【ビューティフル・デイ】人身売買の陰に潜むさらなる陰謀。カンヌで絶賛されたスリラー映画

幼さの残る少女と血を恐れない元軍人。恐ろしく、悲しい事件に巻き込まれた二人の先にあるのは悪夢か、運命か。

カモコです(^▽^)o

ホアキン・フェニックス主演の『ビューティフル・デイ』。

『少年は残酷な弓を射る』のリン・ラムジーが監督、脚本と製作を手がけ、2017年のカンヌ国際映画祭で脚本賞と男優賞を受賞した傑作スリラーです。

カンヌでの上映後には、観客からスタンディングオベーションを受け大絶賛されたそうです。

NY and LA, it’s time. See Joe’s quest to find Nina in You Were Never Really Here this weekend.

You Were Never Really Hereさん(@youwereneverreallyhere)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

『ビューティフル・デイ』

元軍人のジョーは行方不明の捜索を請け負うスペシャリスト。ある時、彼の元に舞い込んできた依頼はいつもと何かが違っていた。依頼主は州上院議員。愛用のハンマーを使い、ある組織に囚われた議員の娘・ニーナを救い出すが、彼女はあらゆる感情が欠落しているかのように無反応なままだ。そして二人はニュースで、依頼主である父親が飛び降り自殺したことを知る―

ビューティフル・デイ公式サイト

基本情報

●原題:You Were Never Really Here
●監督:リン・ラムジー
●ジャンル:サスペンス、スリラー
●上映時間:89分
●製作国:イギリス、フランス、アメリカ
●イギリス公開日:2018年3月9日
●日本公開日:2018年6月1日

Nina. Her name is Nina. #BringTheHammer 04.06.18

You Were Never Really Hereさん(@youwereneverreallyhere)がシェアした投稿 –

上の動画は、ニーナがジョーに救出された後の映像のようですが、ニーナに表情はありませんね。。。なぜ彼女は組織に囚われたのでしょうか?何があったのでしょうか?

登場人物

◆ジョー(ホアキン・フェニックス)

「ビューティフル・デイ」予告動画より

退役軍人。人身売買や性犯罪に巻き込まれた少女たちを救出する仕事をしている。

◆ニーナ・ヴォット(エカテリーナ・サムソノフ)

「ビューティフル・デイ」予告動画より

13歳のヴォット議員の娘。売春組織に拘束されている。

◆アルバート・ヴォット(アレックス・マネット)

「ビューティフル・デイ」予告動画より

選挙活動中のニューヨークの上院議員。行方不明の娘を探している。

◆ジョーの母親(ジュディス・ロバーツ)

ジョーと二人暮らしの年老いた母。

◆ジョン・マクリアリー(ジョン・ドーマン)

ヴォット議員からの依頼を仲介した男。




A traumatized veteran, unafraid of violence, tracks down missing girls for a living. When a job spins out of control, Joe’s nightmares overtake him as a conspiracy is uncovered leading to what may be his death trip or his awakening.

IMDb:You Were Never Really Here

暴力を物ともしない退役軍人のジョーは過去のトラウマに囚われている。行方不明の少女の捜索が制御不能となった時、陰謀が明らかになるにつれ、ジョーは悪夢に支配されていく。ジョーが導かれるのは、死への旅路か、覚醒か。

Nowhere is safe. #BringTheHammer 04.06.18

You Were Never Really Hereさん(@youwereneverreallyhere)がシェアした投稿 –

あらすじからは『96時間』と『レオン』が想像されるが、この映画は想像を超えると、日米のメディアが表現しています。

説明的な描写やセンチメンタリズムを排除し、徹底的に研ぎ澄まされたスタイリッシュな映像美を創出。さらに『ファントム・スレッド』でオスカーノミネートも果たしたジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)が手掛けたそのソリッドな音楽と相まって、観る者の視聴覚をスリリングに刺激してやまない傑作が誕生した。

ビューティフル・デイ公式サイト

上の説明から考えると、哀れなニーナをジョーが娘同然に扱ったり、逆にニーナがジョーに父を重ねる、というようなありがちな展開とその描写はないということですね。

ホアキン・フェニックス

Majestic. 📷 @interviewmag

You Were Never Really Hereさん(@youwereneverreallyhere)がシェアした投稿 –

映画ファンなら、ホアキン・フェニックスがいかに素晴らしい俳優であるか、もうご存知ですね。今更、「彼が素晴らしい演技をみせてくれる」なんていう一文は要りませんね。

この映画のあらすじを読んで、ホアキンがよくこの役を引き受けたなあと思いました。

彼の兄、リバー。リバー・フェニックス

ある日突然、ドラッグの過剰摂取で亡くなりました。

そのニュースは衝撃的でしたよ。

リバーの大ファンだった私には、今でも映画業界関係での一番辛い想い出の一つです。

実の弟ホアキンは、私たちファンの何倍も苦しみました。

「兄の死のトラウマから長く抜け出せない」と語ったという記事を読んだことがあります。

若い頃は、線の細いリバーと比較されたり、どの役を受けても常に兄の存在をどこかに感じていたそうです。

過去にトラウマのある男の役とは、フェニックス兄弟ファンには辛いですね。。。

One of the scenes you’ll be thinking about long after you leave the theater. #BringTheHammer

You Were Never Really Hereさん(@youwereneverreallyhere)がシェアした投稿 –

上のシーンは、終映後に、観客が長い時間考えこむことになるシーンの一つだそうです。。。

ニーナとジョーはどうなるのでしょうか?

陰謀とは何なのでしょうか…

広告
スポンサーリンク

ランキングに参加してます(^-^)

     にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

広告

SNSでフォローする

ブログをメールで購読できます

こちらにメールアドレスをご入力ください。ブログの更新をメールでお知らせします。

Scroll Up