【CIA分析官ジャック・ライアン】Amazon配信開始!ジョン・クラシンスキーの現代版ジャック・ライアンが活躍!

Amazonプライムビデオで配信開始の話題作!イエメンで多額の資金を動かす”スレイマン”とは何者なのか?スレイマンはビン・ラディン以上のテロリストなのか?ジョン・クラシンスキー版ジャック・ライアンが活躍する『トム・クランシー/CIA分析官ジャック・ライアン』。1話と2話の登場人物とあらすじをご紹介します。

カモコです(^▽^)o

8月31日からAmazonプライムビデオでついに配信開始となった『トム・クランシー/CIA分析官ジャック・ライアン』。

1話と2話を見ました!

あらすじ、感想、登場人物と原作紹介の記事です。

スポンサーリンク

『トム・クランシー/CIA分析官ジャック・ライアン』基本情報

予告動画

基本情報

●原題:Tom Clancy’s Jack Ryan
●製作:カールトン・キューズ、グラハム・ローランド
●ジャンル:スパイアクション
●話数:全8話
●上映時間:各話42~65分
●製作国:アメリカ
●Amazon配信開始日:2018年8月31日

登場人物

◆ジャック・ライアン(ジョン・クラシンスキー)

CIAのテロ資金・武器対策課(T-FAD)の分析官。元海兵隊員。アフガンに駐留したことがある。

◆ジェームズ・グリーア(ウェンデル・ピアース)

T-FADの新主任。ライアンに厳しく接する。過去に何かあったらしい。

◆ネイサン・シンガー(ティモシー・ハットン)

CIA長官代理。グリーアをT-FADに移動させた。

◆キャシー・ミュラー(アビー・コーニッシュ)

ライアンの元上司であるジョー・ミュラーの娘。感染症を研究する医者。

◆スレイマン(アリ・スリマン)

指導者としてシーア派とスンニ派の両派から尊敬されている男。多額の資金を計画的に動かしているがその目的は謎。

◆ハニン(ダイナ・シハーピ)

スレイマンの妻。息子がひとり、娘がひとりがいる。

◆アリ(ハーズ・スレイマン)

スレイマンの弟

1話:パイロット あらすじと感想

※ネタバレあります

本シリーズの幕開け。一連の不審な送金を発見したCIA 分析官ジャック・ライアンは、ボスであるジェームズ・グリーアと共にデスクから引き離され、新たな世界の脅威を追うべく現地に送り込まれる。不審な男たちを家族の住む居住地に入れた夫に対してハニンの中に不信感が芽生える。 引用:Amazonプライムビデオ

不審な男、スレイマン

CIAのテロ資金・武器対策課(T-FAD)で分析官を務めるジャック・ライアンが発見した、イエメンで不審な動きをする男、スレイマン

スレイマンが大規模なテロを企てているのではないかと懸念するライアンですが、新任の主任、グリーアはライアンの話を軽く受け流します。

しかし、スレイマンの動きに大きな不安を感じるライアンは調査を進めます。

スレイマンが関わる資金の動きを追うと、送金元は貿易会社になっていますが、それは架空の会社で、実際は携帯アプリを利用して多額の資金を動かしているのでした。

ライアンはグリーアの許可なく口座を凍結

900万ドルもの資金を送金するのは、大規模なテロ活動が目的だと確信するライアンは、早急にテロリストを封じるべきだと主張しますが、グリーアは真剣に取り合いません。

そこで、ライアンはグリーアを無視して、スレイマンが関わっている口座を凍結させるよう動きます。

後でそれを知ったグリーアは激怒!

しかし、スレイマンとテロ組織の動きは、ライアンが勝手に想像したものではありませんでした…

私は数字に弱いので、数字を見てるだけで頭おかしくなりそうです(;・∀・)

毎日数字が動いているデータを見続けるなんて…そんな仕事嫌だ…

ライアンは分析官といっても、元海兵隊員なので、現場の仕事も難なくこなします。

デスクワークだけじゃなく、現場のことも理解できるから、テロリストの動きに敏感なわけですね!

ライアンとグリーアはイエメンへ向かう

ライアンが口座を凍結させた後、CIAの特別活動家と公安がイエメンで不審な男ふたりを拘束。

スレイマンの関係者である可能性があり、ライアンはグリーアと共にイエメンの軍事施設に飛びます。

そこで二人の男が尋問されているのですが、そのひとりを助けるために、死体のふりをした男が施設内に潜り込むんです。

死体にかけられた布をめくって、ちょっと見ただけで施設の中に運び込むことを許可しちゃうんですよ!

…確かに見た目死体だけど、よく確認しろよ~(=_=)

基地内に入れる死体なら数発撃ち込んで確実に”死体にする”のが原則だろう~

そこ甘すぎる!と活を入れたくなりました(笑)

スレイマンの悲しい過去

1話のラストで、スレイマンの過去が少し明らかになります。それは1話の冒頭のシーンの続きなのです。

突然の空爆のせいで弟は脚をひどく火傷し、その弟を救おうとしたスレイマンもまた両手にひどい火傷を負います…

血まみれ、傷だらけで抱き合う兄弟。

その時の辛い体験が動機なのでしょうか。

大人たちの事情のせいで子供たちが怖ろしい目に遭うのはとても悲しいですね…

Dr.ライアン

ところで、ライアンは、経済学の博士号を持っているのでDr.ライアン」と呼ばれてるんですが、日本語字幕には出ないのでわかりづらいですね。字幕には「ライアンさん」と出てます。

字幕は字数が限られているので仕方がないですが、セリフが全訳されないので言葉の端々が消えてしまっているのがもったいないです。。

広告

2018年版ジャック・ライアン

『トム・クランシー/CIA分析官ジャック・ライアン』は、トム・クランシーの小説をドラマ化したものではなく、トム・クランシーの小説に登場するジャック・ライアンというキャラクターを登場させた、新しいストーリーです。

このドラマが企画された時は、トム・クランシーの小説をそのままドラマ化するつもりだったそうですが、小説の内容では現代に合わない部分が多い(30年近く前の作品なので)ため、新たなストーリーを作り上げることにしたそうです。

「レッド・オクトーバーを追え」では、”ソ連”と言ってますからね…冷戦時代のスパイものよりも911以降の現代的スパイ・アクションにした方がしっくりくると考えたんですね。

ドラマを見たら、それで正解だと思いました。

インターネットやアプリや最新兵器を使用するテロリストとの攻防の方が臨場感あふれるドラマに仕上がりますよね(^-^)

2話:フレンチ・コネクション あらすじと感想

※1話と2話のネタバレになります

情報の断片を解読したジャックとグリーアはパリへと向かい、謎の男スレイマンに一歩近づく。不可解な使命に異様な執念を燃やし家庭に持ち込む夫。ハニンは家族の将来に不安を覚える。  引用:Amazonプライムビデオ

CIA本部の幹部に進言

2話の序盤、イエメンから戻ったライアンは、グリーアと共にCIA本部の会議に出席します。

スレイマンはISか?という問いに対し、ライアンは「ISじゃない」と答えます。

ライアンが説明するには、

テロ組織は密輸や強奪した石油から資金を得ている。

そして、その資金は地下送金システムで人を介して動かされる。

凍結した口座にはヨーロッパから不審な入金があった。

テロ組織の資金は洗浄されて追跡できない。

ISなら今頃犯行声明を出すはずだが何も出ていない

つまり、スレイマンが先導するテロ組織は近々何か行動を起こそうと綿密に計画している可能性が高い、ということです。

CIAの幹部はスレイマンを通常のテロリスト、つまり西側に恨みを持つ者だと思っていました。

しかしライアンは、資金の動きが綿密に計画されたものであることから、通常のテロリスト以上ー例えばビン・ラディンのようなーの存在であると考えています。

スレイマンの素顔

スレイマンと弟のアリが港で談笑するシーンがあります。

そのスレイマンは人間味にあふれていて、とてもテロリストに見えません

2話の後半では妻が「あなたは善人だったのに変わったわ」と言い、悲し気な表情を浮かべます。

自宅でのスレイマンの、息子と娘に対する愛情に満ちた表情は、どこにでもいる普通の父親の表情です。

しかし、彼らの周りには武装した兵士たちが銃を手に立ち並び、自宅内には大量の兵器が収納されています。

スレイマンの真の動機と目的は何なのでしょうね…まだまだ謎です。

キャシー

1話で負傷したライアンは、病院で検査を受け、その足でキャシーに会いにいきます。

キャシーの父親は嫌なヤツですが、ライアンはキャシーと付き合うことになりそうですね(^-^)

ところで、1話に登場した時に思ったんですが…このドラマのアビー・コーニッシュ、少し太めですよね??

顔が丸い。役作りなのかな??

アビー・コーニッシュが出演した「6日間」の記事はこちらです↓

>>NETFLIX【6日間】テロリストから人質を救ったSASの実話を映画化

スレイマンの正体

ライアンはグリーアからスレイマンのスマホを渡され、ロックを解除するようにと指示されます。

パスコードを手に入れるため、スレイマンの過去を調べるうちに、スレイマンがフランス刑務所に収容されていた時の記録にたどり着きます。

フランス刑務所のデータにアクセスすると、ムーサ・ビン・スレイマンという男の記録が出ました!

パスコードは、その男の受刑者番号でした!

”スレイマン”は呼び名ではなく本名だったのですね。迂闊なCIA…(^^;)

ライアンがスマホを操作すると、通話記録は全てパリ市内だったことが判明します。

そして、ライアンはグリーアと共にフランスへ向かいます。

近代的なテロリスト

ライアンが予想した通り、パリのアジトで、テロリストたちがたくさんのシムカードを使って、次から次にアプリで資金を送金していました。

そこへフランス警察が踏み込みますが、テロリストが激しく抵抗します。

ライアンもひとりの男を追いますが、逃げられてしまいました。

テクノロジーって便利ですけど、悪用されるととんでもないことになりますね。

今はスマホがあればどんなことも簡単にできてしまう。。

逆に言えば、現代はテロ活動をするなら最先端のテクノロジーに精通していなければならないということですよね。

昔みたいに根性と信念だけではやり通せない時代になったのですね(^^;)

広告

ジョン・クラシンスキー

ジョン・クラシンスキーは、今年3月に全米で公開された大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』を監督し、出演したことで一躍有名になりました。

クラシンスキーはアメリカのシットコム『The Office』に出演して人気俳優になりましたが、このアメリカ版『The Office』が日本で公開・放送されてないため、日本での知名度が低かったんですよね。

(私見たいんですけど…スティーヴ・カレル主演だし。DVD出ないかなー)

『The Office』のクラシンスキー。かわいい(^^)

ちなみに横の女性はジェームズ・ガン監督の前妻です(^^;)

クラシンスキーは、キャプテン・アメリカ役に応募し、最終選考まで残りました。

が、クリス・エヴァンスに負けちゃいました(T_T)

落選した彼を励ましたのは、実生活での奥様、エミリー・ブラント

仲良し夫婦です♪

『クワイエット・プレイス』は夫婦共演ということでも話題ですね(^^)

【A Quiet Place/クワイエット・プレイス】最高のホラー映画!予告動画とあらすじ

『トム・クランシー/CIA分析官ジャック・ライアン』視聴方法は?

このドラマはAmazonビデオのみで配信されてます。

(2018年9月現在)

プライム会員になれば無料で視聴できますよ!

プライム会員の会費は年間たったの3,900円!

それで『トム・クランシー/CIA分析官ジャック・ライアン』シーズン1が全話無料で視聴できるなら、入って損はありません~

他に、トム・ヒドルストン主演の『ナイト・マネージャー』シーズン1も全話無料視聴できます!!このドラマもおすすめです(^o^)

>>プライム会員必見のドラマ!【ナイト・マネージャー】面白いスパイ・サスペンス!

プライム会員の特典は、こちらにまとめてます→Amazonプライム会員特典!

広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランキングに参加してます(^-^)

     にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

広告

SNSでフォローする

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

Scroll Up