【サスペリア2018】不気味な赤…新たな恐怖の始まり

ルカ・グァダニーノ版『サスペリア』も不気味…ダリオ・アルジェントの名作ホラーをリメイク。あらすじ、キャストと予告動画をご紹介します。

カモコです(^▽^)o

※この記事は2018年8月30日にアップした記事のリライトです。

ついに新『サスペリア』が公開されますね!

映画は152分もあるそうです。じっくりと恐怖を味わえますね…

『君の名前で僕を呼んで』のグァダニーノ監督が、新しいサスペリアをどう演出してみせてくれるのか?!楽しみです(^-^)

『サスペリア』作品情報

予告動画

基本情報

原題:Suspiria
監督:ルカ・グァダニーノ
脚本:ダリオ・アルジェント、Daria Nicolodi、David Kajganich
ジャンル:ホラー
上映時間:152分
製作国:アメリカ、イタリア
アメリカ公開日:2018年11月2日
日本公開日:2019年1月25日

あらすじ

1977年、ベルリンの世界的舞踊団「マルコス・ダンス・カンパニー」に入団するため、米ボストンからやってきたスージー・バニヨンは、オーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大きな役を得る。しかし、マダム直々のレッスンを受ける彼女の周囲では不可解な出来事が続発し、ダンサーたちが次々と謎の失踪を遂げていく。一方、患者だった若きダンサーが姿をくらまし、その行方を捜していた心理療法士のクレンペラー博士が、舞踊団の闇に近づいていくが……。 引用:映画.com

登場人物

◆スージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)

『フィフティ・シェイズ』シリーズで知られる、ダコタ・ジョンソン。母はメラニー・グリフィス。父はドン・ジョンソン。祖母がティッピ・ヘドレンで、義父がアントニオ・バンデラスという、セレブ一家に生まれ育ったダコタ。2018年のスージーをどう演じるのでしょうか。

◆マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)

『ドクター・ストレンジ』への出演でさらに人気が上がったティルダ。色んな役に挑戦しますよね、彼女。『オクジャ』では全然違う彼女を見せてくれましたね。この映画では無表情なマダム・ブラン役。とても不気味…

◆サラ(ミア・ゴス)

『ニンフォ・マニアック』や『エベレスト3D』に出演したミア・ゴスです。シャイア・ラブーフの奥さん。ミア・ゴスって独特の雰囲気を醸し出しますよね…サラ役にぴったり。

◆パトリシア・ヒングル(クロエ・グレース=モレッツ)

パットがオリジナル通りなら、長い出演ではないのかも?

個人的に、クロエが出るから見たいんですよね(^-^) クロエかわいい!次々に映画に出演してますね。以前の休業宣言は完全にキャンセルですね。

◆アンケ(ジェシカ・ハーパー)

ジェシカ・ハーパーは、オリジナルの『サスペリア』でスージーを演じた女優さんです!アンケという人物がどんな人なのかまだわかりません。

© Amazon Studios 2018

トム・ヨーク「Suspirium」


サスペリア公式サイト

超名門バレエ団「マルコス・カンパニー」に入団したスージーは、カンパニーに潜む、恐ろしく邪悪な「何か」の存在におびえる。やがて「それ」は仲間を1人、また1人と殺していく――。カルトホラーの傑作、想像を超えた最恐のリメイクが結実。

『サスペリア』評価は?

© Amazon Studios 2018

『サスペリア(2018)』は、昨年11月にすでにアメリカで公開されています。

現時点での映画の評価は…

Rotten Tomatoes: トマトメーター「64%」、オーディエンス・スコア「74%」

IMDb: 「7.1」

です!

ホラー映画でこれだけの評価を出せれば大成功ですよ!!

去年からずっと期待して待ってたんですが、残念ながら、私の地元では再来月にならないと公開されません…(T_T)

感想は、映画鑑賞後に追記します。

トップへ戻る
error: Content is protected !!