【クイックサンド:罪の感触】血まみれの少女はなぜ殺人を?

Netflixミステリー/スリラー

『クイックサンド:罪の感触』Netflixドラマシリーズ。ストックホルムの高校で起きた衝撃の銃乱射事件!容疑者として逮捕されたのは高校の生徒マヤ。彼女が同級生たちを殺した動機とは?!ネタバレあり感想。

 

カモコです(^▽^)o

4月5日新着の、Netflixオリジナル・ドラマシリーズ『クイックサンド:罪の感触を見てみました。

主人公のマヤは、ボーイフレンドのセバスチャンまでも撃ち殺した銃乱射事件の容疑者です。逮捕時は全身血まみれ。

マヤはなぜそんな怖ろしいことをしたのでしょうか?

スポンサーリンク

『クイックサンド:罪の感触』作品情報

 

 

ジャンル:サスペンス
原題:Quicksand
製作国:スウェーデン
Netflix配信開始日:2019年4月5日
話数:6話

 

 

1話:「マヤ」あらすじ

 

ストックホルムのユルスホルム公立高校で銃乱射事件が発生。

多数の学生が大型ライフルで射殺されるという凄惨な事件だった。

容疑者として逮捕されたのは、その学校の生徒マヤ。警察が到着した時、マヤは現場にひとり立っていた。血まみれで呆然としていた。

警察に拘束されたマヤは、全身を科学捜査班に調べられたあと留置所に勾留される。

マヤにはサンダー弁護士が付き、ニルソン警部補が取り調べを担当する。

マヤはボーイフレンドで犠牲者のひとり、セバスチャンとの出会いから話し始める。

 

スポンサーリンク

2話までのネタバレなし感想

 

ネタバレはありません。

 

画像引用:©Netflix「クイックサンド:罪の感触」予告動画より

 

ドラマは、血まみれのマヤが虚ろな顔をして教室に立ち尽くしているところから始まります。彼女の足元には何人ものクラスメイトが血を流して倒れているのです…

 

一体何があったのかと興味を引かれる始まり方です。最初に事件が起こり、そこから過去へ遡って、事件の真相を追求するタイプのサスペンス・ドラマシリーズなんです。

 

ティーンエージャー向けのドラマシリーズということだったので、見るか見ないか迷ったんですが、北欧サスペンスには面白いものが多いし、Netflixに表示される画像や紹介文に興味を引かれたので、とりあえず2話まで見てみました。

 

ストーリーが進むにつれ、謎が深まっていき、なかなか面白いです(・∀・)

 

マヤが射殺した生徒の中には、マヤが付き合っていたセバスチャンもいるんです。

 

このセバスチャンが、すごい金持ちの息子なんですよ。豪邸に住んでいて、休暇は大型クルーザーで遊んだり、仲間を集めて大規模なパーティーを開いたり…どんなに散らかしても使用人が片付けるという…正真正銘のおぼっちゃんです。

 

そのセバスチャンと家族が、マヤが起こした銃乱射事件に大きく影響しているようなんです。

 

マヤは一般家庭に育った女の子で、平凡だけど朗らかでした。それがセバスチャンと付き合いだしてから冷たく、嫌な性格に変わってしまったのです。

 

同級生を何人も殺すという凄惨な事件を起こすまでに、セバスチャンとの間に何があったのか?!

 

サスペンスドラマ『クイックサンド:罪の感触』は、

1話:マヤ

2話:勾留

3話:告別式

4話:現場検証

5話:裁判

6話:目撃者

ーの、以上6話です。

 

6話しかないのでサッと見れるのが嬉しいですね(^-^)

 

登場人物/キャスト

 

※2話までの主要登場人物です

 

◆マヤ・ノルベリ(ハンナ・アーディアン)

ユルスホルム公立高校の学生。銃乱射事件の容疑者として逮捕される。

◆アマンダ(エラ・ラピッチ)

マヤの親友。

◆サミール(ウィリアム・スペッツ)

マヤのクラスメイト。

◆セバスチャン・ファガーマン(フェリックス・サンドマン)

マヤのボーイフレンド。お金持ちの息子。

◆クラース・ファガーマン(ルーベン・サルマンダー)

セバスチャンの父。息子に厳しく接する。

◆シャネット・ニルソン(レベッカ・ハムセ)

マヤを取り調べる警部補。

◆ペーダー・サンダー(デヴィッド・デンシック)

マヤの弁護士。

◆エヴィン・オラク(Evin Ahmad)

サンダーの助手として参加。

◆ペール・ヨンソン(Sebastian Sporsén)

サンダーの助手として参加。

◆レナ・ペーション(マリア・サンドボム)

マヤを取り調べる検事。

 

 

スポンサーリンク

「クイック・サンド」1話ネタバレ感想

以下ネタバレあります。視聴後にご覧ください。

 

 

1話の見どころは、冒頭の銃乱射事件後の現場のシーンからマヤが警察で留置場に入るまで、ですね!

 

特に、現場に立ち尽くすマヤの足元に血だらけの死体がゴロゴロと転がっているシーンは驚愕…マヤ本人は怪我一つないものの、髪にも喉元にも血がべっとり。

 

殺人現場のシーンがとてもリアルでちょっと驚きました(;゚Д゚)

だから冒頭に「ショッキングなシーンがあります」というお断りが出たんですね。。

 

マヤが「みんな死んだの?」と弁護士のサンダーに尋ねましたが、サンダーは答えることができないと言ったので、もしかしたら生存者がいるのかもしれません。

誰が撃たれたのか、何人撃たれたのかも、まだわかりません。

 

1話は、”いかにセバスチャンが金持ちか”を説明するのがメインだったようです。

まだ10代なのに大型クルーザーで豪遊するセバスチャン…シャンパン飲んで…うらやましい(;゚Д゚)

 

そして1話からセバスチャンの父親が普通じゃないことがチラッと見えます。

 

人様のお嬢さんを預かっておいて、息子と一緒に夜を過ごさせるなんて、普通しませんよね…

それに、セバスチャンの母親を追い出したらしいことも話されます。

 

このオヤジがかなりアヤシイ…(; ・`д・´)

 

1話のラストでは、堅い表情のマヤがセバスチャンと教室に入り、その後すぐに銃声がします…

 

 

2話「拘留」あらすじ

 

セバスチャンは死んだと言うニルソン警部補に、「知ってる。私が撃ったから」とキッパリと言い切るマヤ。

 

事件当日、セバスチャンが「俺を撃て!」とマヤに叫び、マヤはその通りにしたのだった。

 

マヤは、セバスチャンとは休暇の間だけの関係かと思っていたが、学校が始まってもセバスチャンとの付き合いは続いた。

 

ある晩はセバスチャンの家で開かれた豪勢なパーティーにアマンダと参加した。マヤはセバスチャンから渡されたドラッグを摂取し、若者たちと一晩中大騒ぎして楽しんだ。

 

翌朝、目が覚めたマヤは、家じゅうに酒瓶やグラスが放置され散らかり放題になっているのを見て焦る。

そこへセバスチャンの父親が帰ってきたが、家の中の様子を全く気にしていなかった。

謝るマヤに「うちには片づけをする人間がいる」とあっさり。

パーティーのことで叱るどころか、ライフルを見せ、「今度南アフリカに狩りに行こう」とマヤを誘うのだった。

 

スポンサーリンク

「クイック・サンド」2話ネタバレ感想

以下ネタバレあります。視聴後にご覧ください。

 

画像引用:©Netflix「クイックサンド:罪の感触」

 

 

2話の見どころは、クラース。セバスチャンの父親。

アヤシイ。何もかもがアヤシイ。

 

パーティーで散らかった室内を見て「使用人に片付けさせるから」というのは、まあ金持ちにありがちですが、その後マヤに「今度狩りに行こう」と誘うのが、どことなく下心ありそうにも見えてヤな感じ。

 

そして父親に対するセバスチャンの感情も普通じゃないですね。

父親の車を勝手に使い、マヤに運転させて事故を起こさせた(?)シーンもビックリ。

怪我はしなかったものの、事故が起きて大興奮してました…(=_=)

父親の所有物を破壊して喜んでるんでしょうか。

 

2話のラストは少し衝撃的でした。

ペーション検事がマヤを取り調べ、クラースのことを持ち出し、マヤに話しをさせます。

「あいつはセバスチャンを憎んでるブタよ!」とマヤに言わせ、マヤがセバスチャンに「クラースは悪人よ。彼はいなくていい」とメールした証拠を見せながら、写真を見せます。

 

写真にはベッドに横たわるクラースが写っていて、血まみれで死んでいました…

 

「セバスチャンに父親を殺させたんでしょう?!」と言われ叫ぶマヤ…で2話は終わりです。

 

マヤはクラースが殺されたことを知らなかったようです(;゚Д゚)

じゃあ、殺したのは誰なのか?!

セバスチャン?!…でもそれだと単純すぎるような…

 

続きが気になるところで、3話に続く!!

 

『クイックサンド:罪の感触』マヤの動機が気になる!!

 

画像引用:©Netflix「クイックサンド:罪の感触」予告動画より

 

主人公のマヤも、ボーイフレンドのセバスチャンも、クラースを憎んでいた…のは、わかりました。

 

そのクラースは殺されていました。

クラース殺害については、マヤかセバスチャンが殺したという結果でも、動機があるからおかしくはないんですよね。

 

では、なぜセバスチャンとマヤはライフルを持って教室に行き、クラスメイトを殺したのか…?

今のところ、全く見えません。

 

なかなか面白いサスペンスドラマですね!

続きが気になる!あと4話見なくては(; ・`д・´)

タイトルとURLをコピーしました