【ユニコーン・ストア】虹色のラメと綿色のユメ:ブリー・ラーソン監督作品

Netflixオリジナル

ネットフリックス映画『』ブリー・ラーソン監督・主演のコメディ・ドラマ。サミュエル・L・ジャクソン共演。あらすじ、登場人物、キャスト紹介とネタバレあり感想。

 

カモコです(^▽^)o

4月5日新着の、ネットフリックス映画『』を見ました。

 

』は、『キャプテン・マーベル』で大人気のブリー・ラーソンが初監督した作品で、同じく『キャプテン・マーベル』に出演しているサミュエル・L・ジャクソンと共演です。

ブリー演じるキットは、ひょんなことから「ユニコーンの世話係」になれるか試されることになり、ユニコーンを迎え入れる準備を始めますが…。

スポンサーリンク

『ユニコーン・ストア』作品情報

 

 

ジャンル:コメディ、ドラマ
原題:Unicorn Store
監督:ブリー・ラーソン
時間:92分
製作国:アメリカ
Netflix配信開始日:2019年4月5日

 

「ユニコーン・ストア」あらすじ

 

画家を目指していたが夢は叶わず、一日中家でゴロゴロとテレビを見るキット。

仕事に就けず、友人も彼氏もおらず、人生は空回り。両親はキットのことを気にかけているのだが、キットは誰にも愛されていないと思っている。

そんな時に人材派遣会社のスタッフ募集広告を見たキットは、思い切って応募し、広告会社で働くことになった。

広告会社では、単純で簡単な仕事をするだけだったが、なぜか副社長のゲイリーに気に入られ、キットの人生が動き出した。

キットがオフィスで作業をしている時、デスクの上にカードが置かれていることに気づく。

カードを開くと「ザ・ストアにご招待。欲しいものを販売します」とメッセージが書かれ、住所が書いてあった。

不思議な気持ちのまま、キットがその住所に行き、建物の中に入ってみると、ピンクの派手なスーツを着た”セールスマン”という男が待っていた。

その男は、キットがユニコーンの世話係になるだけの、やる気があるかどうか確かめたいと言う。

 

スポンサーリンク

登場人物/キャスト

 

◆キット(ブリー・ラーソン)

画家を目指していたがなれず、人生が行き詰まっている女の子。

◆ジーン(ブラッドリー・ウィットフォード)

キットの父。

◆グラディス(ジョーン・キューザック)

キットの母。

◆ヴァージル(ママドゥ・アティエ)

工具店のスタッフ。キットを手伝うことになる。

◆セールスマン(サミュエル・L・ジャクソン)

ユニコーン・ストアのセールスマン。

◆ケビン(カラン・ソーニ)

キットの幼なじみ。

◆ゲイリー(ハミッシュ・リンクレイター)

広告会社の副社長。

◆クリスタル(アナリー・アシュフォード)

ゲイリーのアシスタント。

 

スポンサーリンク

「ユニコーン・ストア」感想(ネタバレなし)

 

『ユは、『キャプテン・マーベル』のブリー・ラーソンが初めて長編映画の監督を務めた作品です。

 

『キャプテン・マーベル』で共演したサミュエル・L・ジャクソンが出演してますが、サミュエルは派手な衣装がバッチリ似合いすぎてます(笑)

 

この映画、ちょっと変わった作品で、童話が映画化されたような感じではあるんですが、子供向けのストーリーではありません。

 

不思議な女の子が、不思議な世界で活躍するために現実に向き合う…というような、感じ。

 

夢を忘れた大人へのメッセージ…なのかな??

 

ブリーが演じるキットは、人生にやぶれかぶれになってました。両親の家にやっかいになり、仕事に就かず、カウチの上でダラダラとテレビを見ては溜息をつく毎日…。

 

そのキットが心機一転、就職すると、不思議なことが起こります

 

キットは「ユニコーン・ストア」という変わった場所にたどり着き、そこで”セールスマン”という男から「ユニコーンの世話ができるかどうか」試されることになるのです。

 

ユニコーンが現実にいるなんて信じられないキットですが、もともと夢見る女の子だったので、セールスマンの課題に挑戦してみることにします。

 

キットは子供の頃から夢見たユニコーンに会うために、創意工夫してがんばります。一度動き出せば色んなアイデアが浮かんでくるキット。

 

そんな時、就職した広告会社でプレゼンをすることになりますが…。

 

キットはユニコーンのお世話係になれるのか?!

そもそもユニコーンは存在するのか?!?!

キットは広告会社でも成功を掴むことができるのか?!

 

万人に受けるタイプの映画じゃないので、見た人の感想はバラバラになるでしょうね。。

 

『キャプテン・マーベル』や『ルーム』のブリー・ラーソンとは全然違う表情が見れると思います。

 

スポンサーリンク

「ユニコーン・ストア」感想(ネタバレあり)

以下ネタバレあります。視聴後にご覧ください。

 

 

『ユ…ちょっと遊んで、文字の色を変えてみました(笑)

 

予告動画を見た時から、変わった映画のようだと思ってましたが、思った以上に変わってました(^-^;

 

サミュエルがド派手なスーツで出てきた時はウケましたが(*^▽^*)

 

この映画への正直な感想は…「なんだったんだろう」という一言です。私の好きな映画じゃなかったです。

 

夢を忘れないで、とか、いつか願いは叶う、とか、伝えたいことはわかるんですが…全体的に何が言いたいのかよくわかりませんでした(=_=)

 

庭にある小屋を、ヴァージルと両親がユニコーン用に改装してくれたとわかるシーンではちょっと感動しましたけれど。

 

ラストのユニコーン出現シーンは、小さな女の子が喜びそうですね!

ユニコーンと言って最初に思い出すのは、『怪盗グルー』のアグネスです(^-^)

 

なんかハッキリしないシーンが多くて、困りました(;´・ω・)

あの副社長は何だったのか。あのプレゼンは何のためだったのか…。

ラストも、ブリーは部屋を出て行ったけど、ユニコーンはどうするの???

 

全体的に不思議なストーリーだったけど、ラストが工夫されてたらいい映画になったんじゃないかなあ。

 

出演者は、サミュエル・L・ジャクソンはもちろんですが、ジョーン・アレンが出てるので期待してました。

 

サミュエルはいい感じでしたけど、ジョーンが演じた母親はそれほどの印象は残りませんでした。うーん残念。

 

一番良かったと思ったのは、ヴァージル役のママドゥ・アティエ

 

彼、いい表情を見せますね!今後注目したい俳優さんです(^-^)

 

サミュエルのあっかるい表情は楽しめたし、ママドゥ・アティエという注目の新人俳優を見つけたので、それだけでも見た甲斐があったかな(^-^)

 

ところでRotten TomatoesやIMDbに評価が出てて、しかもキャストの出演が2017年と記載されてたので、あれ?っと思ったら、2017年にトロント国際映画祭で上映されたんですね。だからもうスコアが出てるのか。。

 

Rotten TomatoesもIMDbも、評価は微妙ですね…批評家の評価は、低いか高いかのどちらかという感じ。

 

褒めてる人もいますから、ファンタジーが好きな人にはうけるのかも??

 

主人公の夢を叶えるために、家族や友人が手助けをする、という内容なら、『ブリグズビー・ベア』の方がおすすめです(*^-^*)

【ブリグズビー・ベア】好きなことを諦めるなんて…ネタバレあり感想
大好きなブリグズビー・ベアに情熱を注ぐジェームスは輝いている。見た目がダサくて、常識を知らなくても。見ると心が温かくなる映画『ブリグズビー・ベア』をご紹介します。特に映画ファンに見て欲しい1本です!あらすじ、キャスト紹介、ネタバレあり感想です。

 

「ユニコーン・ストア」キャスト

 

サミュエル・L・ジャクソン

 

セールスマンを演じた、サミュエル・L・ジャクソン

『パルプ・フィクション』を見た時から彼の大ファンで、特にサミュエルの話し方が好きなんですよね(*^-^*)

サミュエルの出演作でおすすめは、『パルプ・フィクション』は当然として、おすすめは『ジャッキー・ブラウン』!!オデール役のサミュエルは超カッコイイ!!

ジャッキー・ブラウン [Blu-ray]
ワーナーホームビデオ

『閉ざされた森』もいいですよね!トラボルタと共演です。

閉ざされた森 (字幕版)
Amazon.com Int'l Sales, Inc.

 

ブラッドリー・ウィットフォード

 

キットの父親を演じた、ブラッドリー・ウィットフォード。『ゲットアウト』の、あの無表情な脳神経外科医、ディーン役が印象的でしたね…

 

ジョーン・キューザック

 

キットの母親役のジョーン・キューザック。シリアスなドラマからコメディまでマルチにこなせる大女優です。

ジョーンの出演作でおすすめは、『隣人は静かに笑う』『スクール・オブ・ロック』!

 

カラン・ソーニ

 

ケビンを演じたカラン・ソーニは、『デッドプール』のドーピンダー役でおなじみですね(^-^)

 

タイトルとURLをコピーしました