【麻薬王の後継者】金と権力を譲り受けるのは誰だ?!

Netflixヒューマンドラマ

スペインのドラマ『麻薬王の後継者』ネットフリックス配信開始!愛憎渦巻くストーリーがスピーディーに展開し、見ごたえ十分!あらすじ、登場人物紹介とネタバレあり感想です。

 

カモコです(^▽^)o

2月8日新着の、ネットフリックスのドラマシリーズ『麻薬王の後継者』のあらすじや感想です。

これは、2月8日配信開始の中で一番気になったオリジナル作品なんです。

アルツハイマーを患った麻薬王が、息子か娘のどちらかに跡を継がせようと考えますが、自分が候補に入っていないと知らされた養子のマリオは激怒。何がなんでも金と権力を手に入れようと画策します。

まだ1話しか見てませんが、すごく見ごたえのあるドラマでした!

 

『麻薬王の後継者』1話のあらすじ、登場人物、キャスト紹介とネタバレ感想です。

どのオリジナル作品を見ようか迷った時の参考に(^-^)

 

ネタバレを読みたくない人は「ネタバレ」と書いてる部分をとばしてくださいね(^-^)

「麻薬王の後継者」作品情報

 

 

ジャンル:ドラマ
原題:Vivir sin permiso
英題:Unauthorized Living
原作・制作:アイトル・ハビロンド
製作国:スペイン
スペイン配信日:2018年9月24日
Netflix配信開始日:2019年5月1日
話数:13話

 

「麻薬王の後継者」あらすじ

 

スペインのオエステで海運会社オープンシーを営む、富豪のネモ・バンデイラには裏の顔がある。

ネモは麻薬を密売することで莫大な財産を得た男。町を牛耳る容赦ないギャングなのだ。

町の政治家も警察も、誰もがネモに逆らうことはできない。逆らえば怖ろしい目に遭うだけだ。

 

そのネモが、ある日アルツハイマーだと診断されてしまう。

覚悟を決めたネモは、家族を集め、娘のニナか息子のカルロスに跡を継がせると告げる。ニナもカルロスも、有能で信頼されている弁護士のマリオが後継者となると思っていたので驚くが、血族に跡を継がせるというのは、母親のチョンの希望だった。

 

ネモたちの前では笑顔だったマリオは、屋敷を離れたとたんに怒りを爆発させる。ネモに気に入られ、後継者として選ばれるよう努力してきたからだった。

 

マリオは気を取り直し、ネモに気取られぬよう気をつけながら、虎視眈々と後継者の座を狙う。

 

一方、ネモは個人的な問題を抱えていた。

実は、彼にはもう一人娘がいるのだ。アダという女性との間に生まれたララだ。

アダは病院に入院しているが意識がなく、装置に繋がれて生きている。ララはその装置を止め、母を安楽死させることを希望していた。

ネモはアダの安楽死に反対で、元警察署長やマリオを使い、ララが装置を止めないように画策する。

 

スポンサーリンク

「麻薬王の後継者」1話の感想

 

エキサイティングなストーリーがギュッと詰まったドラマでした!

展開はスピーディーだし、登場人物は魅力的!犯罪ドラマとしても、人間ドラマとしても面白いです!!

 

1話見ただけでもかなり満足(*^_^*)

しかし、このドラマシリーズは各話が70分以上あるんですよね(^-^;

1話1話が「ドラマスペシャル」並みですね。。シーズン1を見るだけで時間かかるなあ。

 

主人公のネモは、ハンサムだけど強面で、自信家で、リーダーシップがあり、誰にも情け容赦ない”まさに悪の大ボス”という人物。

警察を賄賂で操り、会社のコンテナや漁船に麻薬を詰めて密輸。外国の麻薬ディーラーとも取引しています。

敵対する人物がいれば、部下が彼らを脅すか、痛い目に合わせるか、殺してしまう。街の住人でネモに逆らう者などいないのです。

 

そのネモがアルツハイマー型認知症を患っているという設定は変わってますね。

 

ネモは亡き親友の息子マリオを息子同然に育てました。マリオは今はネモの弁護士をしています。

ハンサムで切れ者のマリオ。誰もがネモはマリオを後継者に選ぶと思っていました。

しかし、ネモの妻チョンは、自分と血が繋がった者でなければだめだと譲らないのです。

 

これ以上書くとネタバレになってしまうので、ここまでにしておきます。

たくさんの登場人物が出てきますが、彼らはネモを中心に複雑に絡み合っています。

 

ギャングものや愛憎劇が好きな人におすすめです!

 

登場人物が多すぎるので「登場人物とキャスト」は次に書いてます(^-^)

 

スポンサーリンク

登場人物/キャスト

 

◆ネモ・バンデイラ(ホセ・コロナド)

麻薬の密輸を生業とする富豪。アルツハイマーを患っている。

◆マリオ・メンドーサ(アレックス・ゴンサレス)

ネモの弁護士。幼い頃にネモに引き取られ家族同然の存在。

◆チョン(ピラール・カストロ)

ネモの妻。会社の後継者は血族でなければならないと主張する。

◆ニナ(ジュリア・チャルム)

ネモの娘。アートギャラリーを始める。

◆カルロス(アレックス・モネール)

ニモの息子。ドラッグ依存症。ゲイでアレハンドロと付き合っている。

◆ララ・バラレス(クラウディア・トライサック)

ネモとアダの間に生まれた娘。ネモを嫌っている。

◆フェロ(ルイス・サエラ)

ネモの部下No.1。

◆ラマス

元警察署長。汚職と借金にまみれている。

◆アレハンドロ

ラマスの息子。カルロスのボーイフレンド。

◆マルコム(ウナクス・ウガルデ)

マリオの部下。

◆マメン

マリオに協力する女

◆セバスチャン・エルゲラ

新しい裁判官

◆ティグレ

刑務所に収監されている犯罪人。

◆エクスプレス

ララのボーイフレンド。

 

スポンサーリンク

「麻薬王の後継者」ネタバレあり感想

以下1話のラストまでのネタバレがあります。

© Netflix

 

ネットフリックス配信のスペイン映画やドラマ、どれも面白いですね~

今回の『麻薬王の後継者』も当たりだと思います!

1話見ただけで、映画1本見たかのように感じました。。

 

よくあるストーリーではありますね。でも、登場人物が魅力的でストーリー展開がいいので惹きつけられました!

悪人が主役って、なんかいいですよね(^-^;

 

ギャングのボスで何もかも自分の思うがままだったネモですが、医者にアルツハイマーの第2段階だと告げられます。

近い記憶から忘れていくと言われました…治療法はないとのこと。「家族の名を忘れたら俺を殺せ」と部下のフェロに命じるシーンは何か悲しい。。

 

登場人物は魅力的だけど、人数多い~

2話以降、まだまだ新キャラ出そうですよね(^-^;

 

第二の主役はマリオ。今後暗躍するでしょう。。

チョンがマリオに「夫はニナに跡を継がせるつもりよ。つまりニナの夫になる人物に会社をまかせるということよ」と言ったら、即行動。

 

マリオはニナの絵を買って彼女の気を引きましたが、ニナもマリオを誘惑。。1話からあっさり誘惑し合うのにはちょっとビックリしました(;゚Д゚)

 

カルロスは後継者に興味がないのかと思ったら、やる気十分でした(^-^;

頼りなさそうだけど。彼がどう行動するのか。。

 

第三の主役らしいララも、後継者問題に巻き込まれてゆくのでしょうね。。

ララの母アダがなぜ植物状態だったのかが気になりますね。

マリオは、ジャーナリストがアダとララを調べていると言ってました。過去に秘密がありそうです。

 

1話後半では自分が後継者になれないと知ったマリオが何やらUSBメモリーをジャーナリストに渡していまいた。。何が入っているのやら。

 

 

カルロスの恋人で、元警察署長の息子アレハンドロは普通にいい人みたいですが、父親の件で事件に巻き込まれたりするのではないでしょうか。

 

そして、マリオの部下らしいマルコムには秘密がありそうです。

 

ラマスが死ぬ前に接触した犯罪者ティグレがネモと家族を狙いそうですね。

 

ララと親しいエクスプレスは、ララの為に麻薬を強奪する悪事に加担し、結果的に仲間に撃たれてしまいました。。彼は今後どうなるのか?

 

1話終了しただけで、各登場人物に気になることがいっぱい。。

 

ところで、ドラマの舞台スペインのオエステってどこだろうと思い、調べてみました。

赤いマークのところです。ポルトガルの上の方なんですね。

 

『麻薬王の後継者』は面白くなりそうだし、とても興味があるけれど、シーズン1全部見るのに時間かかりそう。。

 

※ドラマシリーズに関しては、どんな内容なのか興味のある人にご紹介するため、基本的に1話を見た感想を書いています。

タイトルとURLをコピーしました