【ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス】第6話~最終話まで紹介!ネタバレあり

Netflixオリジナル『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』のエピソード6~10のストーリー紹介と感想です。ゴーストの解説も。過去から逃げられないクレイン一家。母と妹はなぜ自殺したのか、父は何を見たのかー。

スポンサーリンク

『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』後半

カモコです(^▽^)o

10月13日の配信開始後、世界中で大好評の『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』。

呪われた屋敷に引っ越した一家は、幽霊や悪夢に悩まされます。オリビアは精神を病み、ヒューは屋敷を離れるように勧めますが…オリビアやネルは本当に自殺したのでしょうか…ルークの前に現れる帽子の男の正体は…オリビアが自殺した時、ヒューは何を見たのでしょうか。

Netflixオリジナル『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』の、エピソード6~10(最終話)までのストーリー紹介と感想です。

登場するゴーストについても解説します。

『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』エピソード6~10紹介

※以下、ネタバレです。

まずは、エピソード6~10(最終話)までのストーリーをざっとご紹介します。

エピソード1~5までと登場人物紹介は、こちら↓の記事をご覧ください。

一家が移り住んだ古い邸宅は呪われた幽霊屋敷だった…恐怖体験の末に母を失くした5人の子供たち。大人になった彼らにも幽霊がつきまとい、悪夢にうなされる…『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』のストーリー、登場人物/キャスト紹介と感想です。ネタバレあり。

エピソード6:嵐の二夜

© Netflix

ネルの葬儀の前夜にルークが到着し、兄妹全員がシャーリーの家(兼葬儀場)に揃った。兄妹たちはネルがなぜあの家に行ったのか、なぜ自殺したのか全くわからない。シャーリーはスティーブンに尋ねるが、スティーブンもよくわかっていない。その時、父親のヒューが到着する。

家族全員でネルの思い出話をする中、スティーブンはヒューに何か隠していないかと問い詰める。ヒューは、図書室のらせん階段でネルが首を吊っていたことをダドリー夫人から聞いたと答える。

その話の流れから家族同士での言い争いに発展し、シャーリーは夫がスティーブンからお金を受け取っていたことを知り、ショックを受ける。

ルークが「ネルは自殺じゃない」と言いだし、ヒューが母やネルに何が起こったのか説明する。ネル、ルークとオリビアにはヒルハウスの正体が見えていたと話す。

過去。ヒルハウス。嵐の夜、停電の後に姿が見えなくなったネルを全員が探すがどこに行ったかわからなかった。捜索中、突然ネルが姿を現し、家族全員がほっとする。しかし、ネルは「ずっとここにいたのに、誰も気付かなかった」と訴える。

エピソード7:追悼

© Netflix

過去。ヒルハウス。嵐が過ぎ去った翌日、屋敷の壁に問題があることがわかった。カビが3階のどこかから広がっているとヒューが言う。オリビアは屋敷の図面を整理し、一枚にまとめることにした。

地下室の壁の中にネズミがいると思ったヒューは殺鼠剤が必要だとスティーブンに話す。そこへオリビアが一枚にまとめた図面を持ってくるが、それを広げて見たヒューはわけがわからないという顔をする。

現代。ネルの葬儀が始まり、家族はそれぞれに別れの言葉を告げる。ヒューの隣にはオリビアがいて話しかけているが、オリビアは誰にも見えていない。

過去。ヒルハウス。ダドリーはヒューに、夫妻が夕方以降には絶対に屋敷に近寄らないようになった経緯を打ち明ける。

ヒューは地下室の修理中に手にひどい怪我を負い、そのことでスティーブンを激しく責めてしまう。その後、ヒューは赤い扉を無理にこじ開けようとするが、扉はびくともしなかった。

その夜、寝ていたヒューが目を開けると、オリビアから喉元にドライバーを突きつけられていた。オリビアはなぜそうしたかわからないと言う。

地下の壁のブロックをいくつか取り外したヒューは、壁の中にミイラ化した死体を見つける。死体はウィリアム・ヒルだった。

現代。ルークの姿が見えなくなり、シャーリーが財布からクレジットカードがなくなっていると騒ぐ。ヒューは、ルークが外へ出て行くのを見たと言う。

広告

エピソード8:ウィットネスマーク

© Netflix

現代。ルークの行方について話し合う兄妹たち。探しに行くと外へ出たスティーブンにヒューが同行する。

過去。屋敷の修理を手伝いたいスティーブンだが、父親から断られてしまい、ゲームルームでひとりゲームをする。その時部屋の中で鏡台を見つけたスティーブンは、きれいに塗装して母親にプレゼントしようと思いつく。

現代。シャーリーの家の外で壁を激しく叩く音がするが、シャーリーとテオが外を見ても誰もいない。音は回数が増え、激しくなる。そこへクレジットカード会社から連絡が入ってきた。

シャーリーから連絡を受けたスティーブンとヒューは、ルークがヒルハウスへ向かったと推測する。ヒルハウスへ向かう途中、ヒューは、スティーブンが書いた本について真実を語る。本の中に登場する時計修理人は雇われていなかった。ルークがよく遊んでいたツリーハウスは存在しなかった。それを知ったスティーブンは驚愕する。

シャーリーとテオも車に乗りこみ、ヒルハウスへ向かう。

ルークはヒルハウスの玄関ホールにガソリンをぶちまけ、火をつける。しかし、火はすぐ消えてしまった。

ルークが見上げると、階段の上に赤いドレスを着た母が現れた。

広告
このミステリーがすごい! 2018年版

ホラー映画で殺されない方法

エピソード9:錯乱状態

© Netflix

過去。ヒルハウス。アビゲイルに服をあげたいと言うルークに、シャーリーはアビゲイルなど存在しないと拒む。頭痛に悩まされるオリビアは読書室で休もうとするが、扉を開けると、そこはシャーリーの葬儀場だった。大人になったネルとルークの死体を見て動揺する。

その晩、オリビアが目を覚ますと、ドレスを着たポピー・ヒルが現れ、話しかけてきた。ポピーは自分の娘を失った経緯を語る。

ポピーと話していたオリビアが気付くとヒューの喉元にドライバーを突きつけていた。オリビアの精神状態を心配したヒューは、しばらく屋敷を離れるように提案する。

その夜、ネルとルークの様子を見に行ったオリビアは、双子から「ママに暗闇に送られ、殺される」と言われショックを受ける。

しばらく屋敷を離れる予定だと言うオリビアに、ダドリー夫人はそうした方がいいと勧める。

翌日、オリビアは屋敷を離れるが、子供たちが心配になり、夜中にタクシーで家に戻る。ヒューはカウチで眠り込んでいた。

オリビアはキッチンへ行き、お茶を淹れる。目を覚ましたシャーリーは母の姿を見て驚く。オリビアはシャーリーの横を通り過ぎ、お茶を持ってネルとルークの部屋へ向かう。泊まりにきていたアビゲイルも誘い、4人は赤の部屋へ入っていった。

シャーリーは父を起こし、母が戻っていることを教える。驚いたヒューがキッチンへ行くと、やかんの横に殺鼠剤が置かれていた。

赤の部屋でオリビアは殺鼠剤入りのお茶のカップを子供たちに配る。最初に口をつけたアビゲイルが苦しみ出した。そこへ駆けつけたヒューがネルやルークの手からカップを叩き落した。

その後、ヒューは子供たちを起こし、車に乗せ、屋敷から逃げ出した。

ひとり屋敷に残されたオリビアは、螺旋階段の上に立つ。「目を覚ましたい」と言うオリビアの後ろにポピーが忍び寄り、オリビアの背中を押した。

オリビアは階段から落下した。

広告

エピソード10:ひっそりと佇む静寂

© Netflix

ヒルハウスに到着したヒューとスティーブンは、ガソリンの臭いがすることに気づく。屋敷の奥へ進むと、螺旋階段の下にアビゲイルがいた。ルークがいつも見る大男も現れる。ゴーストを見て怯えるスティーブンに、ヒューが怖がらないように言う。スティーブンがゴーストから意識をそらすと彼らは去って行った。

ヒューは螺旋階段を登り、赤い部屋の扉を開けようとするが開かない。スティーブンの前で扉が開き、倒れているルークの姿が見えた。スティーブンが部屋に入ると、ヒューの目の前で扉は閉じてしまった。

シャーリーとテオもヒルハウスに到着する。屋敷の中に入ったシャーリーは、夫を裏切り、浮気をした過去の幻覚を見る。テオも幻覚に苦しめられるが目を覚ますと、赤い部屋の中にいた。

赤い部屋の中で腕に注射針を刺して倒れているルークは死にかけていたが、やがて息を吹き返した。そして4人の前にネルが現れ、赤い部屋の正体を語る。その部屋は、テオの”ダンスルーム”、ネルの”おもちゃ部屋”、オリビアの”読書部屋”、スティーブンの”ゲーム部屋”、シャーリーの”アルバムの部屋”で、ルークの”ツリーハウス”だった。そしてネルは、赤い部屋はヒルハウスの”胃”であると言う。

ひとり部屋の前にいるヒューの前に朽ちかけたポピーが現れ、グラタン家の悲惨な過去を語りだす。ポピーはオリビアが姿を見せると去って行った。

赤い部屋の扉が開き、みんなでルークを運び、シャーリーとテオの車に乗せた。シャーリーとテオはルークを病院へ運び、ヒューとスティーブンは屋敷に戻る。

スティーブンが屋敷に入ると目の前に、階段から落ちて死んだ母と駆け寄る父が現れる。母を抱きしめ動揺する父の視線の方向にはダドリー夫妻がいた。夫妻は娘を探しに来たのだった。そして赤の部屋で死んでいるアビゲイルを見て悲鳴をあげる。

その時、アビゲイルの亡霊が現れた。オリビアの死体の側にオリビアの亡霊が現れたのを見たヒューは、屋敷を焼き払うと言うが、ダドリー夫妻は屋敷をそのまま残すように頼む。夫妻はアビゲイルに会いたいがためにヒルハウスの管理を引き受け、アビゲイルの死体と、アビゲイルの亡霊と共に帰っていった。

過去の出来事が目の前に映し出され、全てを知ったスティーブン。ヒューはスティーブンに別れを告げると、赤い部屋に入っていった。スティーブンは、母とネルが父を抱きしめるのをじっと見送るしかなかった。

シャーリーとスティーブンは、それぞれ夫と妻に過去を打ち明け、テオはシャーリーの家を出て行く。

ヒルハウスはそのまま残された。

ーEND-

広告 プロジェクター

『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』感想まとめ

© Netflix

ドラマの中では上記以外にも色々と起こりますが、全部書くと長くなるので割愛してます。

エピソード9の、ネルとルークのセリフがとっても印象的ですよね。。

ママに殺される夢でも?ママに暗闇の中に送られて心が痛くなる夢。すごく痛いの。ママに暗闇に送られて、心臓が半分に割れて楽しい気分がなくなるの。何年もだよ。最後は耐えられなくなって死んじゃう

僕はすごく悲しくて、暗闇が怖くて自分に毒を注射するんだ。何年も、何年も毒を注射して、最後には血が毒になって体が壊れちゃう

このセリフのシーンは、実は予告動画で見れるんですよね。このドラマの後半でセリフの意味が分かります…子供のネルとルークは大人になった自分たちの姿を夢で見て怯えていたんですね。。

ヒルハウスのゴースト紹介

ネルを怯えさせた首折れ女

これはネルだと途中でわかります。子供のネルが怯えていた”首折れ女”はネル自身だったんですね…それが分かった時のネルがとってもかわいそうでした。兄妹の中でネルだけはヒルハウスから逃げることができませんでした…その代わり、兄姉たちを助けてくれました。特に、ルークを。

ルークを悩ませる帽子の男

ヒルハウスの壁から出てきたのは、ウィリアム・ヒルのミイラでした。1948に失踪した夫を妻は探したが見つからず、未解決事件になっていました。ウィリアムは自分で自分を壁に閉じ込めたとのことだったのですが…なぜそうしたのかはハッキリと語られていないようです。

ウィリアムとポピーは精神病院で出会い、恋に落ちたとのことなので、ずっと精神を病んだままだったのかもしれませんね。

ルークを悩ませた帽子のゴーストは、ウィリアム・ヒルでした。

精神を病んだオリビア

オリビアのゴーストは、子供たちの前には現れませんでしたが、ヒューの側にずっといたようです。ヒューは子供たちと疎遠になってましたが、オリビアが自分の側にいたからかもしれませんね。

ポピー・ヒル

オリビアとネルは”自殺”と言われましたが、二人ともポピーに殺されていました。ポピーはまずオリビアを操り、ネルとルークを殺そうとしましたが、失敗。ヒルハウスの中に残ったままのようです。。

© Netflix

アビゲイル

過去のヒルハウスで、アビゲイルの姿を見ていたのはルークだけだったので、アビゲイルはゴーストだと思ってました…違いましたね。アビゲイルはダドリー夫妻の娘でした。ダドリー夫妻はヒルハウスが呪われていることを知っていたので、アビゲイルを家から出さずに育てていました。

しかし、ルークと仲良くなったアビゲイルは、ある晩こっそり家を抜け出し、ネルとルークの部屋に泊まります。それが、オリビアの”お茶会”の晩で、先にお茶を飲んだアビゲイルは死んでしまいました…ダドリー夫妻がアビゲイルの死体を見つけた時、ゴーストになったアビゲイルが現れます。

ゴーストでもいいから一緒にいたいと言うダドリー夫妻の姿がもの悲しいラストシーンですね。。

ヘイゼル・ヒル

エピソード10でオリビアの前に現れ、「ポピーはウソつきだ」と言う老婆。この老婆はヘイゼル・ヒルで、ウィリアム・ヒルの姉(または妹)。ダドリー夫人が世話をしていた女性です。ポピーとの間に何があったのか、詳しくは語られませんでした。

静かな怖さが良かった

ゴシック・ホラーの原作を現代風にアレンジした物語ですが、全体的にアンティークな印象を受けました。それがかえって斬新に感じましたね。

ルークの前に帽子の男が無言ですーっと現れる様子にはぞーっとするし、ネルが怯えていた首折れ女の正体がわかるシーンにはぞわぞわしました。

オリビアが殺鼠剤を入れたお茶を、笑顔で子供たちに配る様子も怖くて良かったです。静かな怖さいっぱいですよね。

『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』の良さは、ゴーストたちが日本のオバケのように、静かに忍び寄るところ…派手に騒ぐバケモノより、暗闇にじーっと佇むゴーストの方が何倍も怖いですよね…オリビアが静かに狂っていく様子も怖かったです。

『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』は、予想以上に面白かったです。今のところ、Netflixオリジナルのホラー作品の中では(個人的な順番の中で)2番目に面白いです(*^^*)

マイク・フラナガン監督にはこれからも期待してます!!シーズン2ってあるのかな。。?

広告:コミック、雑誌、小説などなど…初回30日間無料体験

Kindle Unlimited 月額980円で好きなだけ読める!

Amazonクリスマス・ギフト2018
クリスマスのプレゼントを探しているならAmazonをチェックしよう!

ゴシック・ホラーが好きな人には『クリムゾン・ピーク』がおすすめです!

Netflixオリジナル作品のすすめ!

Netflixオリジナル、ヒューマンドラマ、コメディのおすすめをまとめています。

NETFLIXオリジナル作品の個人的なランキングです。「ドラマ/ヒューマンドラマ」のジャンルから選びました。おすすめポイントとともにご紹介します。

Netflixオリジナル、ホラー、スリラーのおすすめ!

NETFLIXオリジナル作品の個人的なランキングです。「ホラー/スリラー」のジャンルから選びました。おすすめポイントとともにご紹介します。

Netflixオリジナル作品の新着情報をまとめています

NETFLIXで配信される、オリジナル作品の配信開始日の記録です。 NETFLIXオリジナル作品【新作配信開始リスト】 2018年12月3日~12月...

ホラー、スリラー映画好きにおすすめ!スティーヴン・キング原作の映画!

これまでにご紹介したスティーヴン・キング原作の映画のまとめです。『シャイニング』『ミザリー』『イット』などなど、スティーヴン・キングの世界を紹介!
広告
スポンサーリンク

SNSでフォローする

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

広告

Scroll Up