『ザ・ビーチ』で有名なタイのピピ島 あのビーチが閉鎖へ!

レオナルド・ディカプリオ主演で話題となった『ザ・ビーチ』の撮影場所、ピピ島のビーチが閉鎖される!

カモコです(^▽^)o

バンコクに数年滞在しましたが、残念ながら『ザ・ビーチ』で有名なピピ島には行けませんでした…行ってみたかった(T_T)

先ほど映画情報をチェックしていたら、「ピピ島、入場者数制限へ」という記事を見つけました(*º ロ º *)!!

スポンサーリンク

ピピ島、閉鎖ってホント!?!?

[映画.com ニュース]レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」(2000)の撮影地として有名なタイ南部のリゾート地、ピピ・レイ島のマヤビーチが、環境破壊を危惧する政府当局により一時閉鎖されることになった。

美しい楽園を舞台に、現代の若者が抱える倦怠と狂気を描いたアレックス・ガーランドの同名ベストセラー小説を、「トレインスポッティング」のダニー・ボイル監督が映画化した同作の公開後、ディカプリオのファンを中心とする観光客が急増。1日あたり平均で約4000人の観光客が殺到する事態となっていた。

タイ天然資源環境省は、連日詰めかける観光客と湾内を行き交う多数のボートによって、サンゴ礁の破壊や砂浜の劣化などの環境破壊が著しく進んだため、6月からの4カ月間、ビーチへの立ち入りを禁止すると同時に、再開後も観光客を1日2000人までに制限することで、環境保全と生態系の回復に努めるとしている。

映画.com:ディカプリオ主演「ザ・ビーチ」の聖地、自然保護のため入場規制へ

タイ南部の沖の島 美しいピピ島

ピピ島はプーケットの近く、タイ南部の沖にある島です。

こちら↓”海外旅行・海外ツアーのエスティーワールド”の「ピピ島」を参照ください。

引用: © STWORLD, Inc. 

あのビーチは「マヤビーチ」っていうんですね。

引用: © STWORLD, Inc. 

きれいなところでしょう~

私は別の島に行ったことあるんですけど、タイの海、ビーチは、ホントにキレイです(*^▽^*)

タイにいるときに「ピピ島行ってみたいなー」と言ったら、友人が、「人と船がいっぱいで、映画で見たような光景はもうないそうですよ」と教えてくれました。

毎日約4,000人も押し寄せてるなんて…目の前も、カメラの前も、人と船ばかりってことですよね(-_-;)

ビーチを自然保護のために閉鎖することになって、日々環境問題に取り組んでるレオちゃん、良かったとほっとしたでしょうね。

レオナルド・ディカプリオ主演『ザ・ビーチ』

レオが主演した『ザ・ビーチ』は、3人のバックパッカーが「ビーチ」と呼ばれる、限られた人しか所在を知らない楽園を探すところから始まります。

ホントは、ロバート・カーライルが、さすがの私も泊まらないような、きったない安宿で血まみれになるところから始まるんですが(-_-)

楽園にたどり着いた3人は、最初は島に住む仲間たちと楽しく過ごしますが、次第に実態が判明します…

写真:Twentieth Century Fox

レオちゃん…若い!

ティルダ・スウィントンも出てるんです。彼女、全然変わりませんよね…いつ見ても「ザ・ビーチ」から変わらんな(;゚Д゚)と、驚愕しますよ!

写真:Twentieth Century Fox

私は、自分のブログに映画や俳優を悪く言うような記事は載せたくない、と思ってるんですが…

私、この映画キライなんですよね(-_-)

ラストが一番キライで…馬鹿馬鹿しいったらありゃあしません。おいおい、なんで笑えるんだ(-_-)…人死んでるだろう!…という感想です。

(ホントはもっと言いたいけど、これくらいにしておきます)

唯一、サメに襲われた瀕死の仲間を「ウザいから」とみんなが知らん顔するシーンは好きですね。

職場でよく見かける光景ですよね。人間の本質を鋭く描いてますよ。

誰かを集団が無視している光景をみると「あ、”ザ・ビーチ”だ」と思います。

広告

原作はアレックス・ガーランドだった!!

『ザ・ビーチ』の原作は、『エクスマキナ』『アナイアレイション』の監督、アレックス・ガーランドなんですね(;゚Д゚)!!!知らなかった…

↑は原作です。興味のある方、リンクからどうぞ。

ピピ島のビーチの閉鎖より、ザ・ビーチの原作が、アレックス・ガーランドだったことの方が驚きでした(笑)!!

ピピ島やプーケットなど、タイのリゾートへ行ってみたい方、こちら↓はいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランキングに参加してます(^-^)

     にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

SNSでフォローする

広告

Scroll Up