親バカの最悪の暴走と決断【息子のしたこと】スペイン映画あらすじ、ネタバレ感想

ネットフリックス・オリジナル映画『息子のしたこと』。ホセ・コロナドが息子のために悩み、行動する父親を熱演。スペイン映画。あらすじ、登場人物、キャスト、監督紹介とネタバレあり感想。

カモコです(^▽^)o

3月1日新着の、ネットフリックス・オリジナル映画『息子のしたこと』を見ました。

Netflixドラマシリーズの『麻薬王の後継者』で主役を演じているホセ・コロナドが、主人公のハイメを演じています。

ネットフリックスはスペイン映画の配信が多いですね~

『息子のしたこと』は”ヒューマンドラマ”ですが、少しサスペンス要素が入っているんです。

凄惨な暴行を受けた息子のため、父は犯人を捜し、復讐を決意しますが…。

今回は、Netflix映画『息子のしたこと』のあらすじ、登場人物、キャスト、監督紹介とネタバレあり感想です。

ネタバレを読みたくない人は「ネタバレ」と書いてる部分をとばしてくださいね(^-^)

スポンサーリンク

『息子のしたこと』作品情報

予告動画

ジャンル:ドラマ、サスペンス
原題:Tu hijo(Your Son)
監督:ミゲル・アンヘル・ビバス
時間:103分
製作国:スペイン
スペイン公開日:201811月9日
Netflix配信開始日:2019年3月1日

あらすじ

画像引用:Your Son Trailer © Netflix

セビリアに住むハイメ・ヒメネスは、誠実で腕のいい医者だ。妻、息子、娘の4人暮らしで、家族関係は良好だ。ハイメは特に、快活な息子マルコスの将来に期待と希望を抱いていた。

ある日、ハイメが勤務する病院に重症の若者が担ぎ込まれ緊急手術を受ける。看護師から連絡を受けたハイメは、その若者が息子マルコスであることを知る。

マルコスは数人の暴漢から凄惨な暴力を受けていた。

顔が歪み、昏睡状態に陥った息子の姿に愕然とするハイメ。

警察から見せられた現場の防犯カメラには、マルコスの友人のペドロや元カノのアンドレアが映っていた。

事情聴取の時にペドロの様子がおかしかったと聞いたハイメは、ペドロから話を聞こうとする。

登場人物/キャスト

◆ハイメ・ヒメネス(ホセ・コロナド)

セビリアの病院に勤務する誠実な医者。

◆マルコス(ポル・モーネン)

ハイメの息子。4人の若者から暴力を受ける。

◆サラ(アシア・オルテガ)

ハイメの娘。

◆カルメン(アナ・ワヘメル)

ハイメの妻。

◆アンドレア(エステル・エスポシト)

マルコスの元カノ。サラと仲がいい。

◆ペドロ・ピメンテル(Marco H. Medina)

マルコスの友人。

◆ラウル・バレロ(Sergio Castellanos)

暴力を受けるマルコスの映像をスマホで撮影した男。

◆マヌエル・バレロ

クラブのオーナーでラウルの父親。

◆エスペランサ・モレノ(Sauce Ena)

マルコスの事件を担当する刑事。

◆ホアン・モントーヤ(Ramiro Alonso)

ハイメが手術し、助けた子供の父親。

『息子のしたこと』感想

※この部分にはネタバレはありません

この映画が面白いかどうかは別として、「人としてどうなのか」と納得できないストーリーでした。

ラストで呆れた映画です(=_=)

『息子のしたこと』は、息子を大切に、大切に思う父親の物語。

愛する息子の為(だけ)に行動する父親ハイメを、ホセ・コロナドが熱演しています。

ハイメの息子マルコスは、ある日昏睡状態になるほど凄惨な暴力を受けます。マルコスは快活で、将来有望な息子だっただけに、なぜそんな目に遭わなければならなかったのか、ハイメには理解できません。

マルコスの友人や以前のガールフレンドが何か知っているのではと思ったハイメは、独自に事件を調べ始めます。

その後、事件に関わった人物と背景を掴んだハイメは、思いがけず暴走してしまいます。

そしてラストで事件の真相を知るのです。

父親の苦悩や葛藤を表現したかったのだと思いますが、展開がスロー過ぎました。途中で退屈する人もいるでしょうね。。

愛する息子を酷い目に遭わせたヤツに復讐してやる、と思い詰める父親の行動は、途中までは共感できないこともないんですが…クライマックスで「どれほどの親バカなのアンタ?」と呆れてしまうストーリーです。

残念ながらおすすめできるような映画ではありませんでした(^-^;

スポンサーリンク

ネタバレあり感想

以下ネタバレあります。視聴後にご覧ください。

画像引用:Your Son Trailer © Netflix

サスペンスやスリラーというよりヒューマンドラマですね。

息子が暴漢に遭い…って言っても、レイプ犯が痛めつけられるのは、当然の報いですよ(=_=)

マルコスは父親の前ではいい子のふりをして、父親の知らないところでは本性の通りの、ズルくてバカな男だったんですね。

『息子のしたこと』は、息子を思うばかりに行き過ぎた行動をとってしまった父親の姿を描いています。

親であれば我が子が誰よりもかわいく、子供のためなら自分が地獄に落ちても…という気持ちはわからなくもありませんが、私は女性なので、レイプされ、おもちゃにされた女性アンドレアの味方です。

マルコスを顔の形が変わるほどに痛めつけた犯人は、ラウルと仲間たちでした。それを知ったハイメはクラブのトイレで復讐を成し遂げました。

しかし、ラウルがマルコスに暴力を振るったのは、ラウルと付き合いだしたアンドレアに怒りを感じたマルコスが、嫌がらせのためにアンドレアをレイプしたからでした。

しかも現場にいたマルコスの友人たちは止めるどころか面白がり、レイプの様子をスマホで動画に撮っていたのです。彼らはコカインを使っていてハイになっています。

ドラッグを使用しながら集団で女性のレイプを楽しんだのは、マルコスです。

ラウルたちの、マルコスへの暴力は確かにやり過ぎでした。でも、アンドレアから話を聞いた直後の行動であれば、マルコスを最低野郎だと感じ、怒りにまかせて殴ってしまうのは仕方ないですよ。

もしかしたらラウルたちは、アンドレアのためにスマホの動画を取り上げたかったのかもしれませんね。

ラウルの父親マヌエルは、息子がマルコスを痛めつけたことを知っていたようです。マヌエルは、ハイメをクラブから(心理的に)遠ざけようと試みますが上手くいかず、ハイメはラウルに近づきます。

ついにハイメがラウルを痛めつけるために人を雇った時、マヌエルの父性も暴走。ハイメの右手をハンマーで叩いてしまいます。

しかし、結果的に息子を庇おうとしたマヌエルの行動は逆効果になってしまい、ハイメはラウルを殺してしまったのです。

話も聞かずに殺してしまうハイメ。息子を溺愛してるんですね。。ちょっと異常。

この映画のテーマは”子を思う父親”みたいですが、人前でレイプされ、興奮して面白がる男に動画を撮影された女の子の気持ちを考えれば、息子を愛する父親の気持ちなどどうでもいいです(-_-)

最悪なのは、ラストでアンドレアに向かって「(レイプは)愛情表現だ」と言い放ったうえに、スマホを持って逃げようとするアンドレアを乱暴に扱い、その後動画を削除してしまったこと。

サイテーな父親が、最後までサイテーな息子のために行動する物語でした。

そんな親だからあんな息子が育ったというか。

サラがアンドレアの味方をしたことだけが救いでした…

まあ、ストーリーは別として、息子を溺愛するばかりに暴走する父親を描いた映画としては、悪くないと思います。

確か、邦画の「さまよう刃」のレイプ犯の母親が似たようなことを言ったんじゃなかったっけ…?

身勝手な考え方をする人もいるもんだ、と改めて考えさせられる映画でした。

思い詰めるハイメを演じたホセ・コロナドの演技、二面性を持つ息子のマルコスを演じた、ポル・モーネの演技は良かったと思います。

スポンサーリンク

キャスト

この映画、他のNetflix映画やドラマシリーズに出演している俳優が多いです。

主役のハイメを演じるホセ・コロナドは、Netflixドラマシリーズの『麻薬王の後継者』で主役のネモを演じています。ホセ・コロナド、かっこいいですよね(*^^*)

息子のマルコス役のポル・モーネンも『麻薬王の後継者』に出演してます。

Netflix配信のスリラー映画『天使が眠りにつくとき』に、アンドレア役のエステル・エスポシトがシルビアを、サラ役のアシア・オルテガがグロリアを演じています。

『天使が眠りにつくとき』は、なかなか面白かったですよ(^-^)

女を車ではねてしまった男が狂気と絶望に囚われる…ラストまでスリリングな展開!ネットフリックス・オリジナルのスリラー映画『天使が眠りにつくとき』あらすじ、登場人物紹介とネタバレあり感想。

監督:ミゲル・アンヘル・ビバス

ミゲル・アンヘル・ビバスは、スリラー映画『インサイド』や『スペイン一家監禁事件』を監督してます。

インサイド(字幕版)
Amazon.com Int'l Sales, Inc.
スペイン一家監禁事件 (字幕版)
Amazon.com Int'l Sales, Inc.

トップへ戻る
error: Content is protected !!