ネタバレ感想【Netflix:ポーラー狙われた暗殺者】マッツ・ミケルセンが最高!

無敵の暗殺者ダンカンを演じるマッツ・ミケルセンが撃つ!魅せる!個性的なキャラクターと過激なストーリーに大満足!ネットフリックス『ポーラー/狙われた暗殺者』。

この記事は、ネットフリックス・オリジナル作品のネタバレ感想です。

カモコです(^▽^)o

1月25日新着の、Netflix映画『ポーラー/狙われた暗殺者』のあらすじや感想です。

配信後に早速見てみましたが、とってもおもしろかったです~

マッツ・ミケルセンはカッコいいし、映画はスタイリッシュで、コミカルで、残酷極まりなくて、大満足でした(*^▽^*)

登場人物、キャスト、原作や監督について知れば、映画がさらに楽しくなりますよ!

ネタバレなし感想の下にネタバレあり感想があります。

ネタバレを読みたくない人は「ネタバレ」と書いてる部分をとばしてくださいね(^-^)

スポンサーリンク

『ポーラー/狙われた暗殺者』作品情報

予告動画

原題:Polar
監督:ジョナス・アカーランド
脚本:ジェイソン・ロスウェル
ジャンル:クライム、アクション
上映時間:118分
製作国:アメリカ、ドイツ
NETFLIX配信開始日:2019年1月25日

あらすじ

ダモクレス社のエージェント、ダンカン・ヴィズラは凄腕の暗殺者。間もなく50歳になる彼は引退する予定だが、ダモクレス社から強引に最後の仕事を依頼される。依頼を引き受けたダンカンはベラルーシへ飛ぶが、会社の狙っているのはダンカンの命だった。

キャラクター/キャスト

◆ダンカン・ヴィズラ(マッツ・ミケルセン)

ブラック・カイザーと呼ばれる暗殺者。引退間近。

◆カミール(ヴァネッサ・ハジェンズ)

ダンカンが借りた山小屋の近所に住む女性。

◆ヴィヴィアン(キャサリン・ウィニック)

ダンカンの仲間の殺し屋。

◆ミスター・ブルート(マット・ルーカス)

ダンカンの雇い主で、ダモクレス社の取締役。

◆ヒルデ(フェイ・レン)

◆シンディ(ルビィ・O・フィー)

◆アレクセイ(Josh Cruddas)

◆ファクンド(アンソニー・グラント)

◆ポーター(リチャード・ドレイファス)

◆ジャズミン(Ayisha Issa)

『ポーラー/狙われた暗殺者』感想(ネタバレなし)

『ポーラー/狙われた暗殺者』は、とってもクールで残虐な映画でした!

主人公と暗殺者たちの壮絶なバトルシーンが見どころです!

タランティーノ映画が好きな人に向いてると思います(そう言う私ももちろんタランティーノ・ファン)

もちろん、マッツ・ミケルセンのファンなら必見の1本です!!(特に女性ファンはマッツ・ミケルセンの鍛え上げられた肉体に惚れ惚れするでしょう…)

マッツ演じるダンカンは、ダモクレス社に”勤務”しています。彼の仕事は暗殺。ダンカンは、”ブラック・カイザー”と恐れられる凄腕の殺し屋なんです。

そんな彼は間もなく引退する予定です。

ダンカンたち殺し屋は組織と雇用契約を交わしていますが、そこに「50歳で引退」という条件があり、引退すれば年金が支払われるようになっています。ところが、ダモクレス社は大きな負債を抱えていて、その契約を悪用しようと企むのです。

間もなく50歳になるダンカンは、モンタナ州トリプルオークの山小屋で隠居生活の準備を始めますが、組織から連絡があり、最後の仕事を依頼されます。

その最後の仕事が”罠”でした。ダンカンは組織が自分を消そうとしていることを知ります。そしてダモクレス社の暗殺者たちは執拗にダンカンの行方を追い、追い詰めます。

マッツ・ミケルセンのクールで壮絶なアクションシーンには、男性も女性も惚れ惚れしますよ!

ダモクレス社の変態社長の残虐拷問シーンや、大人限定のエロいシーンもたくさんあるので、注意です(ΦωΦ)

スポンサーリンク

ネタバレあり感想

以下ネタバレあります。視聴後にご覧ください。

Polar | Official Trailer © Netflix

ミスター・ブルートに雇われている暗殺者たちは、50歳で引退するという条件で契約していて、無事に引退すれば高額な年金が受け取れます。しかし、もし彼らが任務中に死亡すれば、年金はダモクレス社が受け取るという契約になっているのです。

ミスター・ブルートは引退するエージェントたちが受け取るはずの年金で会社の負債を埋めようと企みます。

そして、800万ドルもの年金を受け取る予定のダンカンを、引退前に殺してしまおうとするのです。

自分を殺すためにA級の暗殺者たちが大量に送り込まれても、まったく動揺しないダンカンがカッコイイです!!

しかし、カミールと知り合ったことでダンカン予想外の展開となってしまいます。

スタイリッシュでコミカルで残虐!

オープニングからとってもスタイリッシュ!

画面が分割する見せ方がコミックのようでカッコイイですね。

ちょっとチャラい敵側の暗殺者たちや軽快な音楽がいい感じ♪

映画冒頭の「セプテンバー」を始め、劇中の各シーンでノリのいい音楽が使われていて、ストーリーを盛り上げます♪

残虐なシーンは、残虐極まりない!!拷問シーンも殺戮シーンも容赦なしで画面が血だらけ!その徹底的な残虐ぶりがいい感じです(^o^)

でも、ドリルのシーンは期待したほどじゃあなかったなあ…

劇中ちょこちょこ笑わせてくれるシーンがあるのも楽しかったです( *´艸`)

ダンカンの持ち家の1つに住んでた(?)若者が逃げようとしてガラスに激突したところで爆笑しました~

ダンカンはちょっと天然ボケだし、暗殺者たちはちょっと間抜け。悪の大ボスはホントの間抜け。キャラクターたちに色んな表情があってとっても面白かった!

スポンサーリンク

その男、ダンカン・ヴィズラ!

Polar | Official Trailer © Netflix

シムカードをパチパチ折るところがなんかステキ…なぜかこの動作でダンカンが好きになりました(^-^;

襲い来る敵を次々に打ち倒すダンカンがカッコいいですね!表情を変えることなく冷静に敵を始末していきます。

しかし、クールな暗殺者は意外にストイックではなく、女もウェルカムでした(^-^;

シンディが誘惑した時はてっきりはねつけると思ったのですが…遠慮なし(笑)

でも、見るからに女を泣かせそうなタイプなのに、最初に出た子連れの彼女には怒られてる(笑)

私はダンカンが戦うシーンよりも、コミカルな彼が気に入りました(*^▽^*)

8ヵ国後が話せるダンカンはなぜか幼稚園の先生に。。幼児を前に「ククリは動脈を切る武器だ」なんて実演してみせ…大ウケしてるし(;゚Д゚)

さらに、3週間も陽にさらされた死体の写真を配るなんて。最強の先生です!あれでクビにならないところが凄い。

マッツ・ミケルセンのインタビュー記事を読んだのですが、ダンカンは”悪”ではなく、あくまでも仕事として人を殺める凄腕の殺し屋。普通の生活をしていないせいで一般の人とはどう接したらいいかわからない。実のところ、彼自身が自分のことをわかっていない。そういうところが魅力的、だとマッツが話しています。

あの拷問シーンとそれに続くトンネルでのバトルシーンの撮影では、とても消耗したそうです…裸足で裸でしたからね~「寒くて辛かった」とコメントしてます。映画を見たら、雪の中を素っ裸のシーンもあり…そりゃ寒かったでしょうねぇ(;゚Д゚) 体調が回復するまでにしばらくかかったようです。

インタビュー記事参照:「SYFY WIRE」と「Bloody-Disgusting」(2番目、すごいタイトルのサイト!)

その男、ミスター・ブルート!

ミスター・ブルート。変態キャラは結構好きです(^o^)丿

ブルートはちょっと安っぽいところもいいですね(笑)

ダンカンの拷問シーンは結構キツかったですねぇ。。浅からず深からず、ちょこちょこちょこちょこイジメるミスター・ブルート。。凄く痛いけど死なない程度に傷を入れ、3日目の後のダンカンは血まみれに。。

ヴィヴィアンたちが殲滅された後に、自宅(?)で「ふん、来ればいいじゃん」と開き直る姿がステキです♡

悪役大好きなんで、悪役だらけのこの映画、とっても気に入りました♡

その女、ヴィヴィアン!

Polar | Official Trailer © Netflix

「Speak.」

ヴィヴィアンかっこいい~

美人で強くて頭の切れる女性キャラが大好きなので、『ポーラー』の中ではヴィヴィアンが一番好きです(^-^)

でもあっさり死んじゃった…(T_T)

ダンカンのレーザーを華麗に避けると思ったのに~残念。

ラスト

ラストについての感想ですが、ネタバレはありません。

Polar | Official Trailer © Netflix

ミスター・ブルートが死んだ時、残り時間がまだ20分くらいあったので、ラストに何かあるんだな…と思ったら…

ダンカンが時々苦しめられた、あのフラッシュバックはそこに繋がってたんですね…

ダンカンの、あの悲し気な表情がずっと後悔してたことを表現してます。涙を流す姿にちょっと驚きましたが、人間味があっていいですねぇ。

ちょっと寂しげに、しかし期待を外すことなくクールにまとめられたエンディングにも満足しました(^-^)

クールなテーマソング!

エンディングの曲、カッコよかった!

Drama Free (feat. Lights)  deadmau5

ただ、MVは思ったより異次元でした(;゚Д゚)

スポンサーリンク

キャスト紹介

マッツ・ミケルセン

デンマーク人のマッツ・ミケルセンは、北欧の至宝と称される人気俳優。『ドクター・ストレンジ』や『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』に出演してます。

『偽りなき者』では、カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞!

偽りなき者(字幕版)
Amazon.com Int'l Sales, Inc.

ヴァネッサ・ハジェンズ

『ハイスクール・ミュージカル』で有名なヴァネッサ・ハジェンズ。最近の映画では『セカンド・アクト』でジェニファー・ロペスと共演してますね。

今回のカミール役は良かったですね~彼女の今後の活躍に期待します!

原作:ヴィクター・サントス「Polar」

原作はヴィクター・サントスの「Polar」。Dark Horseコミックから出版されてます。

正確にはコミックではなく、グラフィック・ノベルだそうです。

サントスは「羅生門」からインスパイアされた「Rashomon: A Commissioner Heigo Kobayashi Case」というサムライものも描いてるんですね。

ちらっと見ましたが、躍動感あふれる描写で面白そうなマンガです。こっちも映画化されると面白そう。

監督紹介:ジョナス・アカーランド

ジョナス・アカーランド(ヨナス・アカーランド)は、スウェーデンの監督です。

デニス・クエイド主演のスリラー映画『ホースメン』を監督しましたが、映画よりアーティストのMV監督として有名。

アカーランド監督のMVの実績には、マドンナ、ビヨンセ、ケシャ、リアーナなどなど数多くの人気アーティストが名を連ねています。

一覧はこちら↓です。

アカーランド監督の新作は『Lords of Chaos』!ローリー・カルキン(マコーレーの弟)主演のバイオレンス・ホラーです!見たい!

『Lords of Chaos』はイギリスで2019年3月に公開されますが…日本での上映はあるかなぁ…

『ポーラー/狙われた暗殺者』感想まとめ

とってもおもしろかったです!!

血まみれのエンディングも最高~エンドロールが上から下に流れる!カッコイイ!

あの形の結末なら、続編期待できますよね?!続編見たい(*^▽^*)

この映画を見るまであんまり気にしてなかったマッツ・ミケルセンが好きになりました!バネッサ・ハジェンズも!

IMDbの紹介動画が面白かったので貼っておきます!


ローリー・カルキン主演の『Lords of Chaos』の紹介も後半にありますよ(^-^)

『ポーラー』は、Netflix加入してるなら見なきゃ損の1本です!

「大人向け」なので子供がいないところで見てくださいね~

…明日、もう一回見よう(^-^)

おすすめ映画3本!

『ポーラー/狙われた暗殺者』が気に入ったら、こちらの映画はいかがでしょうか?

シン・シティ
デスペラード
デスペラード (字幕版)
Amazon.com Int'l Sales, Inc.
キル・ビル
Kill Bill 1 & 2 [Blu-ray] [Import]
フルフィルメント エクスプレス
キル・ビル Vol.1 & 2 ツインパック [DVD]
Nbcユニバーサル エンターテイメント
Angelarme

トップへ戻る