【シェア・ハウス・ウィズ・ヴァンパイア】ハロウィン・ナイトの上映に!

ハロウィン・ナイトにぴったり!現代のニュージーランドに暮らすヴァンパイアたちを追ったドキュメンタリー(?!)『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』。ヴァンパイアが現代社会を生きるのって大変…ストーリー、登場人物、キャスト紹介と感想です。

スポンサーリンク

「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」紹介!

カモコです(^▽^)o

大好きなホラー・コメディ『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』!

ついにご紹介します!!

これはハロウィンの夜に上映するのにぴったりな映画ですよ~

怖くないからホラー映画が苦手な人でも見れる(かも)!

そもそもホラー映画じゃないんですよ。

この映画は、ニュージーランドの現代社会を生きるヴァンパイアたちの”現実”を知ることができるドキュメンタリー!…らしいです( *´艸`)

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』作品情報

密着取材で明らかになる、ヴァンパイアの実態!

シェアハウスに住む4人のヴァンパイアは、現代社会をどう生き抜いているのか…

ニュージーランドの秘なる世界では、数年に一度”邪悪な舞踏会”が開かれる。その舞踏会までの数か月間、あるグループの同意を得て取材を敢行。撮影班は十字架を身につけ、取材対象から保護も受けている。

予告動画

基本情報

●原題:What We Do in the Shadows
●監督:ジェマイン・クレメント、タイカ・ワイティティ
●脚本:ジェマイン・クレメント、タイカ・ワイティティ
●ジャンル:コメディ、ホラー
●上映時間:85分
●製作国:ニュージーランド
●ニュージーランド公開日:2014年6月19日
●日本公開日:2015年1月24日

登場人物/キャスト

広告

◆ヴィアゴ(タイカ・ワイティティ)

379歳。18世紀の伊達男だった。神経質で物事に細かい。人間の女性に恋をし、彼女を追いかけてニュージーランドへやってきた。

◆ディーコン(ジョナサン・ブラー)

183歳。若い頃、ピーターに噛まれヴァンパイアに。元ナチス・ヴァンパイア。

◆ヴラディスラフ(ジェマイン・クレメント)

862歳。呼び名はヴラド。16歳の時にヴァンパイアになった、中世から生きているヴァンパイア。拷問部屋を持っていて、串刺し拷問が好き。

◆ピーター(ベン・フランシャム)

8000歳のおじいちゃんヴァンパイア。

ベン・フランシャムは、ピーター・ジャクソンの『乙女の祈り』に出演しています。

◆ニック(Cori Gonzalez-Macuer)

ジャッキーの前の前の彼氏。ピーターに血を吸われ、新人のヴァンパイアに。

◆スチュー(スチュアート・ラザフォード)

まじめな人間。ニックの姉の元彼だった。IT関係の仕事をしている。

◆ジャッキー(ジャッキー・ヴァン・ビーク)

人間の女性。永遠の命がもらえることを期待してディーコンに仕える”使い魔”。

◆狼男たち

ヴァンパイアと仲が悪い。木の枝を投げられるとつい追いたくなる。

◆カトリーヌ(エセル・ロビンソン)

ヴィアゴの昔の恋人。おばあちゃんになってリタ・アンガス養護施設に入っている。

◆フィリップ(Frank Habicht)

ヴィアゴの召使い。

◆ビースト(Elena Stejko

本当の名前はポーリーン。ヴラドの元カノで、宿敵。

ストーリー:人の血を吸いながら仲良く暮らすヴァンパイアたち

ヴィアゴの目覚ましが6時を告げる。起床の時間だ。

恐る恐るカーテンを開く…完全に日が暮れていることを確認し、ヴィアゴはホッとする。

ヴィアゴが住んでいるのは、ヴァンパイアのシェアハウス。

夜一番のミーティングの議題は「家事分担」。

洗濯、ゴミ出し、皿洗い、廊下や階段の掃除、etc.

ヴィアゴが回して使う担当表を作り、他の二人は渋々家事を始める。

ウェリントンには60~70人のヴァンパイアが住んでいる。

人間に正体がバレると大変なことになるので、人間社会に溶け込み、ヴァンパイアだとバレないように暮らさないといけない。

夜になり、ヴァンパイアが経営する「ビッグ・クマラ」というバーに入ったヴィアゴたち。

そこで、ディーコンは、自らの使い魔であるジャッキーと会い、女数人と男ひとり。18~30歳のヴァージンがいい、と注文する。

ジャッキーに人間を用意させ、彼らを夕食会に招待し、最後に血を吸うのだ。

ジャッキーはもう4年半もディーコンの言いつけを聞いているが、まだヴァンパイアにしてもらえない。

ジャッキーは約束通り、ヴァンパイアの夕食会に女1人と男1人を連れてくる…が、ジョセフィンもニックも残念ながらヴァージンじゃなかった。

夕食に虫入りパスタを出されたニックは怒って帰ろうとする。

出口がわからず、ウロウロするニックをヴィアゴたちが追いかける!

ようやく外へ出たニックは、ピーターに捕まってしまった…

2ヵ月後。ニックはヴァンパイアになった。

空を飛ぶことができるようになったことを喜ぶニックに、みんなは苦い顔をする。

派手に行動して人間に正体がバレるとまずいのだ。

夜になり、ニックも一緒に街に繰り出したヴァンパイアたち。

今夜はスチューも一緒だ。

スチューはニックが連れて来た友達。みんながヴァンパイアだと知らずについて来ている。

ニックの手配で、みんな初めてブギー・ワンダーランドに入ることができた!

ブギー・ワンダーランドを楽しんだヴァンパイアたちが夜道を歩いていると、向こうから狼男たちがやってきた。

仲の悪いヴァンパイアと狼男たちは、お互いをけなし合うが、ケンカになる前に離れた。

妙な行動ばかりするヴィアゴたちに不審な表情をみせるスチュー。

ニックはついにスチューに本当のことを打ち明けることにする。

…続きは本編でお楽しみください(^-^)

広告

見どころと感想:とにかくヴァンパイアたちがかわいい! ネタバレあり

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』は、気のいいヴァンパイアたちが日常生活を公開してくれますヾ(≧▽≦)ノ

ヴァンパイアが現代の人間社会を生き抜くのは、人間が想像する以上に大変なんです!

そして、彼らは彼らなりに、気を遣いながら生きているのです…(笑)

時々グロいシーンが出るので(血がどばーっと噴き出したり)、そういうのが苦手な人には少し見づらいでしょうけれど…

すごく楽しいコメディです( *´艸`)

真顔でヘンなことばっかりするヴァンパイアたちが可笑しい~

以下、ヴァンパイアの大変さをご紹介します。

ネタバレになることをご了承ください)

ハロウィン広告

ハロウィン・ナイトに、”ハロウィン・ブラックサンダー”!!

イラストがかわいいですね(*^_^*)

以下、ネタバレになります!

ヴァンパイアの悲しい性:思い出の品が身につけられない…

ヴィアゴは若い頃、人間の女性・カトリーヌと恋に落ち、彼女を追いかけてニュージーランドへやってきました。

しかし、手違いのため間に合わず…ヴィアゴがNZに着いた頃には、カトリーヌは別の男性と結婚してしまっていたのです…

最後にカトリーヌからもらったロケットペンダントに、彼女と自分の写真を入れ、懐かしそうに眺めるヴィアゴ。

しかしそれは純銀製のロケット

ヴァンパイアは純銀製に弱くて、身につけると肌が焼けてしまうんです(^^;)

ヴァンパイアの悲しい性:鏡が使えない…

お出かけする時、オシャレしたいけど…鏡に映らない。

自分じゃ見えないから、他の人に意見を言ってもらったり、絵に描いてもらったり…

ヴァンパイアの悲しい性:入店できない…

ヴィアゴたちは夜の街へ繰り出すのが大好き。

オシャレなバーやクラブに入りたいけれど…ヴァンパイアは招かれなければ建物の中に入れない(悲)

店員は「勝手に入ればいいじゃないか」と言うけれど、「どうぞ」と言ってもらえないと入れないのです…

「俺たちを招いてくれよ~」と入り口でお願いするヴァンパイアは悲しい。

ヴァンパイアの悲しい性:やっぱり十字架は…

ピーターが襲われた状況を説明するディーコン。

「…そしてこうやって歩いて石棺へ…うおぉぉ!十字架だあ!早く隠せ!!…で、ピーターが石棺から…」

十字架があっても、見えなくなれば、大丈夫♡

ヴァンパイアの悲しい性:血じゃないと…

スチューが食べてるフライドポテトを食べたニック。

その後、ニックは大量の血を吐いちゃいます(;・∀・)

お腹を壊しちゃったんですね。。

ニックは「食事もできない、日光浴もできない、昼のテレビもダメ!ヴァンパイアなんてやめてやる!」と愚痴を言うしかない(笑)

広告

スチューが好きなみんなが好き!

ニックが連れて来た友達、スチュー

すごく人が良くて、みんなが本物のヴァンパイアだと知った後でも一緒にいてくれる…(*^_^*)

そんなスチューが大好きで、彼を守ろうとするみんなが、またかわいい!

ニックは、ピーターに「スチューを襲わないでくれ…彼はベジタリアンなんだ…」と説得。

血色のいいスチューの頬を見てると血を吸いたくなるけど、みんな我慢!

ディーコンはスチューのためにマフラー編んでるし( *´艸`)

スチューも、みんなとすっかり仲良くなって、ヴァンパイアたちにパソコンやスマホの使い方を教えてあげる。

ネットで色々ググってみせたり。

みんなで”日の出”の映像を見てるところが可笑しいです(笑)!

ヴァンパイアたちがおもしろすぎる!!

ヴァンパイアたちがとにかく、可笑しい!

「オシャレして街へ行こう!」と張り切るけれど、服装が…中世のコスプレか、妙なバンドのメンバーみたいに(笑)

ピーターがニックのせいで死んじゃった時、ニックは裁判にかけられます。

判決は、有罪で無期限追放。

その上、「恥辱まみれの行進」の刑が追加され…ヴィアゴは「その刑は重すぎるよ」と申し訳なさそう。

しかし、その刑とは…

「恥を知れ」と指を指してつぶやきながら、ニックの周りをグルグル回るだけ!

恥辱にまみれたニックはシェアハウスを出ていきました…

ヴァンパイアたちは昔の人たちなんで、考えが古い(古すぎる)んですよね(;・∀・)

でも、ズレてる自分たちに全く気がついてなくて。。。そこがかわいいです(*^▽^*)

ニュージーランドらしい言葉が使われてる~

映画は、ヴィアゴが「フラットミーティングするよ~」とみんなに声をかけるシーンから始まりますね。

この”フラット”とは、”アパート”の意味です。

NZはイギリス英語を使うので、アパートのことを”flat(フラット)”と言います。

米語では”ルームメイト”ですが、イギリス英語を使う地域では”フラットメイト”と言います(^^)

そして、ヴァンパイアたちの行きつけのバーは「ビッグ・クマラ」。

クマラは、マオリ語で”サツマイモ”のことなんですよ。

つまり、”でっかいサツマイモ”という名のバーなんですね(^^;)

スチュー・ラザフォードは日本語ペラペラ!

シネマトウディの”『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』出演者は元慶大生で日本語ペラペラ!”という記事を見つけました。

高校3年生のときに東京に1年間留学してニュージーランドに戻り、ニュージーランドの大学を休学して国費留学生として慶應義塾大学の日本語研究課程でさらに1年間学び、ニュージーランドの大学を出た後、大阪にある日本のデザイン会社に2年弱勤めたという異色の経歴を持つスチュー。

スチューは本名なんですね(^o^)

人が良くてヴァンパイアの皆から好かれるキャラクターですが、ご本人の性格そのものみたいです。

そもそも彼は俳優でもなんでもなくて、タイカ・ワイティティの友人、ということで出演したそうです( *´艸`)

スチューの出演は成功でしたね!!さすがタイカ!

ニュージーランドがどんなところか知りたい方へ、NZについてまとめてます。

こちらの記事もどうぞ(^-^)

ニュージーランドはとても美しい国です。たくさんの人にニュージーランドの素晴らしさを知って欲しいと思います!NZの文化、生活、動物、アクティビティや名物などをご紹介します。ワイティティ監督のあの動画もご紹介!

おすすめの映画!

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』が気に入ったら、以下の映画もおすすめです!

●ハント・フォー・ザ・ワイルダー・ピープル

タイカ・ワイティティ監督作品です!

ブログも書いてます(^-^)

NETFLIX配信開始!サム・ニール、ジュリアン・デニソン主演のニュージーランド映画『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』。タイカ・ワイティティ監督がニュージーランドの大自然を舞台に撮ったほのぼのコメディです。面白いですよ!あらすじ、キャスト、原作の紹介とネタバレありの感想です。

●マイティ・ソー/バトルロイヤル

言わずと知れた、タイカ・ワイティティ監督作品!

髪を切ったソーがカッコイイですよね~(*^▽^*)

●ティーン・ウルフ

マイケル・J・フォックスの狼男コメディです!楽しい映画です(^-^)

●アダムス・ファミリー

モンスターが出るコメディといえば、やっぱり『アダムス・ファミリー』ですよ!

「2」もあります↓

●アダムス・ファミリー2

Netflixオリジナル映画、ドラマシリーズ紹介

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』は、只今Netflixで配信されています!

そのNetflix、オリジナル作品が結構あります。

私が見たNetflixオリジナルの映画やドラマシリーズの中から、記事にしたものをまとめています。

参考になれば幸いです(^-^)

NETFLIXオリジナル作品の個人的なランキングです。「ドラマ/ヒューマンドラマ」のジャンルから選びました。おすすめポイントとともにご紹介します。
NETFLIXオリジナル作品の個人的なランキングです。「ホラー/スリラー」のジャンルから選びました。おすすめポイントとともにご紹介します。
NETFLIX配信中の、海外アニメの個人的なランキングです。

ハロウィンにおすすめのコスチューム

10月31日は【ハロウィン】今年はどんな仮装にしますか?!

まだ間に合う!…とは思いますが、在庫と納期はご注文時にご確認ください。

*ハロウィン タトゥーシール

*ハロウィン コスプレ ナース ゾンビ

*ヴァンパイアのケープ

*ブラックパンサー

広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランキングに参加してます(^-^)

     にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

広告

SNSでフォローする

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

Scroll Up