【WOUNDS/ワウンズ:呪われたメッセージ】あのホラー映画がNetflixで配信に!

NETFLIX

アーミー・ハマー、ダコタ・ジョンソン、ザジー・ビーツ共演のホラー映画「WOUNDS」がNetflixで配信されます!邦題は【ワウンズ:呪われたメッセージ】…この映画、おぞましい映像が多用されてるようなんですが…あらすじ、登場人物、キャスト紹介など。ネタバレなし。

 

カモコです(^▽^)o

Netflixでアーミーの「WOUNDS」が見れる?!

この映画、今年のサンダンス映画祭で上映された作品なんですが…Netflix配信とは少々ビックリしました。

なぜならこの映画には、気持ちの悪いアレが(大量に?)出るらしいんです…。

ネタバレなしで、作品をご紹介します。

スポンサーリンク

「WOUNDS/ワウンズ:呪われたメッセージ」作品情報

 

ジャンル:ホラー、スリラー
原題:WOUNDS
監督:ババク・アンバリ
時間:94分
製作国:イギリス
Netflix配信開始日:2019年 ※日付は不明

 

「WOUNDS/ワウンズ:呪われたメッセージ」あらすじ

 

ウィルは、ニューオーリンズのいかがわしいバー”ロージーズ”で働くバーテンダー。常連客のアリシアに気があるが、キャリーという同棲中の彼女がいる。

ある晩、バーの上の階に住むエリックが客と大喧嘩になる。割れたボトルが顔に当たったエリックは深い切り傷を負ってしまう。

店内にはエリックの喧嘩をスマホで録画する若者グループがいた。

喧嘩が警察に通報されると、彼らはすぐに店を出て行ったが、その中のひとりがスマホを置き忘れていった。

そのスマホを見つけたウィルは、ポケットに入れたまま家に持ち帰り、興味本位でロックを解除してしまう。

すると、気味の悪いメッセージやおぞましい写真が次々に送りつけられ、それを見たウィルは、狂気と悪夢に取り込まれてゆく…。

 

参考・参照:Bloody Disgusting, The Hollywood Reporter, Indie Wire

 

 

スポンサーリンク

描写が気持ち悪いと評判の映画

 

海外メディアのレビュー記事を見ると、この映画は気持ちの悪いビジュアルでいっぱいのようです(-_-;)

 

ホラーが好きで良く見る人なら多少のゴア描写は問題ないと思うんですが…

ですが…

今回は、アレが使われてます。

 

ネタバレしたくないので書きませんが、アレのアップもあるとか書いてありました。大量に出そうです…。

無残な殺人描写が平気でも、〇〇〇〇はダメと言う人は多いですよね。

 

「パーフェクション」くらいでトラウマになるような人は、指の隙間から恐る恐る見るようにしましょう。

今回は、私もさすがに難しいかも…だけど、大好きなアーミーとザジーが出るから、がんばって見てみます(T_T)

 

原作:The Visible Filth

 

「WOUNDS」の原作は、Nathan Ballingrudの「The Visible Filth」です。

日本語に翻訳されたものはないようですね。

「WOUNDS/ワウンズ:呪われたメッセージ」キャスト・監督

 

キャスト

 

*ウィル(アーミー・ハマー)

*キャリー(ダコタ・ジョンソン)

*アリシア(ザジー・ビーツ)

*エリック(ブラッド・ウィリアム・ヘンケ)

*ジェフリー(カール・グルスマン)

 

アーミー・ハマーは良作への出演が続いていますが、今回はゴア描写満載のホラーで主演!

チャラい男、ウィルを演じます。

大富豪の孫で、ハンサムで、ユーモアがあって、子供に優しくて、俳優として確実にキャリアをアップさせているアーミーに欠点はあるのでしょうか…。

 

「フィフティシェイズ」シリーズで人気女優となったダコタ・ジョンソン。「サスペリア」での演技は高く評価されました。

今回はアーミー演じるウィルと同棲しているキャリー役です。


キャリーもウィルの悪夢に巻き込まれていくようですが…彼女の運命はどうなるのか?

 

「デッドプール2」のドミノ役で注目されたザジー・ビーツは、ウィルが浮気心を持つアリシア役です。

 

アリシアには彼氏のジェフリーがいるようですが、悪夢に憑りつかれた後のウィルにも言い寄られるのでしょうか。

監督

 

ババク・アンヴァリは、「WOUNDS」の他に「アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物」を監督しています。

アカデミー賞外国語映画賞イギリス代表作品! 英国アカデミー賞 新人賞受賞、シッチェス国際映画祭 新進監督賞受賞ほか全映画祭を席捲した傑作ホラー!

…と、Amazonで販売されているDVDの説明にありました。(アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物

IMDbでは平均スコア「6.9」で、若者が高めに評価しています。

だけど、アマゾンのページに記載されてる日本人ユーザーのレビューは評価低いんですよね。面白いか、面白くないか、この映画も微妙ですね。

 

スポンサーリンク

「WOUNDS/ワウンズ:呪われたメッセージ」評価は?

(参照:Rotten Tomatoes 2019年6月時点

 

サンダンス映画祭後の「WOUNDS」の評価はRotten Tomatoesで「54%」IMDbは「5.3」と、微妙に低評価です…

ただし、批評家に不評でも一般公開後に観客から高評価される映画もありますから、上記はあくまでも参考にするのみです。

 

ちなみに書籍(原作)は読者に評判いいようですよ。ストーリーはいいんでしょうね。

 

映画のレビューをチェックすると、「わけわからん」と言う人がちらほらいますね。。

ホラー、スリラーもので「よくわからない」という感想が多いと、人によって大きく評価が分かれる映画の可能性大です。マニアにはウケるけど一般ウケしないという。

 

あまり期待し過ぎないようにして、配信日を待つことにします。

 

しかし、ゴア描写はいいとして、アレが出るのはどうかなあ…食事前、食事中の視聴は避けた方がいいかもしれませんね…

 

※この記事は海外メディアを参照しています。実際に配信される映画の内容(役名など)と異なる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました