第24回全米映画俳優組合賞(SAG Awards)

映画賞・映画祭

ゲイリー・オールドマン、受賞おめでとうございます(*^▽^*)!!

 

カモコです(^▽^)o  

1月21日(現地時間)に、ロサンゼルスで、第24回全米映画俳優組合賞(SAG)の授賞式が行われました!

前回までは、授賞式に司会がいなかったのですが、今回、クリステン・ベルが初司会を務めました。

クリステン・ベルは、『アナと雪の女王』でアナを演じた人ですね。

 

ノミネート作品、俳優については、こちら↓の記事をご覧ください。

申し訳ありません。ページは削除されたか移動しています | 映画でbreak! オレ・モカ
映画と海外ドラマの紹介。Netflixとホラー映画多めです。

 

 

SAG賞の勝者は・・・

スリー・ビルボード

キャスト賞は、『スリー・ビルボード』“Three Billboards Outside Ebbing, Missouri”でした!

 

 

ゲイリー・オールドマン

映画の部・主演男優賞は、ゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』“Darkest Hour”)が受賞!!

Best actor winner, Gary Oldman with tonight’s host – Kristen Bell. @gettyentertainment #SAGAwards

Hollywood Reporterさん(@hollywoodreporter)がシェアした投稿 –

ゲイリーのスピーチ、とっても良かったです(^-^)

アカデミー賞主演男優賞に、また近づきましたね!!

 

フランシス・マクドーマンド

主演女優賞は、フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』“Three Billboards Outside Ebbing, Missouri”)!

 

サム・ロックウェル

助演男優賞は、サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』“Three Billboards Outside Ebbing, Missouri”)!!

 

アリソン・ジャネイ

そして、助演女優賞に輝いたのは、アリソン・ジャネイ(『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』“I, Tonya”)でした!!

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』の日本公開は、2018年5月4日だそうです。マーゴット・ロビーの演技も評価されているし、早く見たいです(^-^)

 

『スリー・ビルボード』が3冠!!

今回、『スリー・ビルボード』が最多受賞!!

演技派のキャストがたくさん出演してますから、評価が高いのも当然ですよね!!2018年2月1日、日本公開です。アカデミー賞授賞式前に見れますね(^-^)

 

生涯功労賞

生涯功労賞には、モーガン・フリーマンが選ばれました!!

モーガン・フリーマン、笑顔がチャーミングですよね!ステキ(*^▽^*)

みんなから尊敬され、愛されているモーガンの受賞は当然です。

“Morgan is way more than just an actor, narrator, producer, humanitarian. This man is a national treasure,” she said.

VARIETY: Morgan Freeman Calls Out SAG for Gender-Specific Statue

リタ・モレノが、「彼は、ただ、俳優、ナレーター、プロデューサー、人道主義者という存在ではありません。モーガンは国宝なのです」と言ったそうです。

俳優としての成功が遅咲きだったモーガン・フリーマン。今となっては国宝とまで表現される名優ですね。

 

ドレスがかわいい!マーゴット・ロビー

Variety Magazineさん(@variety)がシェアした投稿

淡いピンクにパールがちりばめられたドレスで現れた、マーゴット。

E! Newsさん(@enews)がシェアした投稿

マーゴット・ロビーの美しさに、誰もが釘付けだったようです(*^▽^*)

かわいいですよねー♡♡♡

 

SAGの舞台裏

 

こちら↓が、ゲストのディナーです。

各ゲストの好みに調整して、ベジタリアン用など、それぞれに用意されてるでしょうね。

 

そして、こちら↓が男性用ギフト

ルービックキューブ???なんで(・∀・)?

 

女性用ギフトはこんな↓感じ。

意外と庶民的ですね(・∀・)

 

ウィリアム・H・メイシーのスピーチ

先日のゴールデン・グローブ賞では、「Time’s Up」とスローガンを掲げた女優たちがブラック一色のドレスを着て、性差別反対を主張しました。その活動は勢いを増しています。

モーガン・フリーマンは、生涯功労賞を受賞した際に、今ハリウッドで騒ぎとなっている性差別に配慮したスピーチをしたようです。

特別功労賞を受賞したモーガン・フリーマンは、スピーチの最後に「このトロフィには誤りがある。正面から見るとジェンダーが特定されている」と、セクハラ・性的加害への抗議運動とともに関心が高まっている、ジェンダー間の格差問題への配慮を示した。

映画.com: 全米俳優組合賞は「スリー・ビルボード」が最多3冠!

ところが、テレビ部門の主演男優賞・コメディシリーズで受賞した、ウィリアム・H・メイシーは、その流れに逆らう発言をしました。

「近頃は男性であることが難しい。我々の多くは、攻撃されているように感じているし、謝罪しなければならないように感じていると思う」とスピーチ。

この発言は明日以降、大きな反発を食らうかもしれませんが、ウィリアムの言っていることも尤もだと思います。

 

アカデミー賞ではどうなるでしょうか。。。ケイシーはプレゼンターとして登壇する立場ですが、どうなるのかな。。

タイトルとURLをコピーしました