ワーキング・ホリデーの想い出(2)クライストチャーチ、ニュージーランド

1997年の10月、私は福岡空港からニュージーランドへ。クライストチャーチでワーキング・ホリデーを体験した一年間は、私の一生で一番の想い出。NZでのワーホリ体験記、続きです。

スポンサーリンク

ワーキング・ホリデーの想い出。クライストチャーチ、ニュージーランド

カモコです(^▽^)o

1997年10月から1998年10月までのほぼ一年間、私はニュージーランドでワーキング・ホリデーを体験しました。

もう21年前になります!!

私がワーホリに行くことになったいきさつや、ワーホリ出発への準備、そしてNZでの一年間の生活について、昔の記憶をたどりながら書いてみようと思います。

遠い昔の想い出ですが、これからワーホリに行ってみようかと悩んでいる人、英語を勉強するために海外での留学や滞在を考えている人のお役に立てればいいなと思います。

※注※ 以下は1997年当時の状況です。現在のワーキング・ホリデー制度と異なる場合があります。

バイトで資金稼ぎ!

1回目に書きましたが、私はワーホリの資金を貯めるため、午前~午後をアイスクリーム工場で働き、夕方~夜までをファストフード店でアルバイトしました。

貯金の目標額は100万円。

その時に、たぶん、30~40万くらいは貯金があって、あとの70~60万円を貯めようとしたように思います。

アイスクリーム工場は短期のバイトだった(暑い間が繁忙期ですからね)ので、6月~9月まで働かせてもらいました。

最初は8月までの契約でしたけど、私がお金を貯めていることを理解してくれた部長が、9月まで雇ってくれたんですよね…ありがたいことでした。

アイスクリーム工場の仕事が15時くらいに終わると、今度はファストフード店へ移動。

17時~22時まで働きました。

毎日フラフラだったけど、若かったし、目標があったので、頑張れました(^-^)

事件発生!

バイトの掛け持ちしながらお金貯めてる途中で事件が発生

ある朝、車でアイスクリーム工場へ出勤していると、私の一台前の車が犬を轢いてしまいました…

前の車は気づいたのか気づかなかったのか、行ってしまいました。

犬は「ギャンギャンギャン!」と悲鳴を上げながら近くの工場のようなところへ。

車を止めて、犬を見に行くと、後ろ脚の腿が裂けて、骨が見えてました。

…犬好きの私は見てみぬふりができず…

「この近くに動物病院がありますか?!」と工場の人に尋ね、動物病院へ。

病院で事故のことを話すと、

「飼い主は不明だし、あなたが轢いたのではないにせよ、手術代は連れて来たあなたが払うことになりますが、いいですか?」と言われました。

ちょっと考える…目的があって必死で溜めているお金を使わなければならなくなるかも。

「ここまで連れてきて、やめますとは言えないので、手術してください」と、犬を置いてバイトへ行きました。

ちょっとカッコイイようですけど、バイトしてる間中、

「一体いくら払うことになるんだろう~」と頭の中で後悔の念がグルグル回ってました(笑)

数時間後、バイト先に電話が入りました。

「犬の飼い主ですが…この度はありがとうございました。」

良かった~(*^▽^*)

お金も払わずに済んだし(T_T)

事件発生2!

ある日、アイスクリーム工場の冷凍庫の中で滑ってコンクリートの床に転倒(^^;)

床が凍ってるんで滑りやすいんですよね…後ろにひっくり返る形で、後頭部をガーン!と激しくぶつけたようでした。

自力で起き上がったけど、転倒した時の記憶がない。。

私は一体どれくらいの時間、冷凍庫の中に倒れていたのか…

なんのクッションもなく、コンクリートの床に直で頭を打ち付けると、目の周りに火花が出ますよ(*^^)v

ホントです。花火みたいな火花がバチバチします!

頭打ったあとピヨピヨが出て頭の周りをぐるぐる回った、というのはウケ狙いの作り話ですけど(^^;)

その後すぐに脳神経外科に行きましたが、特に異常はありませんでした。でも、2~3日は後頭部が腫れて痛かったなあ。。

広告

家族が信じない!

バイトしながら、ワーホリ出発とNZ現地滞在の手続きをこなしていきました。

2017年の夏に、「出発は10月25日にしよう!」と決定。

(なぜその日を選んだのか理由が少しあったのですが、今度書きます)

その頃、父と母と同居していた私は、ワーホリ出発を計画しだした時から話をしていました。

ワーホリとはどんなものか説明し、NZとのやり取りや、航空券の手配、出発日など数か月にわたり色々と話しました。

しかし、出発の一週間前くらいまで、私が本当に一年間も外国に行くとは信じていなかった(-_-;)

「だーかーらー、来週福岡空港からシンガポール経由で…」と言う私に、

「ホントに行くのか?!」と何度も聞き返されましたよ(-_-;)

ラッキーなことに、私の両親は海外に行くことに反対するようなタイプではなかったので、止められたことは一度もありませんでした(^^)

(その後、NZで「親に猛反対された」という人たちに会って驚いた!)

広告

出発!

ワーキング・ホリデー・ビザの申請や取得はドキドキしましたが、無事にビザをもらい、準備万端!!

(ワーホリ・ビザの手続きについての記憶がないなあ。。)

準備期間が短く、結局100万円も貯まりませんでした(^^;)

たしか、70~75万円を準備したと思います。

福岡へ移動

飛行機は、シンガポール航空で、福岡空港からシンガポール空港へ行き、そこで乗り継ぎしてクライストチャーチ空港へ、という航路。

妹が福岡に住んでいたので、前日に福岡に移動して、妹のアパートに一泊することにしました。

母が見送りたいとついてきたので、妹の狭いアパートに3人寝ましたがギリギリでした。

。。やはり興奮気味で眠れず。

夜中にコンビニ行って、お酒買って飲んだけど眠れず(^^;)

翌朝、寝不足のまま空港へ。

広告
世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト『トリバゴ』

シンガポールで乗り継ぎ

福岡空港を何時に出発したのか、忘れちゃったんですけど、確か10~11時くらいでした。

福岡空港の見送りデッキで母が手を振っているのが飛行機の窓から見えました。

前回、航空券の手配に関して書いたんですが、本当は大韓航空で行こうと思ってたんですよね。

噂では、大韓航空なら、日本ーNZの一年オープンチケットで13万円くらいとのことでした。

私は、大韓航空が手配できず、シンガポール航空にしたので、18万円ほど払いました。

この5万円の差は痛かった(>_<)

だけど、その5万円分の価値はありました!

シンガポール航空、すっごくいい~(*^▽^*)

Photo by byeangel

当時、エコノミークラスでも各座席にモニターがついてたのは、シンガポール航空くらいだったんです。(今では普通ですけど、21年も前なので)

靴下やらスリッパやら入っている”快適グッズ”はもらえるし、フライトアテンダントの制服はエキゾチックで美しいし、大満足の初シンガポール航空利用でした!

今でもシンガポール航空が一番好きですヾ(≧▽≦)ノ

※注※ 上記は1997年当時の状況です。現在のワーキング・ホリデー制度と異なる場合があります。

広告
世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

クライストチャーチ空港

シンガポール空港での乗り継ぎが何時間だったのか忘れてしまいました(^^;)

たぶん、5~6時間の乗り継ぎ時間があって、空港の中をウロウロしました。

そして、シンガポール空港から、クライストチャーチ国際空港へ。

前日ほとんど寝てなかった私に疲れがきて、眠くなったんだけど…

近くに赤ちゃんか小さな子供がいて、また眠れず…

寝不足のままクライストチャーチ国際空港へ降り立ちました。

広告

ホストファミリーと合流

Photo by Anon Mouse

クライストチャーチの語学学校が、月曜日スタートだったので、その前の週の土曜日に着くように行きました。

クライストチャーチ国際空港では、お手紙に書いてあった通り、語学学校の校長先生、教頭先生と、ホストファミリーが迎えに来てくれてました。

私のホストファミリーは、初老のご夫婦。

彼らの車に荷物を乗せて、ホストファミリーの家へ向かいました。

木が大きい~!!

クライストチャーチ国際空港を出ると、広い道路に出ます。

道路に植えられている木々を見てビックリ!!

「大きい~~~」

日本では見たことがないくらい、木が大きい!

(写真は2009年のものです)

どの木も枝が長く、緑の葉が空まで届きそうなくらいのびのびと伸びています。

その付近の街路樹が大きい訳じゃなく、どの木も大きいんです。

道路沿いの家は、庭をきれいに整備していて、町中の緑が美しい。

クライストチャーチはガーデンシティと呼ばれています」という説明文は何度も何度もガイドブックで見ていたけど、実際は想像以上にきれいでした!

眠気に勝てず、まずは寝る!

ホストファミリーの家について、家の中の説明を受けながら…

半分寝てました(^^;)

前々日の福岡からほとんど寝てなかった私は、そのまま倒れて寝そうでした。

「すみません。寝ます。」と言って、ベッドに横になり、ホストマザーから「晩ご飯よ」と起こされるまでぐっすり眠りました。。。

広告

いよいよクライストチャーチ市内へ

(写真は2006年のクライストチャーチ、大聖堂)

今回は、ここまでにしておきます(^-^)

また来週、NZワーホリ体験記の続きを書きます。

この記事を読む人は少ないかも知れないけれど…当時のことを思い出すのは楽しいし、形に残すのもいいことですね。

情報が古すぎて、今の人たちの役にはたちませんが、私が体験したことが、誰かの参考になれば嬉しいです(*^_^*)

もしくは、読み物として楽しんでくれる人がいれば…

では、また来週(^^)/

※注※ 上記は1997年当時の状況です。現在のワーキング・ホリデー制度と異なる場合があります。

NZに興味のある人におすすめ!

NZについて簡単にまとめた記事

ニュージーランドはとても美しい国です。たくさんの人にニュージーランドの素晴らしさを知って欲しいと思います!NZの文化、生活、動物、アクティビティや名物などをご紹介します。ワイティティ監督のあの動画もご紹介!

テカポ湖で見た星空の記事

満点の星空。夜空に煌めく天の川。一度は自分の目で見てみたいと思いますよね。ニュージーランドのテカポ湖は、星空ウォッチングに最適です!! カモコです(^▽^...

NZ人、タイカ・ワイティティ監督作品の紹介記事です。

『ハント・フォー・ザ・ワイルダー・ピープル』

NETFLIX配信開始!サム・ニール、ジュリアン・デニソン主演のニュージーランド映画『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』。タイカ・ワイティティ監督がニュージーランドの大自然を舞台に撮ったほのぼのコメディです。面白いですよ!あらすじ、キャスト、原作の紹介とネタバレありの感想です。

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』

ハロウィン・ナイトにぴったり!現代のニュージーランドに暮らすヴァンパイアたちを追ったドキュメンタリー(?!)『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』。ヴァンパイアが現代社会を生きるのって大変…ストーリー、登場人物、キャスト紹介と感想です。

スポンサーリンク

ランキングに参加してます(^-^)

     にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

広告

SNSでフォローする

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

Scroll Up