誘拐犯の狂った企み…!【コレクター】実話ベース戦慄のスリラー映画-見どころ・感想

【ネタバレ感想】『コレクター』ジョン・キューザック主演。実際にあった狂気的な誘拐監禁・猟奇殺人事件をベースにしたスリラー映画。あらすじ、見どころ、キャスト紹介とネタバレ感想。

カモコです(^▽^)o

ホラー専門動画配信サービスOSOREZONE/オソレゾーンで視聴できる『コレクター』

実際に起きた狂気の誘拐監禁事件・猟奇殺人事件をベースにした映画なんですが…狂った犯人の異常な動機と行動に戦慄します。

人間にこんなことができるなんて信じられない…!

今回は、『コレクター』のあらすじ、見どころや感想です。

※「コレクター」というタイトルの映画が複数ありますが、今回はジョン・キューザック主演のスリラー映画です

ネタバレを読みたくない人は「ネタバレ」と書いてる部分をとばしてくださいね(^-^)

スポンサーリンク

『コレクター』作品情報

予告動画

ジャンル:スリラー、サスペンス
原題:The Factory
監督:モーガン・オニール
時間:104分
製作国:アメリカ
アメリカ公開日:2012年10月20日
日本公開日:2013年6月8日

『コレクター』あらすじ

ニューヨーク州バッファローでは、過去3年間に7人の娼婦が行方不明となる事件が起きていた。娼婦がいなくなるのは、毎年きまって11月~3月の冬場だけだ。死体は発見されていない。

娼婦失踪事件を担当している刑事マイク・フレッチャーは、捜査が打ち切りとなると聞き、同僚の女性刑事ケルシーに愚痴を言う。マイクは、誰からも探されることのない娼婦たちに同情し、熱心に捜査していたからだ。

ある日、連絡がつかなくなった娼婦ディヴァインを探して欲しいと、男が警察を訪ねてきた。ディヴァインは見た目は女だが性転換手術を控えた男だった。相談を受けたマイクは早速ディヴァインを探し始める。

マイクには妻シェリー、年頃の娘アビー、それにまだ幼い息子ジェドがいる。大人の女に見られたいアビーの服装と化粧はかなり派手で、親に対する態度は反抗的だ。

雪の降る夜、アビーは彼氏に会いに行こうとするが、マイクもシェリーも許可しない。

そこでアビーはこっそりと家を抜け出し、カフェで働く彼氏に会いに行く。

アビーがカフェの外でタバコを吸っていると、車に乗った男が声をかけてきた。

カフェで働いている彼氏が、アビーを心配し外へ出ると、そこにはアビーの姿はなかった。

男に連れ去られたアビーは、頭に袋を被せられ、地下室に降ろされると、チェーンで吊り下げられる。

登場人物/キャスト

◆マイク・フレッチャー(ジョン・キューザック)

娼婦失踪事件を担当する刑事。娘のアビーも失踪し、必死で犯人を捜す。

◆ケルシー・ウォーカー(ジェニファー・カーペンター)

マイクの相棒の女性刑事。アビー捜索に奔走する。

◆アビー・フレッチャー(メイ・ホイットマン)

マイクの娘。ある晩、カールに誘拐され、地下室に監禁される。

◆シェリー・フレッチャー(ソーニャ・ヴァルゲル)

マイクの妻。

◆ジェド・フレッチャー(Vincent Messina)

マイクの息子。

◆カール・ジュモー(ダラス・ロバーツ)

異常者。娼婦のディヴァインを殺す。

◆ダリル(ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ)

カールに脅されて勤務先の病院から薬を盗む。

◆ディヴァイン(Lita Tresierra)

カールに殺された娼婦。性転換手術をする前の男。

◆ブリタニー(マゲイナ・トーヴァ)

誘拐監禁の被害者。

◆ローレン(キャサリン・ウォーターストン)

誘拐監禁の被害者。

◆リサ・ドネリー

3年前に行方不明となった娼婦。

スポンサーリンク

『コレクター』感想(ネタバレなし)

※この部分にはネタバレはありません

今回は、OSOREZONE/オソレゾーンで『コレクター』を見ましたが、Netflixでも視聴できます(2019年4月時点)。

ホラー映画専門の動画配信サービス(VOD)、「OSOREZONE(オソレゾーン)」がサービス開始となりました!お試し期間あり!「ゾンビ」「ヘルレイザー」「悪魔のいけにえ」などなど、ホラー映画ファンなら何度も見たいホラーが配信されてます!サービスの紹介と無料体験の感想です。

この映画は実際にあった狂気の誘拐監禁・猟奇殺人事件をベースにしています。

その事件とは、ゲイリー・ハイドニック事件です。

※ウィキペディアのリンクを付けましたが、映画以上に陰惨な事件なので閲覧に注意

映画は実際にあったハイドニック事件からインスパイアされたもので、映画の通りの事件が起こったわけではありませんので誤解されませんように。

映画序盤で、誘拐事件を捜査する刑事の娘アビーが異常な誘拐犯に拉致され、監禁されてしまいます。

監禁先でアビーは犯人の目的を知りますが、それは信じられないほどにおぞましいものなんです。。

狂った犯人の犠牲になる女性たちが痛々しい。。拷問されるシーンは映画と言えども、とても見ていられません。

猟奇事件に慣れない人なら気分が悪くなるかもしれないのでご注意ください(=_=)

アビーが誘拐された後、マイクは死に物狂いで娘を探すんですが、犯人は警察の裏をかき、なかなかしっぽを掴ませません。

時間だけが過ぎていき、焦るマイク。

監禁場所で次々と起こる常軌を逸した出来事に震えるアビー。

マイクはアビーを助けることができるのか?犯人は逮捕されるのか?!

クライマックスではさらなる驚愕の事実が判明します。

この映画、スリラー/サスペンス映画の中でも特に陰鬱で、おぞましいです。

だけど、ストーリーが良くて見ごたえがありますよ。

猟奇殺人や精神異常者が出て来るスリラー/サスペンス映画が好きな人におすすめです。

※ネタバレ感想は下にあります

『コレクター』ネタバレあり感想

スポンサーリンク

以下ネタバレあります。視聴後にご覧ください。

画像引用:The Factory trailer © Warner Bros.

最初にゾッとしたのは、地下室の女性たちが薄気味悪く笑っているところ。。

冒頭でディヴァインが刺殺され、バラバラに解体されるシーンもショッキングですけど、監禁された女の子たちが犯人に媚びるように笑ってる様子から、なおのこと事件の異常さが感じられますよね(=_=)

アビーが子供を産むように誘拐されたとわかるシーンは、あまりにも可哀そう…

犯人は女性をレイプして快楽を得ることを目的としてなくて、とにかく子供が欲しいんですね。卵胞刺激ホルモンまで使うくらいです。

狂信的で良心のかけらもない犯人と、犯人の世界に取り込まれて狂った女たち。

犯人のカールのことを「パパ」と呼び、媚びへつらう異常さ。

彼女たちが媚びる理由は、カールが「産めない女」と判断したら捨てられるから。

井戸に入れられてしまうから…!

後半ではさらに異常なシーンが展開します。

犯人の家には3人も赤ちゃんがいました!

赤ちゃんたちは保育器の中で大事に育てられてますが…赤ちゃんたちは一体どうしたのでしょうか?!娼婦に産ませた?!全部?!

カールはどこまで異常なんだと思っていたら…

実はケルシーも仲間だった!!

ここで愕然としました(;゚Д゚)

カールが常に警察の裏をかくことができていたのは、ケルシーが教えてたからなんですね。。

序盤でアビーがいなくなった時、マイクと妻が話していると別の部屋でケルシーが誰かと電話で「その辺の子とは違う。するべきことをして」と話してます。

あれはカールへの指示だったんですね(=_=)

ケルシーはカールとマイクを殺し、事件を解決した刑事としてアビーを救い出します。

赤ちゃんたちは、仲間の刑事が到着する前に密かに移動させました。

クライマックスのケルシーの表情が怖ろしいです…もう狂ってるとしか言いようがない。

ケルシーは退職し、赤ちゃんを連れてどこかへ行きます。

彼女は赤ちゃんたちを大事に育てるんでしょうか…

大家族をつくる、なんて狂気的なことを考えていたのはカールだけでしょうか…

ケルシーはもっともっと赤ちゃんが欲しくなって、次の”カール”を探すんじゃないでしょうか。

画像引用:The Factory trailer © Warner Bros.

邦題の「コレクター」より、原題の「Factory(工場)」の方が映画にあってると思います。

カールの地下室は赤ちゃんを作る工場で、女たちは製造マシーンのように産ませられる…

性交した後に妊娠するようにと”逆さ吊り”にするなんて、狂ってます…

『コレクター』ほどおぞましい映画はなかなかありません。戦慄する…!

ジェニファー・カーペンターの表情が怖いですね~(; ・`д・´)

この人ホントに狂ってるんじゃないかと思うくらい、迫真の演技。

ジョン・キューザックも相変わらず上手いし、スリラー映画としての『コレクター』は良くできてると思います。

ベースが実際の事件だったと知ると、映画として楽しむ気持ちが半減しますけどね(=_=)

異常な監禁犯罪映画では、『クリーブランド監禁事件』もあります。

クリーブランド監禁事件 少女たちの悲鳴 [DVD]
ソニーピクチャーズエンタテインメント
Amazon.co.jp

テリーサ・パーマー主演の『ベルリン・シンドローム』も怖そうです…

上記2本はまだ見てません…

こんな映画を見ても大丈夫な精神状態の時に見てみます(^-^;

スポンサーリンク

キャスト

ジョン・キューザック

ジョン・キューザックは、ドラマ、コメディ、アクション、スリラーにホラーと、どんなジャンルもこなせるマルチ俳優です。

キューザックが出演している作品は好きなものが多くて選べません…!

敢えて1本ずつ選ぶなら…

ドラマ…『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』

アクション…『コン・エアー』

コメディ…『セレンディピティ』

サスペンス…『アイデンティティ』

ホラー…『セル』

特に『アイデンティティ』はお気に入りです(^-^)

ジェニファー・カーペンター

ジェニファー・カーペンター主演の『エミリー・ローズ』はオカルト映画の良作です!ジェニファーの迫真の演技が素晴らしいです!

ドラマシリーズの『デクスター 〜警察官は殺人鬼』では、殺人鬼の兄を持つ警官を演じました。主演のマイケル・C・ホールと結婚しましたが、長続きはしなかったようです。。

トップへ戻る
error: Content is protected !!