それに同意したナイトフライヤーの船長のエリスが、カール、セール、アガサを迎え入れました。アガサはセールを昔から知っているという精神科医で、唯一セールに近づくことができます。

 

テレパスのセールは、レクター博士並みに厳重警戒されていて、誰からもひどく恐れられ、嫌われます。過去にあるテレパスが起こした事件が原因のようです。

 

アガサだけがセールをかばいますが、セールは乗組員を挑発したり、不気味な絵を描いたり、近づく者を睨むだけで吹き飛ばしたりて、どんどん嫌われます。

そのせいもあって、ナイトフライヤー船内で起こる事故はセールが力を使ってやっているに違いないと疑われるのです。

 

カールはヴォルクリンと接触できるのか?

ナイトフライヤーは地球を救うためのミッションに成功できるのか?

冒頭のシーンの原因は何だったのか?!

 

謎の多いSFドラマが好きな人なら気に入るのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

「ナイトフライヤー」ネタバレあり感想

以下ネタバレあります。視聴後にご覧ください。

 

Nightflyers | Official Trailer © Netflix

 

 

『ナイトフライヤー』の冒頭はすごくショッキングでしたね!

 

ドラマを見ていれば、髭の男がカールと親しい宇宙生物学者のローワンで、自殺した女性がセールの面倒を見ている精神科医のアガサだとわかります。

 

ナイトフライヤーに乗り込んだ頃は、ローワンは愛想のいい人で、とても冒頭の男と同じ人とは思えません。冒頭のシーンでは完全に発狂してます…一体何があったのか?!

 

アガサは録音デバイスを使って、「これは緊急警報です。ナイトフライヤーに近づくな、帰還させるな」とメッセージを吹き込んでます。その後、カッターで自殺しますが、場面が切り替わると、ナイトフライヤー出発前のシーンになります。

 

カールは、遠い宇宙にヴォルクリンという、人類よりも優れた文明を持つ生命体がいて、テレパスであれば彼らと話ができるはずだと信じています。

ナイトフライヤーに同乗できることになり、カールは喜びますが、その代わり妻と娘とは離れ離れです。しかし、ヴォルクリンと会うまでは、絶対に地球に戻らないと決意しています。

 

そのカールと特別な関係にありそうな、精神科医のアガサ。

彼女がセールの力を抑える担当ですが、実際はあんまりコントロールできてないようです。。

 

ナイトフライヤーの船長のエリスや他の乗組員はみんな個性的ですね。特に、ホログラムでしか皆の前に姿を現さないエリスには秘密がありそう。

 

乗組員たちは船内で起こる事故はセールのせいだと騒ぎますが、見てると違うように感じます。

確かにセールは怪しいですけど、船の中に別の何かがいるような…

 

Nightflyers | Official Trailer © Netflix

 

セールはたくさんバケモノみたいな絵を描いてて、それは乗組員たちの頭に浮かんだイメージだとアガサに言ってますね。

(オバケの絵を描くところがバード・ボックスのあのシーンと被ってる…)

 

もしかしてナイトフライヤー自体に何か憑りついてる…?

なんとなくSFホラー映画『イベント・ホライゾン』が頭に浮かびました。

あんな感じなのかも??

 

興味のある方は『イベント・ホライゾン』の記事もどうぞ。

【イベント・ホライゾン】呪われた宇宙船の中に地獄が!SFホラー映画
SF&B級ホラー『イベント・ホライゾン』。行方知れずとなっていた宇宙探査船「イベント・ホライゾン」が突如、海王星付近に出現。ルイス&クラーク号の船長とクルーたち、そして、イベント・ホラ...

 

 

SFは嫌いじゃないんですが、好きなジャンルではないんですよね~

用語を覚える気はないし、理論とか苦手です。

でもSFホラーは好きなので、2時間程度の映画だったら良かったな~(^-^;

 

ビジュアルはとてもきれいだし、登場人物たちは魅力があると思いました。

SFが好きな人なら、私よりもっと楽しめるのかもしれませんね(^-^)

なぜローワンが狂ったのか、その原因はとっても気になる…

 

SFホラー映画『ライフ』もおすすめです(^-^)

 

キャスト紹介

 

オーエン・マッケン

 

カール役のオーエン・マッケンは、先月配信されたNetflix映画の『クロース:孤独のボディガード』に出演してます。コナル役です。

【クロース:孤独のボディガード】ノオミ・ラパス主演のアクション映画
Netflix映画『クロース:孤独のボディガード』。ボディガード役のノオミ・ラパスが体当たりの演技を見せる!あらすじ、登場人物、キャスト紹介とネタバレあり感想。 カモコです(...

 

グレッチェン・モル

 

アガサ役のグレッチェン・モルは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で、パトリックの母親を演じています。

おすすめ映画【マンチェスター・バイ・ザ・シー】故郷に帰り、過去と向き合うリーの物語
不注意から子供を亡くした男の葛藤と再生の物語。甥の面倒を見るため、故郷に戻ったリーは、辛い過去と向き合いながら自分を見つめ直す。ケイシー・アフレックの名演が光る!

 

原作紹介

 

原作は、George R. R. Martinの「Nightflyers」。日本語版は無いようです。

 

英語版も、上記の中古品しか見つかりませんでした。1987年の作品だそうなので、もう絶版なんでしょうね。

 

※ドラマシリーズに関しては、どんな内容なのか興味のある人にご紹介するため、基本的に1話を見た感想を書いています。

タイトルとURLをコピーしました