【ミスト】霧の中で恐怖と憎しみと絶望が増幅していく…

ホラー/スリラー

スティーブン・キング原作、フランク・ダラボン監督の『ミスト』。深い霧に覆われた町で、未知の怪物に怯える人々。怪物は霧の中だけでなく、人の中にも存在した。ホラー映画の傑作『ミスト』あらすじ、ネタバレ感想です。

 

カモコです(^▽^)o

鬱映画として有名な、ホラー映画『ミスト』

原作は、ホラーの帝王スティーブン・キング

監督は、『ショーシャンクの空に』のフランク・ダラボン

何度も見ましたが、何度見ても面白いです!

『ミスト』基本情報

 

 

原題:The Mist
監督:フランク・ダラボン
ジャンル:ホラー
上映時間:125分
製作国:アメリカ
アメリカ公開日:2007年11月21日
日本公開日:2008年5月10日

 

登場人物

 

◆デヴィッド・ドレイトン(トーマス・ジェーン)

画家。嵐の翌日、息子を連れて家の修繕道具を買いに出かける。

 

◆アマンダ・ダンフリー(ローリー・ホールデン)

 

◆ミセス・カーモディ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)

 

◆オリー・ウィークス(トビー・ジョーンズ)

 

◆ジム・グロンディン(ウィリアム・サドラー)

 

 

『ミスト』あらすじ

 

The Mist Movieclips Classic Trailers ©2007 The Weinstein Company

 

激しい嵐が吹き荒れた翌朝、デイヴィッドは破壊された家を修理するための材料を買いに、息子と隣人のノートンと共に近くのスーパーまで出かけた。

デイヴィッドたちが買い物をしていると、パトカーや救急車が何台も通りを走り抜ける。デイヴィッドや客たちは、何か大変なことが起こったのではないかと不安になった。

 

そこへ、鼻血まみれのダンがスーパーへ駆け込んできた。

 

「霧の中に何かがいる!ジョン・リーをさらったんだ!!」と、ダンが叫び、「ドアを閉めろ!外へ出るな!」と訴える。

 

店内の人々が外を見ると、町全体があっと言う間に深い霧に覆われてしまった。

 

一体何が起こっているのか、何も状況はわからないが、外に出ては危険だと思ったデイヴィッドたちは、店内で様子を見ることにした。

 

息子のために毛布を探しに倉庫へ入ったデイヴィッドは、外へ通じるシャッターを”何か”が強く押しているところを見てしまう。

 

それをオリー、ジム、マイロン、ノームの4人に話すが、誰にも信じてもらえない。

 

デイヴィッドが言ったことを確認するため、5人は倉庫に入る。そして、発電機に問題があることを発見する。

ジムが、外にある排気口が詰まっていると言うと、ノームが外に出て詰まりを取ると言い出した。

 

デイヴィッドは危険だと止めるが、ジム、マイロン、ノームは、デイヴィッドの忠告を聞かず、シャッターを開けてしまう。

 

外は、深い深い霧に覆われ、不気味な雰囲気。ノームがシャッターの外をのぞき込むと、突然、長い触手が隙間から入り込み、ノームの足を掴んだ。

 

その不気味な触手はノームの体にからみつき、あっという間に彼を外へ引きずり出してしまった。

 

スポンサーリンク

演技派キャストが勢ぞろい

 

出演者全員が、一般的には名前の知られていない、けれど「あの人、なんかの映画に出てたよね??」と、誰もが見たことのある俳優・女優がたくさん出てます。すばらしい俳優ばかりです!

 

特に、マーシャ・ゲイ・ハーデンの演技が、すばらしい!!

 

The Mist Movieclips Classic Trailers ©2007 The Weinstein Company

 

彼女は、ミセス・カーモディの役にぴったりですね!

一言でいうと、ウザいおばさん。

ウザい女を、完璧にウザく演じました。

宗教をバカにしてはいけないけれど(信じるのは自由ですからね)、人間、どうしようもなく追い詰められると、最後はやっぱり、神頼み。

ミセス・カーモディは、神の名を利用して、人を自分の思い通りに動かし、自分を崇めるよう誘導していきます。

人を操るのが上手い人は、人の弱いところにつけこむんですよね。そして、自分の思い通りに動かそうとする・・・そうでなければ、消してしまおうと考える。

私は、こういうタイプに背を向けるタイプなので、きっと消されます(笑)

そして、ウィリアム・サドラーは、プライドの高い、臆病な田舎者、ジムを演じました。

(彼は、フランク・ダラボンxスティーブン・キング作品の3本(「ミスト」「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」)に出演する常連)

最後まで、勇敢で冷静な、オリーと正反対です。

 

選択の結果は誰にもわからない

 

「ミスト」のラストシーンは、衝撃的で絶望的です。

私は、このラストがとても気に入っています。

自分ならどうしただろうか?と、いつも考えます。

 

いつでも希望はあるのです、ただ、選択の結果、絶望が待っているかもしれない。

つまるところ、人は死ぬまで何かを選択し続けるしかないんだなと思います。結果を恐れて選択せず、行動しなければ、人生は止まってしまいます。

それは死と同じです。

 

『ミスト』は”トラウマになる映画”と言われていますが、私はそうは思いません。

深く考えさせられる映画です。名作です。

タイトルとURLをコピーしました