号泣する邦画【壬生義士伝】家族を養うために新選組に入隊した侍の意地と信念。

中井貴一主演、浅田次郎原作の「壬生義士伝」幕末の世に、武士としての信念を貫き、父としての愛に生きる吉村。新選組で活躍した吉村貫一郎の生きざまを描く。邦画必見の1本。

カモコです(^▽^)o

鎌倉ものがたり』大ヒット上映中ですね!!

豪華キャストが集結し、ビジュアルも美しく、予告を見るだけでその不思議な世界に惹きこまれます。あまり邦画を見ない私も、この映画にはとても興味があります。

さて、今回は、『鎌倉ものがたり』で主役を務めている、

堺雅人さんが出演している、2003年に公開された『壬生義士伝』をご紹介します。

スポンサーリンク

『壬生義士伝』基本情報

愛する者のために涙を切り、人を切る――― 浅田次郎の同名時代小説を『おくりびと』の滝田洋二郎監督が手がけた時代劇大作。 幕末の世、新選組に入隊した盛岡・南部藩出身の吉村貫一郎の波乱の生涯を、悲痛なまでの家族愛とともに描く。 主人公・吉村貫一郎役の中井貴一、彼のライバル斉藤一役の佐藤浩市をはじめとするキャスト陣が好演。日本映画界が誇る豪華な顔ぶれで贈る感動作!!

[監督] 滝田洋二郎
[原作] 浅田次郎
[キャスト]
 中井貴一
 佐藤浩市
 三宅裕司
 村田雄浩
 堺雅人
 他
[上映時間]  137分
[日本公開日] 2003年1月18日

落ちぶれた武士の意地と信念を描いた傑作

原作は浅田次郎です。

映画もすばらしいですが、原作も傑作です。

映画(DVD)には、英語字幕もついています。

英題は、『When the Last Sword Is Drawn

英語字幕で見るのも面白いですよ(^-^)

武士の生き様。武士の信念。

主役の吉村貫一郎は、中井貴一

「壬生義士伝」

貧乏侍の吉村くんですが、北辰一刀流の免許を持つ剣豪です。

腕はたつのですが・・・守銭奴の吉村くん。

「手当・・・たったこれだけ・・・」上司である土方歳三にも嫌味な視線を送ります。

吉村くんはお金が絡むと誰にでもあからさまな態度を取ります。そこがこの映画のコメディ・パート(*^▽^*)

しかし、お金への執着には理由があるのです・・・吉村貫一郎の家族への深い愛は見る者の目を潤ませます。

元上司である、大野次郎右衛門との友情と絆も泣かせます。

貫一郎を陰で支える大野様。三宅裕司の演技も素晴らしいです!!

クライマックスは、涙涙涙・・・ (´;ω;`)

そして、もう一人の主役、斎藤一役は佐藤浩市

自分も他人も取るに足りない存在だと投げやりに生きている斎藤さん。家族を大切に思い、家族のために生きる貫一郎を馬鹿にしますが・・・

沖田総司!堺雅人!

さて、今回のブログの主役は、沖田総司を演じた、堺雅人さん。

壬生義士伝』に出演された頃(2003年)は、今のような知名度はありませんでした。

なぜ、当時無名の堺雅人に注目したかというと・・・

世間がイメージする沖田総司と正反対の演技をされたからです!!

普通、沖田総司って、美青年に描かれるじゃないですか。

一人だけポニーテールで、優男で、みなに好かれているけれど、剣を持たせると冷酷な鬼と化す。剣を振る姿もまた美しい・・みたいな。

ほんとにそんなヤツいたのかよ(・_・;)・・と思うほどのいい男ですよね。沖田総司って。

ですが、『壬生義士伝』での、堺雅人さんの沖田総司は、まったく別のキャラクターだったんです!!

常にニヤニヤと笑っている。爽やかでなく、皮肉たっぷりのニヤニヤ顔。

柔らかい物腰ではあるけれど、いつもふざけた態度で、人を小馬鹿にしている。

女遊びも大好き!!

かなりチャラい!!

そして、”例の”喀血シーン

最近のマンガや小説に描かれてるような、美しい血の吐き方はしません。

ゲハっ!!と吐いた後に、ニタ~リ・・・

そういう訳で、『壬生義士伝』を見てすぐに、「沖田総司を演じている、このすごい俳優は誰だ!?!?」と、調べた訳です。

それが、堺雅人さんという俳優さんを知った瞬間でした(^-^)

私も沖田総司は好きだけど、やたら美青年に描かれると気持ちが悪い(-_-)

もともと嫌味で皮肉屋で意地悪なキャラクターが大好きなので、堺雅人さんが演じた沖田総司がとても気に入りました!!

『壬生義士伝』は最高の一本

他にも素晴らしい演技派俳優・女優が出演しています。

出演者もいいのですが、ストーリーが最高です。

家族愛、男同士の友情、絆、信念、尊敬、などなど、幕末と明治時代を背景に、登場人物たちの様々な想いが交錯します。

時代劇が苦手な人も、堺雅人さんに興味のない人も、映画はあんまり見ない人も、アンチ新選組の人にもお勧めします。

カモコおすすめの邦画は少ないですが、『壬生義士伝』は、これまでに見た邦画の中で最高の10本に入ります。

見る時は、ハンカチかタオルをそばに・・・絶対泣きますよ(T_T)

広告
スポンサーリンク

ランキングに参加してます(^-^)

     にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

広告

SNSでフォローする

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

Scroll Up